2015年10月09日

お父様が「全て成した!」と祈られた理由! 《金榮輝先生のみ言・USAバージョン》1



tokyo20150325.jpg


お父様の最後の祈祷は
今地上に生きている全ての
祝福家庭と食口のために
残されたメッセージです。




今年3月、日本の本部に来られた時の
金榮輝先生のみ言を何度か紹介したことがあります。

真のお父様は勝利して霊界に行かれたこと。
また真の父母として勝利されたこと。
そのことをハッキリと知らなければならないと
私たちに語ってくださいました。

金榮輝先生は、韓国・アメリカ・日本を巡回されました。
その中で、アメリカ巡回講演で語られたみ言が
PeaceTVに掲載されていますので、
何回かに分けて紹介したいと思います。
今日は冒頭の部分のみです。


天聖経の文字をそのまま解釈すれば
「天の聖なる経典」という意味です。
全てのみ言がお父様のみ言です。

全てのみ言が重要ですが
その中でも一番重要だと考える部分は
お父様が最後にされた祈祷です。
この祈祷がとても重要であるために天聖経の
最後のページの最後の部分に入れました。

お父様が最後にされたみ言は「全て成した」です。
このみ言を2回繰り返され、「アージュ」で終えられました。
多くの食口たちはこの祈祷が天の父母様に捧げられた
祈祷だと考えます。

皆さんもそのように考えるでしょう?
そうでしょう?

ですが私の考えは少し違います。
もちろんこの祈祷は天の父母様に
捧げた報告祈祷ではありますが
このみ言は今地上に生きている全ての
祝福家庭と食口のために残されたメッセージです。

なぜそのように考えるのでしょうか?
お父様は霊界に行かれた後に、
お父様が何をされたのかはっきりと分からない食口たちには
多くの動揺があるであろうことをすでに予見されたのだと思います。

なぜならば私たちの間には良い噂より悪い噂が
より多く入ってくる場合があることを知っておられたからです。
ここでお父様が「全て成した」とおっしゃられた
「全て」とは何を意味したのでしょうか?
それは天の父母様がお父様に地上で
全て成すことを願われた全てを意味するのです。
そしてお父様がそれを全て成したために
そのように祈祷されたのです。

ですから私は今からお父様がいかに
「全て成した」というみ言を
されるようになった経緯を
説明しようと思います。

お父様が成された全てをよく理解さえすれば
真の父母様に対する強い信仰を持って
止まらずに前進することができ、また成功することができるでしょう。
しかしそうでなければ信仰の道を歩み続けることが難しくなるでしょう。


お父様がいかに勝利した真の父母なのか、
そのことを明日以降に紹介します。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする