2015年10月08日

(証し) 十年越しの伝道が実る!! UC嫌いの仏教徒から、氏族メシヤへの華麗な転向?!



20150904.jpg


こんなすごい内容を
なぜもっと早く
知らせてくれなかったのか!



今日は、ほかの教会ですが、
「他宗教を信仰する在日韓国人を伝道した証し」を紹介します。


在日韓国人のKさんの証しをしたいと思います。
この方は、10年かけて伝道されました。

仏教の信仰を持っており、長い期間にわたって、
悩み相談、健康相談をするために自宅を開放していました。
そして悩みを解決してあげるために祈りの精誠を捧げられて、
多くの方々の問題を解決に導いて来られて感謝されていました。
一昨年に正式に僧侶になってからは更に熱心に奉仕していかれました。

霊の親の婦人は、この人こそ神様が準備した人だと確信して、
伝道しようとしましたが、仏教に対する篤い信仰に加えて、
統一教会に対しては多くの誤解と偏見を持っていたので、
導くのが簡単ではありませんでした。
それでもあきらめずに10年の期間、訪問してケアをし続けました。
その結果、あまりの熱心さに根負けして、とにかく一度、
統一原理を聞いてみるということになったのです。

そして原理を聞き始めると、み言の深い内容に感動され
「こんなすごい内容をなぜもっと早く知らせてくれなかったのか」
と何度も繰り返し言いながらみ言を真剣に求めていかれました。
また、原理の内容に感動して自分のお姉さんも連れてこられ、
一緒にみ言を学んでいきました。

再臨論を聞き、真の父母様を受け入れたKさんとお姉さんは、
自分たちの祖国にメシヤが生まれたことに本当に感動していました。
自分の信仰は、メシヤを迎えるための信仰であったことを自覚したKさんは
「これからは、自分たちが真の父母様を伝えなくてはならない」と考えて、
自分の家に来ている人たちを伝道したいと思うようになったのです。

そして、統一教会の友好団体を通して平和大使となったKさんは、
先日祝福を受けることができました。
Kさんとお姉さんは週1回、教会で信仰生活を学びながら
実践教育を受けており、
自ら氏族メシヤ430家庭伝道に向けて取り組んでおります。

現在、自宅を集会場として、宗教の枠を越えた「超宗教」という立場から
定期的に集会をしていきながら、
多くの人に真の父母様のみ言を学んでいけるように工夫しています。

またKさんの家に来ている方は、様々な宗教を持っている人も多く、
また多くの悩みを抱えており真剣に救いを求めている方も多いので、
代表区域長のAさんをはじめ、教会スタッフも協力しながら、
定期的に集会、講義、み言DVD鑑賞などの教育が具体的に進行しています。

真の父母様の勝利圏と、基元節の恩恵によって、
伝道の道が今までとは違った次元で展開されて来ているのを感じます。
天の期待に応えるべく、伝道の勝利をお捧げする決意でいます。
ありがとうございました。



本当に素晴らしい証しです。
10年という長い期間、継続して伝道する決意で
ケアーをし続けた婦人の精誠に頭が下がります。

また、この在日韓国人の僧侶の方も
家庭連合(統一教会)に対しての悪いイメージを持っていましたが、
実際に聞いてみると印象が違い、
「こんなすごい内容をなぜもっと早く知らせてくれなかったのか」
そのように言われています。

やはり、正しく堂々と神様・父母様を証しすること
これが何よりも重要だと思います。
今は、家庭連合になった運勢圏があります。
そのことをはっきりと自覚して
歩んでいく私たちになっていかないといけないと感じるのです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)