2015年10月05日

秋夕節、満月の母の祈りは、思いを一つに2〇2〇勝利!! 《秋夕節記念午餐会のみ言》



20150815chusok.jpg


皆さんがどんな願いごとをしたか
分かりませんが、まず、
2020年までに
責任を果たすべきでしょう。
できますか?




中秋の名月の翌日はスーパームーンでした。

その晩、お母様は責任者たちを
清心神学大学院の前に集めて、
ともに月が昇るのを待たれ、眺められました。
それだけでなく、
「祈りましょう」と言われ
その場で祈祷会を持たれたそうです。

週刊ブリーフィングに
秋夕節の一連の行事の様子が紹介されていました。
その中より、記念午餐会の部分を抜粋します。


天暦8月16日(陽暦9月29日)に、秋夕節記念午餐会が開かれました。

真のお母様をお迎えする中、真の家庭、機関の役職員等、約400人が参加し、
韓国の大名節である秋夕に、心情を分かち合う意義深い時間が持たれました。
真のお母様はみ言を通して、
満月を眺めながら、皆が同じ心情で精誠を込め、
天の父母様の願いを叶えて差し上げる子女となるよう呼びかけられました。



真のお母様のみ言

私は、皆さんがどんな願いごとをしたか
分かりませんが、まず、一次的に
2020年までに父母様の前に
「私たちが成し遂げます」と、
可能性を見せてくれるような責任を果たすべきでしょう?
できますか?

ですから全世界の七十億人類が
天の父母様に侍り、今日のような
感謝と祝賀と愛を分かちあう幸福な日に向けて、
皆さんの苦労と精誠により、
秋夕の満月(を何度も見ることがないように)、
できる限り多くの歳月を経ずに、
私たちが個人から全体食口、
全ての家庭まで責任を果たすことによって、
一つの心、一つのみ旨、一つの精誠で
天の父母様に侍り、
真の父母様と宴を共にすることのできる
一つの世界、地上天国を
この地上の民に見せてあげましょう。





20150816utakon.jpg



午餐会の後、「秋夕節記念・歌コンテスト」が開かれました。
世界本部をはじめ、韓国公職者、女性連合、日本などから11チームが参加し、
韓国の名節である秋夕に、楽しく恩恵深い和動の時間が持たれました。

続く第2部では、世界、平和、統一、家庭チームに分かれ、
ユンノリ大会が行われました。
すべての参加者が優勝に向けて、熱く応援し、和合しながら、
ビジョン2020勝利に向けた決意を固める時間となりました。



伝え聞いた話ですが、9月28日(天暦8月16日)の晩
韓国の責任者を呼ばれたお母様は
月の下で皆が祈った後、
「何を祈ったのか?」と聞かれたといいます。

午餐会のお母様のみ言にあるように、
まず、何よりもビジョン2020を
「私たちが成し遂げます」という
祈りを願われたのではないでしょうか。

お母様は、2020年までに、果たすことを
神様とお父様の前に懇切に祈り、
それを果たすことができるように実践しておられます。

なぜなら、それが神様の願いであり、
お父様の願いなのです。
お父様が神様の前に果たせなかったことを
お母様に託していかれたので、
お母様は切実にその願いを果たすために歩んでおられるのです。

その心情は尋常なものではないと思います。

そんなお母様に希望を与えることができるよう、
これからも最善を尽くしていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする