2015年12月19日

奇跡の起こし方?! お母様といっしょ 《最新!! ラスベガス報告》 



20121211.jpg
12.11


真の家庭の価値聖職者会議20周年記念式が
今月12日、ラスベガスの国際平和教育院で行なわれました。
この期間をお母様と共に過ごされた
地区長の報告会があり、
教会長が証しを聞いて来られました。


今回、お母様は、日本の責任者たちを
アメリカに呼んでくださいました。

そのポイントは二つ。
一つになること。
精誠を尽くすこと、です。


お母様が、祝勝会で
歌を披露するように言われるだろう、
ということで、徳野会長を中心に
歌の練習をしたそうです。
もちろん、ハングルの歌ですが、
3曲も準備しました。

アメリカへの長旅で、
また、空港でもテロへの厳戒態勢で
4時間も待たされたそうで、
本当に疲れている中、練習しました。
また、日本人の責任者も
ハングルの歌を覚えるのは大変だったでしょう。

そして、お母様を中心とした祝勝会で
やはり、歌の時間がありました。
1曲歌い、「アンコール!」ということで、
もう1曲歌いました。
最後に、お母様が「この曲を歌おう」
そう言われたのが、3曲目に練習した歌でした*
やはり、精誠が大事だということです。


また、ユンノリ大会がありました。
その時の証しです。

今回4チームで対戦したそうです。
日本チーム、韓国チーム、アメリカチーム、警護チーム。
警護チームはお母様を警護していることもあり、
一番強いチームですが、日本チームは初戦で、
警護チームと戦うことになりました。

今回、掛け声を統一しました。
「ウリヌンハナダ(우리는 하나다 私たちはひとつ)」です。

実際に警護チームはとても強くて、日本チームは負けそうでした。
地獄(ゴールの一つ手前)に入ったとき、
ペクト(빽도)を出さないとゴールに入れない
そういう特別なルールがあるのですが、
日本チームはペクトを出して勝利しました。


また、今回、奇跡が起きたといいます。
ユッ(윷)と呼ばれる木の棒が立ったのです。
こんなことがあるのかな〜、と思うようなことが
実際に起きたのです。

ペクトを1回だけでなく、2回も出し、
そして、日本は優勝しました。

お母様はどれほど喜ばれたことでしょうか・・・


今回、お母様は侍墓生活3年を終えて、
2020年まで、残り4年間に向けて、
日本の責任者を集め、新しい出発をしました。

精誠を尽くし、お母様と一つになることで、
天運が来るのです。



12316484_1007922755935539_8056102971646820358_n.jpg


(文責:ten1ko2)


地区長はその地域の代表です。
個人的に集められたのではなく、
日本を代表して集め、愛してくださいました。
ですから、お母様は
私たちのことも愛してくださったのだと思います。

お母様と一つになること。
そして、精誠を尽くすこと。
天運をつかむ秘訣をいただきました。

来年からの4年間に向けて、邁進していきたいと思います。

家庭力アップ講座は明日に変更させていただきます。
ご了承ください。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

*この3番目に歌った曲について
お母様が話しておられます

http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/431507107.html?1450744422

※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする