2016年01月12日

☆真のお母様、新年のみ言☆ 「真の父母の御聖誕は、人類の希望」!!



20160107.jpg


真の父母様の御聖誕を、
世界中の人々の前に
知らせなければなりません。
それは人類の希望です。




週刊ブリーフィング最新号に
2016年真の父母主管新年祝賀会の様子と、
お母様が語られたみ言が紹介されていました。


2016年新年を出発し、真の父母様主管新年祝賀会がありました。
真の父母様をお迎えする中、新年の挨拶をささげ、
一年の健康を祈願しました。

世界本部を中心に、韓国と日本協会、主要摂理機関が真の父母様に、
ご聖誕記念式と基元節3周年行事など、
2016年の勝利のための計画を報告しました。

真のお母様は、すべての祝福家庭と指導者たちが、
真の父母様の顕現を知らせ、称えることのできる
一年となることを願うと激励してくださいました。

参加者たちは、ビジョン2020勝利の確固たる基盤を固めるため、
大きな実績を収めることを決意し、2016年を出発しました。




真のお母様のみ言


真の父母様が皆さんを
直接養育、教育して下さいました。
祝福家庭として、指導者として、
立てることができる位置にすべて立ててあげました。

過去のイスラエル民族とは異なります。
皆さんは摂理歴史の中心にあるという話です。
言葉で表現することのできないほどの栄光の立場であり、
歓迎された立場です。

しかし責任があります。
真の父母様は、73億(人類)の真の父母です。
73億の人類は、真の父母様の子女となるべきであり、
民とならなければなりません。

真の父母様の願いは、人類一家族です。
そのためには皆さんが決意する態度が
確実でなければなりません。

遅れている感じがしますが、
真の父母様の御聖誕をこれから、一日も早く
世界中の人々の前に知らせなければなりません。

それは人類の希望です。
世界人類がこの日を待ち望み、
父母様の御聖誕を祝賀し、
希望を持つことができるよう、
より努力しましょう。

2016.1.7


お母様のみ言を拝聴しながら、
かつて善進様がお母様の証しをされたみ言を思い出しました。



お父様の聖和によって
真のお母様が背負われることになった重荷の大きさを、
私は想像することもできません。

お母様は、その途轍もない重荷に対し、
世界の海の底で何トンもの水圧に
押しつぶされているようだとたとえられました。

悲しみに暮れたとしても、やむを得ない状況において、
真のお母様は、真のお父様の使命を引き継がれ、
進展させるために、勇敢に舵をとり、
悲しみの台風の中で、
神様の摂理を静けき海岸へと導き出し、
錨を下ろして私たちを守ってくださったのです。





全てに責任を持って、立っておられる真のお母様がおられること・・・
そのことがどれほど貴いか知れません。

真のお母様にただただ感謝しながら、
日々の歩みに真を尽くしていきたいと思うのです。。。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする