2015年11月18日

聖和3周年で浮き彫りになる、真の父母の偉業! マスコミ、メディアがこぞって取り上げる!!



11959978_958062304254918_6521488806325918439_n.jpg


文鮮明先生は
民族の和解と団結、
国の統一と世界平和のため
たくさんの努力を尽くしました。

金正恩第一委員長からの弔電



TPマガジンに「メディアからみた天宙聖和3周年の意味」
と題して、真のお父様聖和3周年を中心とした一連の行事に、
どれだけのマスコミが参加して、報道が成されたのか。
そのことを中心に書かれています。
とても長いので、結論部分のみ抜粋します。



Kim Jong Un.jpg


真のお父様の天宙聖和3 周年を迎え、
北朝鮮の金正恩国防委員会第一委員長から送られた
弔電と弔花を集中的に報道することにより、
真の父母様が1991年に金日成主席との単独面談を通して、
南北統一のため精誠を尽くされた内容が再確認され、
最近、南北韓が冷戦から和解モードへ変化する時期に、
真の父母様が南北統一のため重要な役割をされていることを
全国民に再度認識させる報道でした。

朝鮮日報は、
「文鮮明総裁の3周忌を迎え、
金正恩第一委員長は弔花を通して

『世界平和連合文鮮明先生のご逝去3年を迎え
韓鶴子総裁と遺族の方々に深い哀悼の意を伝えます。
文鮮明先生は民族の和解と団結、
国の統一と世界平和のためたくさんの努力を尽くしました。
韓鶴子総裁と遺族の方々が文鮮明先生の遺志を
受け継ぐことを願います』


と伝えた」として
北朝鮮から送られた弔電の全文を報道しました。



11986525_960967197297762_2869569240945986051_n.jpg  11951960_957290024332146_28632110355854446_n.jpg


最後に、驚くべきことは「鮮鶴平和賞」と「ピースロード2015」についての
放送ドキュメンタリー3編が放送されたことです。

真の父母様が設立された「鮮鶴平和賞」を主題に、
SBS・CNBC特集ドキュメンタリー「未来の平和を準備する人々」が
9月12日午後5時と14日午前1時(再放送)の50分間にわたって2度放送され、

MBCNETドキュメンタリースペシャル「鮮鶴平和賞、新しい平和のメッセージ」が
9月24日午後8時と9月25日午前9時(再放送)の40分間、
2度にわたって放送されました。

また「ピースロード2015」を主題にMBCNET
ドキュメンタリースペシャル「平和のための旅程、2015 PEACE ROAD」が
9月25日午前10時30分と9月26日午後8時(再放送)の
30分間にわたって2度放送されるなど、6回放映されました。

放送ドキュメンタリーの内容の中には、
真の父母様が直接国際ハイウエイ構想を地図に表示され宣布される映像と、
食糧問題の解決と地球温暖化問題解決の重要性を
世界指導者たちの前に宣布される場面、
食料問題解決のため真の父母様が主導された
フィッシュパウダーとクリル食品などの場面が紹介され、
放送を通して真の父母様が平和世界を建設されるため
心血を注がれた姿が明白に伝えられました。

この放送の映像を韓国語、英語、日本語、スペイン語などの4ヶ国語に翻訳し、
世界宣教国家の国々に伝え、現場での伝道資料として
使用できるように支援される予定です。


天地人真の父母様の勝利の基盤の上にこの全ての結果を得ることができました。
私たちは天宙聖和3周年の勝利をきっかけに、
「ビジョン2020」勝利のために天上の真のお父様と地上の真のお母様に侍り、
中断なき前進するつもりです。

天地人真の父母様の平和思想と平和活動のみが、
争いを治癒し紛争を終息させ、
環境問題を克服する答えであると
メディアを通して伝える予定です。

客観的事実報道を通して世界に天地人真の父母様の
本然なる価値を堂々と明かし、
家庭連合が韓国社会を超え世界が認める世界宗教へと
成長する日が来ることを確信しています。



「真のお父様・天宙聖和3周年記念式」は
以下のメディアが伝えたそうです。

KBS、SBS、TV朝鮮、チャンネルA、JTBC、MBN、
連合ニュースTV、YTN、OBS、朝鮮日報、中央日報、韓国日報、
ソウル新聞、ハンギョレ新聞、京郷新聞、世界日報、毎日経済、
ソウル経済、ヘラルド経済、アジア経済、連合ニュース、
ニューシス、ハフィントン・ポスト、デイリー韓国、
コレア・ヘラルド、コレア・タイムズ、京都通信、eトゥデイ、
マネートゥデイ、日韓スポーツ

韓国のメディアのことは詳しくわかりませんが、
大手のテレビ局、新聞社などが、報道したと思いますし、
また、内容的にも『客観的な報道』が多かったのではないかと思います。

「ピースロード2015」「第一回鮮鶴平和賞授賞式」
この二つの行事にも注目が集まり、
さきほどの聖和3周年記念式と同様、多くのマスコミが取り上げたといいます。


それにしても、1950年代、韓国のマスコミはお父様を
どれだけ攻撃し、迫害したか知れません。

1955年西大門刑務所に収監されたときにも
無罪になったにも関わらず、新聞に掲載されたのは
ほんのわずかの記事でした。
くしくも、聖和3周年を報道した京郷新聞でした。


「無罪釈放になったという話は聞きましたか? 
新聞(京郷新聞1955年10月5日付)を調べてみると、
その記事は3行しかありません。
文総裁があのような汚名を着せられ、
それを突破してくるのに、
どんなに血と涙を流したかわかりますか?」
(1990.2.21)




当時の状況を考えると
今の報道は奇跡的だと言ってもいいかも知れません。
全ては、真の父母様の勝利圏のゆえです。

真の父母様が成されてきた業績を考えるなら、
北朝鮮の金正恩第一委員長の言葉のそのごとく、
あるいはそれ以上に、称えられてもおかしくありません。
まさしく平和を作り出しているのが、御父母様であり、
その歩みは本物であると、知れば知るほどに
スポットライトをあてざるをえないのではないでしょうか。

日本も『家庭連合』になり、
マスコミの認識も変わってきていると思います。
あとは、私たちがさらに正々堂々と立ち、
地域にも認められるように活動していかないといけないと感じます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする