2015年11月24日

「私は取るに足らない者」 ──お父様の秀逸すぎる答えとは?! 〈姜賢實先生の新刊より〉



tenshinorappa.jpg



姜賢實先生が新刊を出されました。
『天使のラッパを高らかに』です。

姜賢實先生の証しは何度か紹介していますが、
改めて証しを読ませていただくと、
原点に帰らされ、悔い改める時間になります。

今日は『はじめに』の一部を紹介します。


真のお父様は、「姜賢實は霊界が伝道したのだ」
とおっしゃったことがあります。
私一人を立てるため、霊界の苦労に加え、
お父様がみ言を語り、祈ってくださったことを
忘れることができません。

私が南韓における最初の食口なので、
お父様は大切に思われ、世界人類に対して語られるように、
あらゆる精誠を尽くされたということを常に思って、
その分、私は一生懸命にしなければならないことを感じます。

しかし、入教してかれこれ六十年を越えますが、
何も誇れるものがないので、恥ずかしさでいっぱいです。
それで、いつも、「私は取るに足りない者だ」と思っています。

入京して四十年たった時、お父様に
「私は今まで四十年間、何をしてきたのかわかりません。
誇り得るものが何もありません。
これはうわべの言葉ではなく、
本当に私の本心です。
何一つ成し遂げたと言えるものがないままに、
今までの信仰の道を過ぎてきたかと思うと、
本当につらいです」と申し上げたことがあります。

すると、お父様は、
「二千年前、イエス様の弟子たちがしたことも、
本当に何でもないことであった」
と慰労してくださいました。



姜賢實先生の功績はどれほど素晴らしいものでしょうか。
家庭連合(統一教会)史上、初めての伝道師です。
姜賢實先生によって、開拓伝道の道が開かれました。
まさに信仰の祖と言われてもいいお方です。

そんな先生は、「取るに足りない者」だと言われるのです。
その時のお父様の返答も名言だと思います。

姜賢實先生以上の功績を残した人など
あまりいないのではないかと思います。
だからこそ、私たちは謙虚な気持ちを持ちつつ、
今の恩恵に感謝して歩んでいきたいと思います。

不定期ではありますが、
印象に残ったところを追って紹介します。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする