2015年11月27日

真のお父様の、拷問に耐えた心情を相続するためには?! 〈沈明玉サモニム 山苺2〉



11021181_432595873557483_7945943952545579200_n.jpg


わたしたちが、真のお父様の前に
み旨のために涙を流さなければ、
お父様の涙を
拭ってさしあげることはできません。



昨日は、沈明玉(シム ミョンオク)サモニムの
冬の山に山苺を採りに行く孝行息子の昔話を交えての
証しでしたが、今日は、その続編です。


真のお父様は、拷問を受けられながらも、神様をお慰めしたい
という心があまりにも大きかったので、
拷問されても痛いと思われず、拷問の痛みも忘れられたそうです。

そのような真の父母様の心情を相続するためには、
どれほど深刻に生きなければならないでしょうか?

本来、真のお父様の心情を体恤しようとすれば、
獄中生活も体験し、拷問も受けなければなりません。
真のお父様が歩まれた苦難の道を、
わたしたちも通過しなければならないのです。

真のお父様の路程は、筆舌に尽くし難い苦難の連続でした。
わたしたちは、そのような真のお父様の路程を歩むことはできません。
では、どのようにして真のお父様の心情を相続して、
真の子女になれるでしょうか?

それが、目標であり、摂理なのです。
わたしたちが、真のお父様と同じような苦難でないとしても、
わたしたちの歩みを通して、真のお父様の心情を体恤することによって、
真の子女となれるのです。

わたしたちに下さる目標とは、何でしょうか? 

母を生かすために山苺を採らなければならないことです。
山苺を採るために、死の峠を越え、険しい雪山をさまよい、
苦痛の道を歩み、真の父母様の苦難の心情の中に入っていかなければならないのです。

わたしたちが、真のお父様の前にみ旨のために涙を流さなければ、
お父様の涙を拭ってさしあげることはできません。
苦労していない人は、苦労した人の話を聞いても、心情的に感じられないのです。

わたしが難しくて涙を流すとき、真のお父様は、
それ以上に難しくて涙を流されることを知らなければなりません。
わたしが、真のお父様の涙と一緒に混ざって涙を流すことによって、
心情が相続されるのです。
このような心情の通ずる子女をつくることが、真の父母様の願いです。

わたしたち食口は皆、真の父母様の子女です。
それゆえに、「わたし」と「わたしの家庭」の中にも、
「神様の事情」と「わたしの事情」と
「わたしの家庭の事情」が共存するようになります。

ですから、神様は、「わたし」を中心として摂理されるとき、
その中で、「わたしの事情」と「神様の事情」を
共に解決してくださるようになるのです。



私が苦労することを通して、
神様・父母様の事情に通じることができることが
何よりも感謝なことではないかと思います。

また、具体的なことを言えば、
真のお父様は、7年路程を通して、
神様・父母様の事情に通じる道を教えてくださいました。

今は、最前線の道、すなわち神氏族メシヤの道だと思います。
御父母様が、神氏族メシヤは宿命の道であると語られますが、
これは、真の父母様に通じる最短距離の道であると感じます。
その願いを本心に突きつけられています。。。

明日に続きます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

冬に山苺を採りに行く孝行息子は、日本食口の姿! たくさん泣いてあげなさい!! 〈沈明玉サモニム 山苺1〉



79moon_web_2299_s878x1176.jpg


日本の食口たちを見れば、
たくさん泣いてあげなさい。
その涙が、
お母様の愛であると
伝えてあげなさい。


真のお母様



お母様のお近くで、親しく侍られ、
以前、日本の総会長夫人としても、ご活躍された
故・沈明玉(シム ミョンオク)サモニムの証しに目がとまりましたので紹介します。
2007年7月の証しです。



今から、二、三年前のことです。
日本の東北地方に巡回するようにと、突然言われたことがありました。

わたしは、それまでは外にも行ったことのないような生活をしていました。
真の父母様の家庭で、何か必要なものがあれば、わたしが買いに行くのではなく、
だれかにお願いして買ってきてもらいます。

わたしがトイレに行こうとしても、
真のお母様がわたしを呼ばれるかもしれないと思うので、
トイレに入るにも、ゆっくりすることができませんでした。

真のお母様が、今年日本を巡回されたとき、
わたしが直接聞いたのではありませんが、お母様は

「明玉を日本に送ったので、
わたしは手足をもがれたようだ。
でも、日本のために
わたしが日本に送ったのです」


とお話しされたそうです。

洪順愛大母様に侍っていた時も同じです。
大母様がお年を召されていたので、
夜、トイレに行かれて倒れられるかもしれません。
そのことが心配で、ネクタイを二本、縛ってひものように長くして、
一方を大母様の足に縛り、もう一方をわたしの足に縛って休みました。
そうすれば、大母様が起きられたとき自分も目を覚ますことができるからです。



侍る生活で、すべてのことに細かく気を配って生活をしてきたので、
数年前のその東北巡回のときは、
わたしに何ができるかとても心配でした。

そのとき、真のお母様が米国にいらっしゃったので、
わたしはお母様にお電話をしました。
「お母様、どうしてわたしが日本に行くようになったのでしょうか? 
わたしが日本に行って何をすればいいのでしょうか?」
とお尋ねしました。

すると、真のお母様は

「日本の食口たちに、
話してあげることがありますか? 
日本の食口たちを見れば、
たくさん泣いてあげなさい。
その涙が、お母様の愛であると伝えてあげなさい」

と語られたのです。

ですから、東北巡回では、本当にたくさん泣きました。
わたし自身が、本当に疲れてしまうほど泣きました。
そのように、真のお母様が涙で祝福してくださった巡回でした。



また、霊界にいらっしゃる大母様に祈祷をしました。
「わたしが日本に行かなければならないのですが、
日本に行ってどうすればいいのでしょうか? 
日本の食口たちに、どのような話をしてあげたらよいのでしょうか?」
とお尋ねすると、大母様が昔の話を次のようにしてくださったのです。



孝行息子がお母さんと暮らしていたのですが、
そのお母さんが病気で死にそうでした。
その息子は、お母さんを生かすために切実な祈祷をしたのです。

すると、夜になって夢の中でおじいさんが現れて、
「山に行って、山苺を採ってお母さんにあげれば、お母さんが蘇る」
と言われたのです。

孝行息子は、山苺を採ってお母さんにあげれば、
お母さんは元気になるということだけを思って外に出ました。
でも、そのときは雪が積もった冬の季節でした。
山が雪で真っ白く積もっているのに、山苺があるでしょうか? 
しかし、この息子は、山苺がないという考えはできなかったのです。

それは、山苺が必ずあるので、夢に現れたおじいさんが、
「山苺を採ってあげれば、お母さんは蘇る」
と言ったと思ったからです。

その息子は、山に登って山苺を探すのですが、なかなか見つかりません。
何度も山から滑り落ちながらも山苺を探しました。
あるとき、山から落ちて、とうとう意識を失ってしまったのです。
死んでしまったと思ったのですが、しばらくして目を覚ましました。
死んだと思ったのですが、死ななかったのです。

目を開けてみると、すぐ目の前に真っ赤な山苺がありました。
その息子は、その山苺を採ってお母さんにあげると、
お母さんは蘇ったのです。


この話をスライドを一枚一枚変えながら、
実感をもって大母様がわたしに見せてくださったのです。

大母様は、「白く雪が積もった山で、山苺を採るために
回っているのが日本の食口たちです。
だから、行ってこの話をしてあげなさい」
と言われたのです。

そのような立場で歩まれている日本の皆様に、
真のお母様が語ってくださったように涙を流しながら、
また大母様が見せてくださった夢の内容を紹介しながら、
東北地方を巡回したのです。
そこで、多くの食口たちと心情的な因縁を結ぶことができました。



この山苺の証しを読めば、
誰もが相対するのが、日本の食口たちだと思います。

日本も家庭連合になり、新しい時代に入りました。
しかし、天の事情・心情・願いを知って歩む祝福家庭は、
天の願いから見るならば、まだまだ少ないのが現状だと思います。

私たちの歩みは、外的に見るならば
冬山に山苺を捜し求めて行くような歩みかもしれません。
だからこそ、もっと道が開くことが出来るように、
歩み続けるしかないと思います。。。
行く先には希望があるのです。

日本を愛してくださった
任導淳総会長と、沈明玉サモニムの魂が
今、私たちに強く語りたいメッセージがあると感じます。
沈明玉サモニムの証しは、今後追々お伝えしたいと思います。
明日は、この証しの続きです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

「父にお仕えするために霊界にいく!」 真のご家庭のために最も心痛いこと──《沈明玉サモニム証し》 


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

(証し) あの素晴らしい愛をもう一度?! 日本草創期を歩んだ食口が、再復帰!!



1382963_693923467285414_257300987_n.jpg


三十年前に
古い食口たちに語ったことも
誰も本当に理解されませんでした。
先生が今語っていることが
三十年後に実現されて
その時理解される
ということも多いでしょう。




今日は、かつて日本の草創期に歩んでおられた方が、
再復帰されたという証しです。

日本統一教会(現 家庭教会)は、1959年創立、
1964年に宗教法人として認証を受けました。
耳パン時代が教会の草創期のひとつのイメージだとすれば、
今から、50~60年前の頃のこととなるでしょうか。

1965年に真のお父様は21年ぶりの来日をされ、そして
お母様と共の初来日が、1967年6月のことでした。


この方(Nさん)は、東京在住の1800双(Gさん)の高校時代のクラスメイトで、
高校3年の1966年頃に復帰されました。
当時、喜んで教会に通っており、耳パンなどを食べて活動していたそうです。

また1967年、真のお父様がご来日された時に、
直接み言を聞かれたこともありました。

そして、高校を卒業して会社に就職されました。
当時、多くの人が献身的に活動していた時代でしたが、
Nさんは、親や親族から大反対され、
「会社だけは辞めるな」と強く言われて、
仕方なく勤労青年になりました。
しかし、会社や現実生活との葛藤の中で、
次第に教会から心情的にも離れてしまいました。

当時は、原理講論もなく、原理解説の時代で、
原理の内容にも疑問があったようでしたが、
教会から離れても本心が喜んでいた当時の事が忘れられず、
その後も心に残っていたそうです。


今年の7月に、Gさんが神氏族メシヤ活動で故郷に滞在して
2週間程、氏族の訪問活動を行っていたとき、
気になっていた友人のNさんと出会い、ファミリーレストランで
3時間くらい交流して、教育センターに来場されました。

Nさんは、昔の教会の事を懐かしく話され、
またその後の教会の変化を聞いて、とても驚いておられました。

既に会社を退職しておられましたが、
最初は消極的な感じで、
何かつながりをもっていけばいいという感じでした。

そんな中、日韓トンネル講演会参加をきっかけとして、
週に一度だけ教育センターに来場されるようになりました。

深く授受して交流していくと、少しずつみ言に相対していかれ、
教会の1DAYセミナーにも喜んで参加してくださり、
久しぶりに聞く原理講義に心情的に復活されていました。



そしてNさんは内心、残された余生を
やはり教会のみ旨の為に生きたいと思うようになりました。

先日開催された書写大会にも参加され、
多くの人たちが集っていることに驚かれて感動していました。

それ以後、毎朝6時から書写をしながら、
だんだんよい変化が起こってきたそうで、
奥さんにも教会に行くことを公言され、
原理の講義やビデオを熱心に見られ、長く抱えていた
原理への疑問も少しずつ解かれていかれました。

奥さんは、教会に深い入りしてほしくないという思いがあったようですが、
少しずつ変わって行くNさんにだんだん好感をもっておられるようです。

Nさんは、聖和3周年の衛星中継にも来てくださり、
9月14日に初めて礼拝に参加されました。
自己紹介では感極まり、涙ながらにこれからの思いを証して、
地区長と写真撮影をすることができました。
それ以来、毎週礼拝に参加されるようになりました。

短い期間ですが様々な出来事を通して、
長年のわだかまりが解けて、新たな出発をされ、心が晴れていかれました。
そして、今は希望をもって祝福に向って教育を受けておられます。



草創期のころに歩んでいた方が、もう一度教会に来られた・・・
神様はどれほど喜んでおられるだろうか、そんなことを感じました。

私たちも前線で歩んでいるとき、
昔、教会に来ていた方に出会うことがあります。

先日も、ある婦人がCARPに所属していた方に出会い、
私も少しお話を聞かせていただきました。

原理は真理であると思っているし、生活にも取り入れている、
しかし、すでに家庭を持った立場で、
いまさら家族に証しするのも気が引けるし、
今の生活に満足しているから・・・
そんなことを言われて、去っていってしまいました。
残念ではありますが、
いずれ、また教会に来てくださる機会もあることでしょう。

昔は本当にたくさんの人を伝道していました。
青年のころ、大きな教会では、毎月200コースが当たり前、
多くの人がみ言に触れていきました。
そういう人たちの中でも、心の中に、
み言が残っている人が必ずおられるに違いありません。

私の霊の親も、拉致監禁され、反対牧師を通して脱会しました。
今は、連絡が取れない状況ですが、いつか教会に戻ってくることを信じています。

そのような方たちに出会えるよう、
今日も最前線で歩んでいきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


お父様のみ言

三十年前に古い食口たちに語ったことも
誰も本当に理解されませんでした。
彼らは知的には分かったけれども、
心情的にはよく分かっていなかったのです。
そして三十年後の今になって
先生のところに来て言うのです。
「先生が三十年前に言われたことが今分かりました」と。
あなたたちも同じことで
先生が今語っていることが三十年後に実現されて
その時理解されるということも多いでしょう。


愛のシンフォニー主の道
愛のシンフォニーB

「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)