2016年01月22日

合同結婚式、その後のカップルは?! ≪低・離婚率★高・出生率≫ 知らなかった、私たちの家庭力!!



wedding.jpg


合同結婚式で知られる祝福結婚。

昨年、あるテレビ番組で、
統一教会から家庭連合に名称変更したということ、
また祝福結婚に対しても
批判的な報道がなされました。

それでは、実際、これまで祝福結婚を受けたカップル、
家庭はどうなったのでしょうか・・・

気になるその実態は?
統計的データで明かします



「誇りある教会づくり」プロジェクトの一環として、
オープンな家庭連合の実態を、広く一般社会に公開すべく、
家庭連合FACT・Q&Aサイト
「家庭教育フォーラム」を開設したということです。

早速見てみると、興味深いデータがありました。
  それによりますと・・・


今までの祝福結婚式参加人数は、約17万5千人
(既成・独身祝福などを含む)

国内在住のマッチング家庭は、約1万8千家庭。
(真の父母様による紹介、あるいは教会のお見合いでの結婚)

祝福合同結婚式に参加した国際カップル数は
1万6千組近くあり、
祝福の相手国は126カ国にのぼるといいます。
(日本在住は約5千家庭)

そして、注目すべきは、離婚率です。
祝福家庭の離婚率は、なんと1.7%!!。
(注)家庭出発者とは、祝福合同結婚式に参加した上で、実質的に結婚生活を始めた家庭を指す(一世・二世・既成祝福を含む)。
家庭連合・家庭教育局に報告されている国内家庭出発者総計40,093名のうち、現在離婚している離婚者数から算出(2015年11月24日現在)

また一般的には、国際結婚のカップルは
総じて離婚率が高い傾向にありますが(約24~49%)、
家庭連合の場合は、突出して低いのです。

例えば韓国・朝鮮人相手の国際結婚の場合
一般には49%の離婚率なのですが、
家庭連合の場合は、1.3%に過ぎません。


それから、この少子化の時代の中、
家庭連合の出生率は2.1人です。

政府が発表した日本全体の結婚した家庭の出生率1.92、
一人の女性当たりの出生率1.42ということから比較しても
きわめて高い水準にあり、
2.1という数字は、昭和40年代とほぼ同じ水準だそうです。

実際に統計をとっての数字であり、
FACTDATAということですから、
これが真実の数字です。
(これは、日本家庭連合の統計です。)


上にあげたテレビ番組では、
祝福後結婚が破綻した、元信者にインタビューをしていました。

報道というものは、公平・公正が求められます。
そういう意味でも、同じ合同結婚式に参加して
幸福な家庭を築いている大多数の信者たちに対しても
インタビューをすべきではなかったでしょうか。

1.7%という離婚率を考えたなら、
祝福を受けて離婚している人たちはごく少数です。
こういう人たちにターゲットを絞って報道すること自体、
公正な報道というよりは、
なんらかの意図を持っているのは確かでしょう。

うちの教会でも、この番組を見た、教育センターで学んでいる人が、
教会に悪い印象を持ってしまい、教会をやめる寸前までいきました。
マスコミの力、噂というのは、おそろしいものです。

そんな状況を打破するべく、
このようなサイトが取り上げられたことは
本当に素晴らしいと思います。
そして、私たちの真実の姿を知って欲しいと思います。


家庭連合では、社会に貢献する
幸せな家庭つくりを目指しています。

世間にアピールするという意味では、
友好団体である、国際勝共連合が
新しい遊説隊を作りました。

それが国際勝共連合大学生遊説隊UNITEです。
HPはこちら
http://www.ynite.org/

参加しているのは、東大生!
また、詳しくはブログで紹介したいと思います。
今後の活動に期待します。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 15:11 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする