2015年09月18日

お父様が「完成 完結 完了」された、その意味とは?! そして私たちは…?!



10984150_922407431153739_4318512552375817409_n.jpg


私は霊界にいても、
地上にいても働き続けます。




真の御父様が最後に「完成 完結 完了」された
と語られたことについて
かつて可知講師が講義してくださった内容を参考に
記していきたいと思います。


2000年前、イエス様が地上におられる時は、
誰一人最後まで付いていく者がいませんでした。

しかし、イエス様は十字架上で最後に
「すべてが終わった」と言われたのです。
これは、どういう意味でしょうか?
救いの摂理が完成されたという意味なのでしょうか。

私たちは原理を通して、知っています。
霊肉共の摂理が不可能となったため、
霊的救いの摂理を切り開き、イエス様として
果たすべき責任を果たし終えたという意味だったのです。

実際に、イエス様が死後、復活して40日間に
たびたび弟子たちに現れ、指導する中に、
真の信仰に目覚め、悔い改めて50日目に聖霊体験をし、
以降、爆発的な伝道がなされて、
2000年間に世界最大のキリスト教の基盤を築いていきました。
その間に真摯な信仰をもって歩むクリスチャンには、
イエス様が霊的に現れ導いていかれたのです。


それでは、真の御父様が最後に
「完成 完結 完了された」と言われたのは、
すべてが勝利をもって完了されたという意味なのでしょうか。

真のお父様も、基元節までに真の父母様が最終一体を成し、
『八大教本』などを準備し、人類子女たちを勝利させて国を復帰すべきでした。
しかし私たちの責任未完遂によってその願いは果たせませんでした。

それでも天一国を創建するための真の父母様の責任分担は果たされたため、
再臨主の再臨は必要なく、悔い改めた子女たちによって、
真の父母様の勝利圏が拡大され、必ず神の御旨は成就されるのです。

このように真の父母様の責任分担は果たし終えることができたので、
「完成 完結 完了された」と言われたのです。



お父様としての使命は全うされました。
あとは、子女としての責任を果たす立場にあるのです。

また、イエス様が、弟子たち信徒たちに
ずっと働き続け、キリスト教の基盤が成されたことを思うときに、
お父様も、私たちに現れないはずはない
いよいよそんな時であると感じるのです。

2020年までの期間はあまりにも重要です。
そんな心情を持ちつつ、今日も歩んでいきたいと思うのです。




(お父様のみ言)

先生が願うことは、先生を愛する前に神様を愛することです。
…ですから、神様を愛するために、先生が
千里、万里の巡礼の道に出かけたとしても
寂しく思ってはいけないというのです。

皆さんは先生を愛する前に神様を愛さなければならず、
世界人類を愛さなければなりません。



私にも突然死ぬ日が来るのです。
しかし、私は別の世界で考え続け、
働き続けるので、死などはありません。

…私が霊界に帰る時、私は道を開くことができます。
地上で苦労している者たちを助けることができるのです。
そういう立場に立つのです。

また霊界では、神の名によって苦労した者たち、
そういう人たちは、霊界でも中心的な立場にいるのですが、
とりわけ歴史上の苦労した聖人たちと一緒にいて、
彼らをまとめ、ひきあげ、
この世界の苦労の解放を早めるのです。

何のことかわかりますか。
これは天の戦略の一つです。
…私は霊界にいても、地上にいても働き続けます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

お母様がお母様である理由?! 「真の父母」は、永遠にオンリー・ワン!!



11796322_940177312710084_8173161573367098206_n.jpg


神様の創造目的を、
創造理想世界を
私が必ず
成し遂げて差し上げます




真のお母様を批判している人たちは、
「お母様は真のお父様にただ従う存在だ」
そのように解釈しているといいます。

メシヤはひとりであり、
お父様のみ完全であると考え、
「真の父母」という存在の価値を考えていないようです。


しかし、この解釈は、そもそも
「四位基台」を無視しているのです。

四位基台のチャートを見ても、
神様は主体(男性)と授受作用の関係を持つだけでなく、
相対(女性)とも授受する立場にあります。

そう考えると、真のお母様は、真のお父様の対象に立つと同時に、
神様の対象に立つといえるのではないでしょうか。

ですから、真のお父様の指示を受けられると同時に、
神様の直接の指示を受けられる立場が真のお母様なのです。

神様は「二性性相の中和的存在」であります。

イエス様の時代においても
神様はイエス様の相対を準備していたでしょうか。
していなかったのでしょうか。
準備していたのです。

神様を中心とした四位基台を地上において
完成させることを何よりも願いとしていました。
イエス様が十字架につき、
単身で逝かれるということなど考えもしなかったのです。


いったん自分の考えをやめ、
神様のことだけを考えてみましょう。

神様の願いはなんでしたか?
神様の創造の目的は、四位基台です。

それができないがために、ずっと悲しみの神であられたのです。
本当の意味で、自分の息子、娘、子孫がいなかったのです。

永遠の存在である神様は、
私たちと、地上だけでなく霊界において
永遠に住みたいと願っておられます。

そのために、私たちも神様を中心とした
四位基台を成すことが、目的であることを知っていますね。
それが、神の願いでもあるからです。

神様は、イエス様のような独り子を生むことが
願いではありませんでした。

神様を考えましょう。
そして、今だけではなく、私たちは永遠の存在である
ということをもう一度、考えてみましょう。


ようやく神様の願いを果たした真の御父母様、
どれほど神様が喜ばれたことでしょう。
それは、私たち全員が、神様の下に帰るための基準を、
真の父母が立ててくれ、その道筋がたったからです。

それが氏族メシヤであり、私たち自身も、真の父母を目指し
真の家庭を立てていくのです。
神様に似た者になる、それは四位基台を完成するということです。

四位基台は神様の王国である天一国の基台です。
ですから、四位基台における真の父母は
永遠の出発点だというのです。

つまり、初めて神様を中心とした四位基台を成したのが、
真の父母です。
お父様のみ言を何度も紹介しているように、
お母様が真の母として勝利されましたし、
真の父母は後にも先にも一つだけだ
と宣言されています。

真の父母がいなければ
私たちは、私たちの究極的目的である
四位基台を成すこともできません。
神様の願いを果たすことができないのです。

真の父母が永遠の出発点であること、
それにはお母様は外せない存在であることを
忘れてはいけないのだと思います。




(真のお母様のみ言)

私はお父様と約束しました。

『どんなにみ旨が大変でも、
自分の代で終わらせます』
と言いました。

そしてお父様に
『神様の創造目的を、
創造理想世界を成し遂げて差し上げます』
と言いました。

『私が必ず成し遂げて差し上げます』
と言ったのです。
そのために、私は変わらないでしょう。

お父様が逝かれる前、お父様は私に
『本当にすまない。本当にありがとう』
とおっしゃいました。

私は皆さんと一緒に、お父様が残されたみ旨を
成し遂げて差し上げたいのです。
落伍者となる息子、娘がいない事を願います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

全世界が一つの家族に! 父母の夢を果たすのは、私たち!! 《祝勝会のみ言 8.31》



20150831shukushoukai.jpg


神様には夢があるのでしょうか?
ご父母様の夢も、神様の夢と同じ。
全世界全天宙、すべての人が
一つの家族となること。
つまり、それは私たちの夢──

夢は、必ず成します!! 



8月31日お父様の聖和3周年記念祝勝会において
お母様が語られたみ言を一部紹介します。



これまでの準備において捧げられた皆さんの精誠、
多くの苦労に対して感謝いたします。

お父様から覚えられる
孝子、孝女、忠臣となることができる道は、
現在、地上に生きている皆さんが、
祝福家庭が責任を果たすことです。
昨日、お父様にお約束したでしょう?

報告にも出てきたように、
3500人を超える未来の指導者、青年たちの熱気を見て、
特にトップガン修練を受けた200人余りの、
未来に中心的な本流に乗って世界摂理をなし得る
子女たち、指導者候補たちを私が見た時に、
とても希望を感じます。

天の父母様(神様) の夢であり、
天地人真の父母様の夢、
それは人類70億が一つの家族となること、
真の父母に侍る道です。

それが今、祝福を受けた皆さん、責任者、指導者たちが
必ずや成すべきことであり、
皆さんの生涯を終える日までに、
『みな成した』『責任を果たした』と言い得る、
誇り高い子女たちとなるようお願いします!




神様には夢があり、希望があります。
その夢と希望の実現を願いながら歩まれる神様であり、
真の父母様です。

教会長は先日の礼拝で、「創造力を持ちましょう」
そのように語られました。

夢を実現する、という強いイマジネーションを持ち続ければ、
必ずそのようになるのだ、というのです。

何よりも神様ご自身が、そのような思いを持って
この宇宙を創造されました。

頭だけで思っているものは、変わってしまいますが、
心に描いたものは、必ず実体化していきます。

み言を訓読することによって、
神様の夢、創造のビジョンが明確になります。
その夢を、成すのは、私たちです。

一つになれていない現状があるとすれば、
それは、私たちの夢と意識の持ち方が
まだまだ乏しいということなのかも知れません。

真の父母様を正しく証ししていけるように
これからも頑張っていきたいです。



真の父母は一組だけです。
今、この時の一度だけだというのです。
過去にもいなかったのであり、未来にもいません。
真の父母様が肉身をもって実体で存在するのは、
この時だけだというのです。
永遠の中でたった一度です。

ですから、真の父母様が
天の秘密を明確に教えてあげるのです。
これは隠された真理です。
先生がそのような概念を既に完成させておきました。

(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」P29)


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする