2016年01月19日

私たちは、ただ天国に入る人なのか、それとも、天国を創る人なのか?! 



10411349_1020056498055498_3765163191510156320_n.jpg


天国を創るには──

神様に親孝行すること
そのためにも
真の父母様を誇り証しすること

実践しない傍観者になってはいけない



「天国に入る人と天国を創る人」という題目で
礼拝説教が本部コンテンツに紹介されていました。

今がどういう時であり、
どのような信仰姿勢で歩めばいいのか、
とてもわかりやすいと感じましたので、
皆様にもぜひ紹介させていただきます。

少し長いので、編集して
2回に分けて、お伝えします。


新年を迎えて新しい出発をされたことでしょう。

何事も出発の決意、出発の誓い、出発の動機など、「出発」が肝心です。
皆さんの信仰生活の出発はどうだったでしょうか?

初めて真の父母様をメシヤとして明かされた時、
どのような思いでこの教会に入教したのでしょうか?
初めて原理を学び感動した時、人生を捧げようと献身的な歩みを決意した時、
どのような思いで出発したのでしょうか?

その時の気持ちと現在の気持ちを比較するならば、何か変化があるでしょうか?
変わらない人もいれば、全く変わってしまった人もいるかもしれません。
変わらないことも大切ですが、より本質的に変わるのであればさらに良いです。


真の父母様の生涯路程は、一言で表現するならば
「天宙復帰」のために歩まれた生涯だったので、
私たちは「天宙復帰の同参者」です。

言葉を換えれば「天国を創る人になろう!」と出発したと言えます。

多くの人が天国を創る者として出発しましたが、
そこに多くの苦労や困難があった場合、そのための多くの犠牲の道を歩む中、
いつしか「天国を創ろう」という決意から、
「天国に入ろうとする人」になってはいないでしょうか?

天国に入ることは良いことであり、間違ったことではありませんが、
み旨の前に「主体者」になるのか、「対象者」になるのかでは
み旨に対する捉え方が大きく違ってきます。


多くの宗教において信仰を出発する人のほとんどは、
自分や家族の幸せのために信仰を始める場合が多くあります。
悩みを解決し、豊かな福を得ようとして信仰するものです。
一年の出発の初詣の祈りも同じように、自分や家族の福を祈ることでしょう。

しかし、家庭連合の場合は、きっかけが個人的な悩み、
家庭的な課題の解決だとしても、信仰の出発は
「神様のみ旨を成し遂げよう」「神様の願いを叶えよう」
「真の父母様と共に歩んでいきたい」・・・という動機で
教会に入る人が多いのではないでしょうか。

まさに、「神様から福を受けようとする人」ではなく
「神様に親孝行しようとする人」です。


親孝行するためには、どのようにしたら良いでしょうか?

二つの方法を紹介します。
第一は、「真の父母様の生き方を相続すること」です。

真の父母様は生涯をかけて、私たちに生きる見本を示して下さいました。
その似姿になることこそ最高の親孝行です。


真の父母様の生涯を一言で表現するならば、
それは「愛天愛人愛国の生涯」でした。
天に対して、人に対して、地に対して愛を投入する精誠の連続でした。

まず、神様を愛する道を歩まれました。
真の父母様は「神様の事情や願い」を明らかにされて、
「神様に喜びを返す」歩みをされ、「神様を慰労」してこられました。

このように、神様の目で見つめ、神様の心で感じ取り、
神様の体となって実践する歩みでした。
私たちも、このような神様第一主義を意識して歩んで行きましょう。


さらに真の父母様は隣人のために愛を施す歩み、
人類を我が家族のように愛されました。

私たちは身近な人や気の合う人に対しては愛の施しができますが、
情的に遠い人や気が合わない人は敬遠しがちです。
真の父母様は敵である怨讐までも愛されたように、
私たちも誰に対しても愛の心で対処したいものです。


また、「平和を愛する世界人として」という自叙伝の題名のごとく
国や世界を愛する道を歩まれた真の父母様です。

私たちも救国救世の精神を持って愛国運動に立ち上がらなければなりません。
このように、真の父母様に心も行動も生活も似るように心がけて歩んでいきましょう。


親孝行する第二の方法は、「真の父母様を誇り証しすること」です。

父母の願いを叶えることが孝行であるように、
真の父母様の一番の願いを叶えることを何よりも心がけるべきものです。

それは、真のお母様が繰り返し語られているように
「人類が真の父母様の存在を知らないことがないようにしなさい」
というみ言を実践することです。

真の父母様の存在を知らせ、
真の父母様の偉大な業績を知らせ、
真の父母様のみ言を知らせ、
真の父母様の祝福の恩恵を知らせることが重要です。
それこそ、生涯最大の実績です。

真の父母様の存在を知り、偉大さを知り、み言を知り、
祝福を受けても、それを他の人にも誇り証しできない人は、
恩恵だけ受けて恩返しできていない人になるのではないでしょうか。


それを、言葉を換えれば、天国を創ろうとする人ではなく、
天国に入ろうとする人と言えます。

天国を創ろうとするならば、
真の父母様の事情と心情と願いの中で生きることが大切です。
そして、いかなる時も笑顔と感謝の心で重荷を担おうとする姿勢です。

決して実践しない傍観者になってはいけません。
客観的に分析することも必要ですが、
み旨を実践しない評論家は、ただの批判者に過ぎません。



先日、路傍伝道をしているときに、
ある男性から言われました。

「神様なんて、目に見えないものを何で信じるんだよ。
今ここで見せてみろ。
神様って、本当にいるんなら、電話してみろ。
神様なんて、いないんだよ!
宗教っていうのは、弱い人間がやるもんなんだ」

本当は、もっと激しい口調で言われたのですが、
控えめに書きました(笑)

私たちは神様にすがって
福を得ることだけを求めて、
入教し、献身したのではありません。
神様の心情、事情、願いを知って、
足りないながらも「孝行しよう」
そう思って、み旨を歩んできました。

もし弱い人間だったら、この道に残ってはいないでしょう。
ましてや、拉致監禁を越えてきたのですから。。。
その男性に、言い返そうと思っていたら、
いつの間にか、行ってしまいました(笑)

何よりも真の御父母様ご自身が
多くの迫害を乗り越えてこられたのも
生きた神様とともに歩んでこられたからでした。
神様に親孝行しようという心情で
どんな困難な道のりも越えていかれました。

今、真のお母様が幾多の困難を全て背負って
乗り越えていかれているのも、
真のお父様に喜んでいただきたい、
そのような心情とともに、
神様に孝行していこうとする心情があるからでしょう。

私たちも今こそ、相続して歩んでいきたいと思います。
明日に続きます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

皆さんは、独り立ちしなければなりません! 私と一つにならなければなりません! 《クリスマス晩餐会での真のお母様のみ言(2)》



図1.gif


お母様のみ言。
昨日の続きです。

*    *    *

再臨のメシヤ…。

イエス様が十字架で亡くなるときに、
いつ来るということは
(明確に)言われなかったのですが、
「私は再び来る」と言われ、
(神様は)2000年かけて
再臨のメシヤを送られるようになりました。

神様の蕩減復帰摂理歴史は6000年かかりました。

独り子を探したてる歴史があったとしたら
独り娘を探したてる摂理歴史はなかったでしょうか?

このキリスト教の歴史は、
独り娘を準備する摂理になるべきでした。
しかしそのことを悟れなかったのです。

皆さんのために『真の父母経』を編纂して、
私が「独り娘」であることを伝えました。
皆さんは、信じていますか?
私が独り娘であることを信じていますか?

今まで、統一教会では、「独生女」(独り娘)について
(意識せずに)知りませんでした。
再臨主のことは知っていましたが、
独り娘のことは知りませんでした。



今までの摂理歴史は無知なる人間たちを探したて、
責任を与え、発展させていくことを願われたのに、
それをして差し上げる人がいませんでした。

真っ暗で、どこにいて、どこから来て、
どこに行き、どの方向に行くべきなのか、
何を間違えたのかも、よく知らないのです。
知る由もないのです。

神様は失敗をすることができないので、
キリスト教の2000年の歴史は
独り子を探したてる歴史であり、
最後の手段だったのです。



韓国がキリスト教を受け入れたのは李氏朝鮮時代です。
その末期です。

その当時、神霊的に満ちた神霊集団の中心は
平壌中心の以北(北朝鮮)でした。

すべてのキリスト教徒たちは
雲に乗ってくる再臨主を信じていました。
天を見つめて待っていたのです。

しかし神霊的なキリスト教徒たち(の中に)は
雲に乗ってくる再臨主ではなく、
肉身を持ってやってくる再臨のメシヤを待ち望み、
準備してきた教派がありました。

そんな中、特別に、独り娘を準備してきた教派があり、
独り娘の誕生を明らかにするようになったのです。
ある神霊的な牧師は、独生女が、
私が誕生することを預言していたのです。



私が生まれた時、その瞬間に
サタンが私のことも殺そうとしました。

サタンが、お前が生まれたので、私が死にそうだ。
だからお前を殺してやると言ったのです。
しかし大母様の霊力が強くて勝ちました。

霊的な戦いをしながら汗をたくさんかきながら、
失神してしまいそうな中で、趙氏ハルモニは、
「出産が大変だな」と思っていたのですが、
実際はサタンと戦っていたのであり、
その戦いがどれほど大変なものだったのか…。

ですから私は生まれた時から違うのです。
このことは誰にも言ってきませんでした。
今真実を明らかにしているのです。



真のお父様が聖和されて
霊界に行かれなければならないのに、
もし清平の基盤がなかったとすれば、
ロッテホテルでも借りて(聖和式を)しますか?

13日間の行事をホテルでおこなうのですか? 
不可能です。
しかも、暑い時期だったのです。

そして本郷苑も波州にするのですか? 
勝手にそういうことはできないというのです。
そのようなことを考える人は誰もいなかったのです。
36 家庭、元老、ただただ、
そのことを知っていたのは大母様しかいなかったのです。

お父様が霊界に行かれることも知っていたので、
(それに備えて)このような清平の摂理が存在したのです。



しかし、そんな大母様の摂理は
お父様を送って差し上げるまでなのです。

お父様が霊界に行かれて後、
お支えする人が必要ではないですか? 
それは誰がしますか? 
大母様がその役割もしなければならないでしょう? 

そうしたら、誰が地上で(責任をもちますか)
真の父母様の摂理は、霊界と肉界が一つとなり、
清平の役事も真の父母様が役事をしていくのです。
そのようになるのです。
あっていますか、間違っていますか。



そして、みなさんも、
いつまで誰かに寄りかかっているのですか。
自分の責任は自分で果たさなければなりません。
独り立ちしないといけません。

真の父母様がやってくれるのではありません。
大母様がするのではないのです。
わかりましたか?

ですから、今後、(地上での)
清平のすべての主人は私です。
わかりますか。
私が指示し、命令した通りに清平は進んでいくのです。
わかりましたか?



それから、皆さんは私と一つにならなければならないのです。

横で役事する人のことを見る必要はありません。
それは皆さんの生きていくべき、
未来の希望そのものなのです。
分かりましたね。

清平修錬苑は、大きく成長して行っています。
真が現れ、真実が伝わっていく時代なのです。

父母様を中心として絶対的な信仰を持って歩んでいくとき、
天がそこに共にあられ、必ず発展していくのです。


*    *    *



「今の時、天の願いは何か・・・」
教会長は、昨日の説教で三つのキーポイントをあげておられました。

1、 真のお母様と一つになること
2、 神氏族的メシヤの使命を果たすこと
3、 救国救世基盤造成の確立

真のお母様と一つになることが
天運をつかむ最大最高の要因です。
「ウリヌンハナダ」の精神で
天の運勢をいただきつつ、
与えられた責任分担を果たしていきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

お母様がいるから、私たちは幸せです! 《クリスマス晩餐会での真のお母様のみ言(1)》



20151225.jpg


真の父母様をお慕いしている
と思っていましたが、
そうではなく、
真の父母様が
私を慕っておられたのです。

(李海玉サモニム)


日本統一運動NewsLetterの最新号に
お母様のみ言が紹介されています。

昨年12 月25 日、韓国・清平の天正宮博物館で行われた
「真の父母様招請 クリスマス晩餐会」の終了後、
真のお母様が日本からの参加者に語られた内容です。

少し長いので、2回にわけて紹介します。

*    *    *

「真実が伝わっていく時代、天が共にある私達は必ず発展する」

私たちは幸せな者たちです。

皆さんが人間的に、子女の立場として家に帰れば、
まず最初に誰を探しますか? 
お母さんでしょう? 
「オンマ」と言って、お母さんがいるから
子供たちは「幸せだ」というでしょう。

皆さんが実績を持って
「お母様、◯◯がこれを成して訪ねて来ました!」
と言ってくれたとすれば、私はどのような姿で、
どのような顔で皆さんを迎えるでしょうか? 
気になるでしょう。

そのような日が一日でも多くあったらいいのにと思っています。



清平は全世界の人類の本郷の地です。
真の父母様の故郷は他にもありますが、
ここは本郷の地なのです。
皆さん実感できますか?

ですから全世界の食口たちがここを目指して、
清平に向かって絶え間なく訪ねてくる、
暮らしてみたいと言ってやってくるのです。

(その人たちに対して)皆さんが精誠を立てて、
見せてあげることができる
(「天地鮮鶴苑」に責任を持つのです)。

73 億の人類に真の父母様がどのような姿であり、
どのような実績を、どのような文化を
つくって行かれたのかということを、
何十年、何百年先の後孫にまで
見せてあげることができなければなりません。

それができなければかわいそうな人類となってしまうのです。
そのような観点から見つめて歩まなければなりません。



皆さんたちの立場が喜んで幸せだとしたら、
皆さんのような感情、皆さんのような愛を感じることのできる
すべての人類になるべきではないでしょうか? 
わかりますか?

そうだとすれば、私が健康で100 歳まで生きたとすれば、
私が73 歳だから、残り27 年で
一つの世界を築くことができますか? 

私一人では成すことができません。
皆さんの力が(必要であり)、
皆さんが責任を果たしてくれなければ難しいのです。

皆さんに与えられた
神氏族メシヤの責任を果たすことができれば、
天の父母様を受け入れることのできる国を
つくることができるのです。

日本の国が復帰されれば、韓国もそのようになり、
アメリカもそのようになるのです。
世界が一瞬のうちに統一されるようになるのです。
その奇跡のような事実を成せるかどうかは、
私たちの手にかかっているのです。



皆さんが真の愛を分かち合うようになれば、
全世界が皆さんのような心情文化世界、
一つの世界を持つようになり、
真の父母様が生きておられる間に
私に会うようにしなければなりません。

皆さんと私が会っているといないとでは、
心情的な距離があるでしょうか、ないでしょうか?

ここには、先輩たちが多いから、
皆さんが真のお父様とともに
苦楽を共にして歩んでこられましたが、
近くで侍ってきた人と遠くで侍ってきた人とでは、
その感じ方が同じでしょうか?

例えば、「お父様」と一言、
呼ぶだけでも心情的な感じ方が違うのです。
ところで、今まで皆さんが、どれほど、
「お母様」と言って探してくれましたか? 
どうですか、お母様をどれ位、
探してくれましたか?(ため息)



天の父母様には夢がありました。
人類の真の父母になりたかった夢です。
実体として、体を持って父母になりたかったのです。

天地創造をして、アダムとエバを創造なさり、
アダムとエバに対して責任分担を与えられました。
(それは)絶対的に神様と一つになることでした。
自分の考えがあってはいけないというのです。
堕落とは自分を中心として考えることから始まったのです。

皆さんの父母様に対する心情世界も同じなのです。
父母様と絶対的に一つになった人生を
生きなければなりません。



しかし堕落した人類になってしまい、
その堕落した人類を
そのままにしておくことができない神様です。

始めと終わりが同じおかたが神様であり、
失敗があってはならない神様であられるため、
救援摂理を進めざるを得ない中で、
神様は強制的に「悔い改めて帰ってきなさい」
ということのできない神様の立場だというのです。

人間自身が悟って(神様の願われる)
その如くに生きなければなりません。


*    *    *


集会の前に李海玉サモニムが次のように語られたそうです。

「私がラスベガスにいる時に感じたことがあります。
今まで真の父母様をお慕いしながら生活していたと思っていましたが、
そうではありませんでした。

真の父母様が私を慕っておられるということに気付いたのです。
母親が幼子の世話をするように、真の父母様が成長できない私たちを
世話するように慕っておられると感じました。

早く成長して父母様に心配かけない責任者、食口にならなければなりません」


今回、日本のメンバーたちだけを集めて、
このようにみ言を語ってくださった真のお母様。
真の父母様の価値を知っている者は
私たちしかいません。

どれだけもどかしい思いを持ちながら、
それでも子供として慕ってくださりながら、
語りかけてくださっている
母親の心情を感じるのです。

明日に続きます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする