2015年10月15日

心情文化世界に向かって! 家庭連合出帆は、2世・青年の時代の船出!! 《秋夕節午餐会のみ言》



12074741_10153705312729182_720310553805193747_n.jpg


70億人類が
天の父母様に侍り、
感謝と祝賀と愛を
分かつことができる
幸福なその日を迎えましょう!!




おととい、地区長のみ言を紹介しましたが、
その続きを少しだけ掲載します。


翌日、歌の大会がありました。
今、大変な時に、何でこういう大会をするのか・・・
そんなことを思ったりもしますね。

お父様は「心情文化世界」と語られています。
教会の草創期においても、厳しい時代がありました。
しかし、お父様はそういう時ほど、
「歌おう」と言われながら、
聖歌を何度も何度も歌われました。

そんな思いをお母様も持っておられるのだと思います。
歌と踊りを見つめながら、
そのようなことを感じさせていただきました。。。



その時のお母様のみ言です。

満月を見ながら思います。
私たちの生涯、この地上生活における責任について。

あの日々大きくなっていく満月が、
ぶれることなくより大きな満月となるように、
私と私の家庭と教会と国も
摂理の完成のために責任を果たし、
地上に真の父母様がいらっしゃる間に、
その日を迎えるように。

それまで、どれほどの年月を要するのだろうか。
どのようにして再び
あの満月を見ることになるのだろうか。

皆さんは、どう考えますか。
まずは、2020をおいて父母様の前に
私たちはそれをなすことができます。
可能性を見せてあげる責任を
果たさないといけないでしょう?
できますか?

だから全世界70億人類が天の父母様に侍り、
今日のように感謝と祝賀と愛を
分かつことができる幸福なその日を迎えましょう。

皆さんの苦労と精誠により、
満月となる時間をできるだけ
少なくすることができます。

私たちが個人から全体まで、
食口と家庭が責任を果たしながら、
一つの心、一つのみ旨、一つの精誠で
天の父母様に侍り、真の父母様とともに
宴を開くことができる一つの世界、地上天国を
この地上の民たちに見せてあげましょう。


(秋夕の午餐会にて、善進様が代読されたみ言より抜粋)



月曜日の出帆式は、心情文化世界にふさわしく
歌と踊りの大会でもありました。
プレゼンテーション、メッセージも
ビジュアルと音響の演出で訴えるものがありました。

これからは、二世の時代、青年の時代、
本当にこれからの希望を感じさせていただきました。

お母様も出帆式を天正宮で見つめながら、
とても喜ばれていたに違いありません。

また、二世・青年に希望を託しながらも
「今までの重荷は私が背負う」
そんな思いを持って歩まれているように感じます。

私たち一世も新しい時代に入ったからといって
後退するのではなく、
二世・青年たちが後姿を見て、ついてきてくれるように、
「中断なき前進」の精神で、歩んでいきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする