2015年10月19日

神様と一緒に生活していますか?! 真の父は、本当の神に出会うまで9年かかった! 



11110763_888403011220848_2346639367194569407_n.jpg


「神様と私たちは父子の関係である。
神様は人類の苦痛をご覧になって、
悲しんでおられる」

という悟りを得た瞬間、
宇宙のあらゆる秘密が解かれました。




最近、教会長が、朝の出発式などで、
語られた内容を参考にして書きたいと思います。


先日、全国の責任者会議があり、
その時、李海玉サモニムがみ言を語られましたが、
一つ、印象に残ったみ言がありました。

モーセはどこで神様と出会ったでしょうか?
王宮では出会いませんでした。
そうではなく、ミデヤンの荒野です。
王宮から出ざるを得ない立場になり、
孤独なミデヤンにおいて、
生きた神様に出会ったのです。

ですから、生活の中で、怖いのは何か。
マンネリ化です。

私たちは、神様と一緒に生活しているかどうかが重要です。
何を見ても何を聞いても、いつも神様と一緒に生活すること。
神様の観点で語り、見つめることが重要なのだと思います。


先日の会議には、韓国の広報部長が来られ、証しされました。

お父様の聖和3周年の時に来たマスコミを集めて、
南米・北米・ヨーロッパの報告をしたそうです。
記者たちは驚きました。
海外では、こんなに影響力あるのか・・・と。
そして、その内容をそのまま月刊誌に書いてくれているそうです。

お母様は、何の問題もないと言われます。
問題は私なのです。
本当に変わろうとしているのか
そう思っているのかが問題なのです。

また、その場で、私たちの伝道の証しをさせていただきました。
でも、皆さん、どうでしょうか。
こんなものではまだまだ足りないですよね。

神様の代身として、歩むという自覚が重要です。
最前線で実践して、生きた神様に出会っていきましょう。



真のお父様は、生きた神様、
本当の神様と出会うまで、9年間かかったといいます。

それまで、真剣に真剣に求め続け、
神様と人間が親子の関係であると悟ったのです。
そして、全ての問題が解決されていきました。

私たちは、お父様と出会った神様を、
それだけ真剣に求めているかと言えば、
まだまだ足りないと思います。

李海玉サモニムが証しされたように、
孤独な中で神様と出会うという環境に、
自分を追い込ないといけないのだと思います。

そういう意味で、最前線で歩むこと、
前線の戦いをもう一度、決意して
取り組んでいかないといけないと感じます。

私たちの教会で最前線で歩むメンバーたちは、
ただ義務感・使命感で歩むのではありません。
最前線に神様が待っておられるので、
それが嬉しくて歩みを止められないのです。
そんなメンバーも、マンネリ化に陥ると
神様と共に歩む感動を忘れることがあります。

涙の神が最前線で待っている、
そう思って、取り組んでいきたいですし、
家庭にも天の父母様を呼んで、共に喜んで生活しつつ、
また、与えられる環境圏を感謝しながら
より本性で生きる日々の歩みをしていきたいと思うのです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


自叙伝のみ言

…日本の圧政は日々激しくなり、
国土は血の涙に濡れていました。…

…数年にわたる祈祷と真理探究の総決算とも言うべく、
それまでどうしても解けなかった疑問に
ついに答えを得たのです。

それは一瞬の出来事でした。
あたかも火の塊が私の体を通り抜けたかのようでした。

「神様と私たちは父子の関係である。
それゆえ、神様は人類の苦痛をご覧になって、
あのように悲しんでいらっしゃるのだ」

という悟りを得た瞬間、
宇宙のあらゆる秘密が解かれました。

人類が神様の命令に背いて、
堕落の道を歩む中で起こったすべての出来事が、
映写機が回るように私の目の前にはっきりと広がりました。

目から熱い涙がとめどなく流れ落ちました。
私はひざまずいてひれ伏したまま、
容易に起き上がることができませんでした。…

イエス様に出会って九年目にして、
ようやく父の真の愛に目覚めたのでした。


自叙伝 p88~89



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

家庭連合になった日本へ 《真のお母様の日本メンバーへのメッセージ 秋夕》



12074778_976063779121437_7496001944615149330_n.jpg


真の父母と
一体化する道をつくるのが
家庭連合です。


Newsletter 最新号にお母様のみ言が掲載されています。

先日、紹介しましたが、「秋夕節記念午餐会」の後、
真のお母様が日本からの参加者に語られた内容を翻訳し、
要点を抜粋したものです。


日本も家庭連合になりました。
私たちにはやることが多いのです。

(9 月23 日に)訪米中のローマ法王が、
オバマ米大統領と会談しました。
二人の会談のトピックは、環境問題と家庭問題でした。

「第1回鮮鶴平和賞」は、政治的な取り組みをした人ではなく、
環境問題において平和に貢献した2人に授与されました。
一方、私たちは家庭連合を立てて家庭を中心とした
平和構築を訴えています。

私たちが先駆けて進めてきたことを後追いする形で、
宗教界と政治界のトップ二人が語り合うのは、
非常に啓示的です。
そのように地に必要とされていることを天が先駆けて
私たちに示し、私たちはそれを扱っているのです。

一方、地に必要とされていることを
私たちが解決していかなければならないという
アベルとしての責任があります。
天が導いているという確信と、
地に責任を持っているという
召命感・責任感の両面が大切です。



アメリカを見ると、家庭破綻や青少年の淪落、
麻薬問題などに加えて、同性婚問題が深刻です。
全米50州で同性婚が合法化されました。
同性婚からは次世代が生まれてこないので、
未来がありません。
それが象徴するように、アメリカの未来が危ぶまれています。

かたや日本はどうでしょうか。
日本は今、力をつけて台頭してきている中国と
緊張関係にあります。
東アジアにおいて自らの立ち位置をつくれずにいるのです。
日本が東アジアの中で共生していく道をつくるためには、
過去の過ちは過ちとして認める姿勢も必要です。
周囲の国々から受け入れられる国になることが、
日本の生きる道なのです。

日本にとってさらに本質的に生きる道は、
真の父母と一体化することです。
国家・国民が真の父母と一体化する道をつくるのが家庭連合です。
家庭連合を通じて、
国家・国民と真の父母とを連結しなければなりません。



み旨の道は終始一貫です。
初めの動機が途中で変わってはいけません。
神様の創造、神様の歴史、真の父母の蕩減路程は、
すべて終始一貫しています。

祝福家庭もその歩みにおいて動機を曲げてはいけません。
そのような意味において、
今後、祝福家庭の族譜(家系図)をつくりたいと思っています。

そこには霊の血統圏だけではなく、
実の血統、四位基台、一世、二世、三世のそれぞれが、
真の父母と真の家庭と同時代を生き、
み旨を中心として働いた記録を残さなければなりません。

み旨のために精誠を尽くした素晴らしい功績を残すとともに、
間違ったことをしたのであれば、それも記録として残します。
そのように、代を重ねて天に侍った
名門家庭、忠臣家庭を歴史に記録していくのです。

皆さんが天に積んだ宝について、
地においても記録を残すのです。
祝福家庭の隠れた業績を記録として残していくことによって、
世の中と後孫が皆さんを顕彰し尊敬することができるのです。

例えば、旧共産圏で地下宣教をしてきた
「バタフライ作戦」の従事者たちの記録も、
これから聞き取りをして残していこうと思っています。
命懸けの信仰路程をしっかりと歴史に残し、
時を見てそれを世の中が知ることのできる道を開きます。
模範的な祝福家庭の歩みを本にして、
多くの人が真の父母の弟子の歩みを
知ることができる道をつくりたいのです。



真の家庭の四位基台は、既に孝進と興進の
カイン・アベルの勝利をもって成されています。
カイン・アベルの勝利の伝統は、
孝進と興進を通して成されたのです。
これに従って同じように
勝利するかどうかは、個々の責任分担です。

私たちは、神の摂理に同参する幸福の道を歩んでいます。
落伍者があることが可哀想で仕方がありません。

(先ほど)真の父母と一体化することが生き残る道と言いましたが、
もう一つ、皆さん同士が一つになることも
生き残る道であることを知らなければなりません。




お母様はいろんなことに頭を巡らしているな、と感じます。
祝福家庭の族譜を作るといいます。
確かに真の父母様を出発点として、
誰から復帰されたのか、
そのことを知りたいと思っていましたし、
記録に残すのはとても重要なことだと感じます。

そして、真の父母様と一つになること。
私たち同士が一つになること。
これは本当に重要なことです。

一つにならないといけないので、
一つにさせまいとする勢力があると思います。

真の父母様の勝利圏は拡大し、
霊界は明らかに善なる協助が増しているのですから、
一つになれば、導かれるときであると思います。

家庭連合時代に入って
ホームページもリニューアルされました。
とてもカッコいいですね!
 http://ffwpu.jp/

一つになり、喜びを持って歩んでいきます!



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

夢は必ず実現する! 2世の「感動プレゼン」を紹介!! 《家庭連合出帆大会》



12065760_10153705316249182_4817048840140061897_n.jpg


真の父母様の抱かれた夢が、
私の両親を通して、
私の夢になりました!




世界平和統一家庭連合の出帆式を振り返ると、
やはり、二世・青年が中心となる、
未来に希望を感じるような素晴らしい大会でした。

善進世界会長のメッセージは言うまでもなく、
千葉鮮鶴や首都圏の中高生の合唱、ミュージカル、
司会から億万歳まで、
2世や青年のパワーが気持ちよく発揮された大会でした。

その中でも感動された方が多かったのが、
佐野忠國成和青年部長のプレゼンテーションだったと思います。

うちの教会の婦人たちも
特によかったと、口々に言っていました。
「もしかして、あの佐野講師の
息子さんですか?!」と。

一部、紹介させていただきます。


今日、世界平和統一家庭連合がここに産声をあげました。
新しい希望の出帆です。

皆さん、私は二世です。
私には夢があります。 

「子どもたちの笑顔で溢れた人類一家族世界」 

そこには飢えもなく恐怖もなく、ただ未来への希望があるのみです。

もちろん現実は、その夢と大きくかけ離れていることを知っています。
絶えることのない戦争の悲劇、環境破壊…
地球の悲鳴がいたるところから聞こえてきます。

例えばこの時間 5秒
これは何を意味しているかおわかりでしょうか?
世界では5秒間に1人の子どもが、飢餓で命を落としています。
私がこうやって話をしている最中にも
たくさんの子どもたちの笑顔と命が失われています。

そして最も深刻な問題は幸せな家庭の形が崩れかけていることです。
突きつけられる現実…それをみれば未来への希望があるとはとても言えません。
それでも私の中からその夢が消えることはないのです。


実はこの夢は私から始まった夢ではありません。
私は祝福家庭の二世として生まれました。
父と母は若い頃に神様と真の父母様に出会いました。 
そして祝福を授かり家庭を築いて、私が生まれました。

物心ついた頃、私はあることに気が付きました。 
父と母は、何かとてつもなく大きな夢にむかって一生懸命生きていたのです。
その夢こそまさに「神様のもとの人類一家族世界」をつくるという夢でした。

その生き方を尊敬する一方で、私の中にはもう一つの思いがありました。
どうして自分をそこまで犠牲にして、他人のために生きようとするのか…
国のため、世界のため、と言いながらどうしてそこまで苦労の道を行くのか…
幼い私にはわかりませんでした。
そして悩みました。
私にもそんな生き方ができるのだろうか…

両親に直接尋ねてみたこともあります。
父も母も私の話をよく聞いてくれて、気持ちを理解してくれました。
しかし最後にかえってきたのは…
「自分でその答えを掴みなさい」という言葉でした。

悩みながら求めた末に、やがて私は神様の愛に出会いました。
そこには親なる神様の涙がありました。 
ただ兄弟姉妹が愛し合うことを願う神様でした。
それが真の父母様と両親の出会った神様だったのです。

真の父母様が人類のメシヤ、真の父母として大変な道を超えられてきた背後には
神様を慰め、子女を救いたいという動機があり、深い愛があったことを知りました。
真の父母様の路程は他ならぬ、私たち子女のためだったと分かったのです。

それが私の人生にとって大きな転機となりました。
そんな神様と真の父母様を喜ばせたい…
「孝」の心情が芽生えました。

そのために私も父母の似姿となって真の愛に生きたい
幸せな家庭を築き、その先にある希望の国と世界を成したいと思うようになりました。
真の父母様の抱かれた夢が、私の両親を通して、私の夢になりました。

今私が二世としてここに立っているのは、
神様と真の父母様、そして諸先輩の皆さまの愛と精誠があったからです。 
本当にありがとうございます。
真の父母様から繋がる伝統は、
二世である私にとって最高の誇りです。

だからこそ私はその夢を実現させたいと心から思います。
夢が形になるまで、私の夢が消えることはありません。
私達二世が立ち上がり、その夢を実現させていきます!


幸せな家庭、躍動する日本、希望の世界へ
希望の鍵は「家庭」にあります。

私には今2人の子供がいます。
誕生の瞬間、私はその笑顔が決して奪われることのない
未来を願い、責任をもつことを誓いました。

「子どもたちの笑顔で溢れた人類一家族世界」

本気で実現しようと思えば、多くの壁を乗り越えなくてはいけません。
そのために私たちは平和へのチャレンジャーになっていかなければなりません。

二世の皆さん、いかがでしょうか?
心は夢に燃えていますか?

神様と真の父母様の愛を確信したときに、私たちの心に革命がおきます。 
それが良心革命です。
その良心の基地がまさしく「家庭」です。
夢が一代で終わらず、二代、三代、百代…と未来に繋がり、
それを形にしていく基地が「家庭」です。

皆さん、今こそ、家庭が主役となって
希望の未来へむかって立ち上がっていく時ではないでしょうか?

神様と真の父母様の夢は、
家庭を通して未来に繋がれ、必ず実現されていきます。
皆さん、共に
幸せな家庭、躍動する日本、希望の世界を作ってまいりましょう!



本当に感動的なメッセージでした。。。
(一部紹介、と思ったのですが、一部は省略しつつも
ダイジェストでほとんどを紹介させて頂きました)

この文章を考え、暗証して、1万人の大衆の中で、
メッセージをするということは、大変なことです。
相当、準備したのだと思います。

祝福二世として生まれ、佐野青年部長自身も多くの苦労があったと思います。
しかし、その苦労が、ご両親の苦労に結びつき、
さらには、神様・父母様の苦難の路程とその背後の深い愛に結びつきました。

お母様ご自身も二世・青年たちに多くの期待と願いを託しています。
その心情に応えるべく、お母様の企画される
修練会・宣教師活動に多くの二世・青年が参加しています。

夢は必ず実現する!
だからこそ、私たち一世も土台作りのためにも、
最前線に立って立ち上がっていくときだと思うのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 11:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする