2016年01月16日

「真の父母様の御聖誕を、世界中に知らせましょう」!! ☆真のお母様、新年のみ言【全文】☆ 



535352_1023476261046855_5102663989843303839_n.jpg


真の父母様の御聖誕を、
これからはいち早く
全世界人類の前に知らせなければなりません。
それが人類の希望です。


PeaceTVに、先日紹介した、
新年祝賀会で真のお母様が語られたみ言
全文が掲載されていましたので、紹介します。


韓国協会、日本教会、UPF、女性連合、
一和、龍平の報告を聞き、
希望溢れる2020年に向かい、
中断なく発展しようとする決意と
その覚悟を聞き、私も嬉しく思います。


私たちが聖書を通して、
イスラエル民族が困難な環境を克服しながら、
彼らの願いは天が祝福した地・カナンにいつ行けるだろうかと、
その一片丹心たる夢をなしていくために、
過酷な苦難に耐えて来ました。

しかし、結局カナンに入った人々は、
ヨシュアとカレブの(率いる)群れだけでした。
ところが、彼らがカナンに入って、根を下ろしましたか?
結果的に中心を立てることが出来ませんでした。

そのようなイスラエル民族に、
天はそれでももう一度機会をくださり、
独り子、イエス・キリストを送られたのに、
責任を果たせませんでした。

そのようなイスラエル民族が
今日どのような姿となりましたか?
(このことは)歴史的な事実としてのみではなく、
私たちが深刻に考えるべき問題です。


真の父母様によって、
蕩減復帰摂理歴史の終結がなされ、
新たな時代、天一国を開いてくださいましたが、
定着できましたか?

私たちの行く道は、はっきりとした天の主権、
国家復帰(伝道)です。
それを私たち当代において責任を果たせなければ、
過去、イスラエル民族が世界の前に見せた蕩減の歴史が、
私たちにも訪れるというのです。
それ以上に許され難いという話です。

真の父母様は皆さんを直接養育、教育されました。
祝福家庭として、指導者として、
責任を果たすことが出来る場に皆を立ててくださいました。

過去のイスラエル民族とは違います。
皆さんは摂理歴史の中心にいるという話です。


真の父母様は73億(人類)の真の父母です。
73億の人類は真の父母の子女とならなければならず、
民とならなければなりません。

天の父母様の願い、真の父母様の願いは人類一家族です。
そのためには皆さんがはっきりと決意しなければなりません。
日々、皆さんの位置、行跡、実績は
発展しなければいけないということです。


気候温暖化の問題により、
世界が現実的にとても大変です。

ある有名な学者によると、未来の運命は
50年にもならないといいます。
このままいけば希望はなくなるという話ですが、
このような問題を解決するための方法はありません。

真の父母様以外には方法がありません。

人種問題、宗教問題、国境線問題を
誰が解決することができますか?
国連が解決できますか?
今まで努力はしましたが出来ませんでした。

すべての人々が平和を語りますが、その方法を知りません。
どのようにすべきか、分からずにいるのです。
私たち以外には希望がないという話です。


遅れた気もしますが、真の父母様の御聖誕を、
これからはいち早く
全世界人類の前に知らせなければなりません。
それが人類の希望です。

世界人類がこの日を待ちわび、父母様の御聖誕を祝賀し、
希望を持って暮らすその日に向かって、
私たちはさらに努力しましょう。

2016.1.7




2000年前、イエス様が地上に生きておられる時、
イエス様に侍る弟子たちはいましたが、
イエス様に最後まで従う者はいませんでした。

今、十字架についたイエス様を慕うクリスチャンは
全世界に数多くいますが、
どれだけ、生きてイエス様にお会いしたい思いを持っているでしょう。

イエス様の再臨としてこられた真のお父様は、
すでに霊界におられますが、
真のお母様は今、私たちと同じこの地上におられ
そして、み旨を歩んでおられるのです。

真の父母様を父母として侍ることが
どれほど貴いことでしょうか。。。

だからこそ、今この時に、
堂々と真の父母様を誇り、証ししていくことが
天の願いであり、私の本心の叫びであると感じるのです。。。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする