2015年09月21日

私たちの教会に「真の父母経」が!! それが究極の宝であり、脅威ともなる理由?! 



10632757_959056454155503_2803796280329477343_n.jpg


『真の父母経』は、
神様の摂理の
最終報告です。


金榮輝・編纂委員長



以前に、天一国経典『真の父母経』出版記念式の
お母様のみ言はすでに紹介させて頂きました。


ニュースレターの最新号に
出版記念式の様子が紹介されています。
3名の方のメッセージが掲載されていますが、
その中で、「祝辞」として語られている
金玟河(ヨナ)・韓国「世界日報」会長のメッセージを紹介します。


韓鶴子総裁は、文鮮明総裁の偉大な遺業と遺志を
継承、発展、昇華し成功させるため、渾身の力をふりしぼり、
統一運動の新たなルネッサンス時代を開こうと献身し、
陣頭指揮、全力投球しておられます。

『真の父母経』は、ご自身の全てを犠牲にし、
人類に向けて真の愛を広げられた総裁ご夫妻の肉声を収めたという点で、
私たち人類に真の愛と真の家庭と平和、
そして正義と真理と良心の素晴らしい手引きとなることを確信しています。

真の父母様は、一心同体であられます。
心も体も信仰も哲学も一つであり、志す道も一つです。

総裁ご夫妻は変わることなく一体となられ、
全生涯を通して栄光と勝利の道に立っても、
苦難といばらの道に立っても、
神様の道に沿い共に一本の道を歩んで来られ、
今現在この瞬間にも一体となり歩んでおられ、
今後展開される永遠なる未来においても、
神様の道に沿い共に一つとなり歩まれることでしょう。

韓総裁は、文総裁の聖和後、込み上げてくる慕わしさと悲しみとわびしさ、
そして有形無形の内外の挑戦を、聡明にまた勇気をもって克服し、
卓越した指導力を発揮しておられます。

「女性の世紀」とされる21 世紀に相応しい真の愛、感性、
想像力、細やかさ、そして決断力を備えられ、
真と善と美と愛の象徴的な指導者であられる
真のお母様、韓鶴子総裁に対し、
私たちは一丸となり絶対孝誠、絶対忠誠、絶対従順する
真の息子娘として、その使命と責任を尽くしてまいります。

それこそが、ご夫妻の大きな教えに対して報いる道であり、
今日『真の父母経』発刊を慶祝する意味にもなることでしょう。



真のお父様のみ言は700冊以上になるといいます。
そのみ言を真の父母経に編集するというのは、
並大抵の作業ではなかったと思います。

私たちの教会でも1冊を伝授していただきましたが、
天聖経、平和経よりも分厚いものとなっています。
毎夜、基台ごとに祈祷会を組んで、真の父母経を訓読しています。

金榮輝先生は、以下のように語られています。


『真の父母経』は
真の父母様の誕生や成長、召命、聖婚、
そして人類救援と平和世界実現に向けた
全般的な摂理の行跡など、
感動的な生涯路程に関するみ言を
一目瞭然にまとめ上げたものです。

この『真の父母経』は、
生涯をかけて神様のみ旨を完成しようと献身して来られた
真の父母様が残された血と汗と涙を記録し、
神様の摂理史の最終勝利の報告書でもあると言えるでしょう。

さらに、復帰摂理の重要な内容がすべて収められている点で、
天一国の永遠な礎となり、
道しるべとなることでしょう。



真のお母様が、お父様の聖和以降なされたことで
最も大きな業績の一つが、天一国経典の編纂(へんさん)であると思います。
「真の父母経」は、三大経典中、最も大切な経典だということです。

金榮輝先生がおっしゃるように、真の父母経が
「神様の摂理の最終報告」だということは、
神様の願い、目的が「真の父母」だということでしょう。

私たちは今まで、真の父母様が勝利してくださったことの
価値を、本当の意味で理解していなかったのではないでしょうか。
言い尽くせないその価値を、凝縮して表現したのが
「真の父母経」ということになると思います。

宝石の中の宝石を得ることができたことは、
私たちにとっても、真の父母様の勝利圏を相続し
氏族メシヤとなるための
大きな力であり、武器となることでしょう。

ですから、真の父母を反対する人たちには、
脅威となるに違いありません。

いずれ、多くの人たちが真の父母様を求める時、
「真の父母経」が、その指導書、教書となるみ言になるでしょう。
今はまだ教会に一つしかありませんが、
そのみ言を先駆けて訓読させていただける恩恵に感謝し、
しっかりと訓読しつつ、また、真の父母様を
これからも証ししていきたいと思います。




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする