2015年10月22日

どうしてサタンは屈服したのか?! 清平を開いたのは真の父母!   《金榮輝先生のみ言・USAバージョン》4



10446301_780328585321384_8302709763962231910_o[1].jpg


お父様のせいで降伏しました。
サタンはこれ以上いません




お父様が「全て成した」と祈られた理由
と題し語られた、金榮輝先生のメッセージ
続編です。

今日は核心部分、清平について、サタン屈服についても
語られています。


1993年1月1日になり
成約時代出帆を宣布されました
1981年から12年もの期間があります

皆様は荒野時代の事を聞いたはずです
それを聞いた事はありますか?
荒野時代が来たのです
これは何を意味するのでしょうか?

モーセ路程でイスラエル民族が不信に陥った時
荒野をぐるぐる回った荒野時代がありました
私たちにも荒野時代がありました

何故そうしたと思いますか?
お父様曰く何かが上手くいかなかったからだと
だからお父様は新しい路程を
始めなければなりませんでした


そこでお父様は1999年末まで
多くの事を行われました
今からお父様が何をなされたのか
お見せ致します

お父様は多くの人を祝福されました
彼ら全てが地上で生きる人たちです
お父様はこれまで霊界にいる人たちを
祝福しませんでした

1997年は世界的に全食口が4千万双の
祝福の為一生懸命走り回った時です
この祝福は1997年11月29日に挙行されました

私はその時ニューヨークに行きました
お父様がされる事に見入りました
お父様のみ言では霊界にいる方々の為
初の祝福式を挙行したと言われました
これが1997年です

当時誰が祝福を受けたのか知っていますか?
五大聖人と三大悪人を祝福されました

この方達が誰だかわかりますか?
五大聖人とは誰ですか?
イエス様 お釈迦様 孔子 マホメッド
ソクラテス 全5名です

また悪人とは誰ですか?
スターリン ヒットラー 東条英機です

このみ言を聞いた時全ての人々は
とても驚きました
お父様は何故そのような悪人達を
聖人達と共に祝福されたのでしょうか?
最も悪い悪人達は地獄でもっと苦労しないと
いけないのではないのでしょうか?

何故そうされたのでしょうか?
これがお父様の戦略から出た事です
私はこの戦略を霊界の為の
ショックテラピー(衝撃療法)と呼びます

今霊界には悪霊がたくさんいます
この悪霊たちは祝福は受けられないと
思ってきたはずです
しかし3人の悪人が祝福を受けるのを見て
彼らも新しい希望を持つようになりました

「我々はだめだということはないだろう
私は彼らよりも全然良いほうなのに
だから自分が祝福を受けれないはずはない
私の番ももうすぐであろう」
こうして新しい希望を持つようになり
霊界が揺るぎだしました


2日後お父様が霊界祝福開門宣布をされました
翌年1998年5月15日
お父様は地獄解放と天国開門を宣布されました
お父様は地獄の門を開き神様の国を開かれたのです

全世界の食口が3億6千万双祝福を薦めていたとき
お父様は霊肉界統一祝福式を宣布されました

そうして地上にいる配偶者と
霊界に先に行った配偶者の霊人が
夫婦祝福を受けれるようなりました
祝福はそうして成されていきました
この祝福式は1998年6月13日から
挙行されました


また1999年2月12日天宙清平修錬苑で
先祖解怨式が始まりました
お父様がこの様な宣布をされた目的は
先祖の解怨をするためであったのです

お父様が地上に来られる前までは
霊界に教育機関がありませんでした
サタンは教育機関の存在を
許したでしょうか?
サタンはこのような機関が建てられるのを
許すはずがありません

サタンの権力があまりにも強かったのです
神様側には神様とイエス様の二人だけでした
後は全てサタン側でした
このような状況の中神様が霊界に
このような教育機関を
建てることができるでしょうか
できなかったのです
しかしお父様を通してこの様な機関を
建てることができたのでした

1984年興進様が聖和された時
お父様の祈祷は何だったですか?
「自分の代わりに興進を送ります」
こう祈祷されました

お父様とお母様は全権限を持っておられます
神様がアダムを創造された時
アダムが命名する度
その創造物の名前になったと言われました
同じです
真の父母様は全てを変える権限を
持っているということです

1989年に大母様すなわちお母様のお母様が
霊界に行かれた時お父様は
「お母様の代わりに霊界に行かれるのです」
と祈祷をされました

事実霊界で大きな変化をもたらす為には
お父様がそこにおられなければなりません
しかし地上での事をしなければならないので
お父様が真の父母様の代わりに興進様と
大母様をこうして霊界に送り
精誠を尽くし一生懸命祈祷し
霊界に教育機関を建てられる
基台を備えられました

こうして先祖解怨式が始まったとき私達は
霊界で教育機関が建てられたことを
知るようになったのです


今は復活摂理に大きな変化が起きてきました
皆様は復活論を学んだはずです
何を学びましたか?
霊界にいる全霊人たちは地上に再臨し
地上人の肉体を頼り復活するという事です

その当時お父様の教えでありました
この方法を通して霊人の救援を
素早くできるという事です
霊人が肉体を通して講堂まで下りてくる時
自由に来て講義を共に聴くようになります
こうして救援を得るようになったのです

しかし救援を受けるには
どれ程かかるでしょうか?
非常に時間がかかるという事です
お父様が霊界に教育機関を建てる事で
この過程が軽くなりました

清平修錬苑によって霊界には今
約4千800億の善霊が私達側にいるといいます
彼らが神様側に立っているのです

しかし半分ほどになるまでまだまだです
食口が清平へ頻繁に足を運び先祖解怨と
祝福式を絶えずしていけば
何が起こるでしょうか?
その救援時間が短縮されるのです

そうですか?違いますか?
そうすると私達は清平に行かねばなりませんか?
行ってはなりませんか?

解怨を受けたくて皆様の先祖が
皆様が清平に来るのを待っています
地獄で長い年月を居たくはないのです
既に長い間そこにいました


皆様が思うにサタンは賢いですか?
間抜けですか? とても賢いのです
神様側に多くの霊人たちが行くのを見て
これ以上前進できないと判断しました

それで何が起きましたか?
1999年3月21日サタンが降伏しました
サタンが降伏したのです

お父様は地上に住む人たちのため
道を大きく広げられました
地上に生きる人たちの救援の道を広く広げられました
また霊界にいる霊人たちの救援の為
大きい道を作りました

すると最も重要な事は何ですか?
天の父母様はアダムとエバを失いました
だから堕落していないアダムとエバを
復帰しなければなりませんでした

それがお父様とお母様です
お父様が復帰する事ができました

人間始祖の堕落によってサタンが生まれました
サタンが存在するようになりました
すると誰のせいで降伏するようになりましたか?
お父様のせいで降伏しました
サタンはこれ以上いません

わかりますか?
非常に素晴らしい事を成されました
お父様が肉体を持つ人々を救援する
道を開けたのです
それと同様霊人たちを救援する道を開けました

お父様はそれ以上何ができますか?
全ての事を成されたのです
お父様が全ての事を成されたのです
お父様が最も重要な事を全てされました



清平の摂理は、真の父母様の権限によってなされたものです。
もちろん、大母様の霊界での精誠、
そして、地上での訓母様の精誠による功績は
どれほど大きいことか計り知れません。

しかし、霊界を解放し、
先祖祝福式を行うように開いてくださったこと、
また、何よりも清平の役事の出発自体が
真の父母様から始まったこと。
そのことをハッキリと知らないといけないのだと思います。

今、聖和3周年を終えて、大母様、興進様、訓母様の
これまでの使命は終わり、
真の父母様が直接、清平摂理をしてくださるように
なったということです。
なんと言っても、お父様が霊界におられるのですから。

ヨナ様や、徳野会長のお話にもあったように、
秋の大役事には、ご父母様が自らみ言も語り、
素晴らしい恩恵を与えて下さろうと準備しているので、
多くの食口が来るように、と言われています。
興味がありますね。

清平に、ご父母様が待っておられるのです。

不定期に続きます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

 お父様が「全て成した!」と祈られた理由! 《金榮輝先生のみ言・USAバージョン》1
 お父様の三大試練?! 原理を語らず、僕の僕から! 《金榮輝先生のみ言・USAバージョン》2
 歴史上、最も重要な行事とは?! 祝福家庭が失敗したらどこに行く?! 《金榮輝先生のみ言・USAバージョン》3



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする