2016年01月27日

地元も嬉しい、神様も嬉しい、大学生遊説隊UNITEの活躍!! 我が松戸駅頭に進出!!



9wZdI5kjk506NEF1453862989_1453863007.jpg


先日、友好団体である国際勝共連合
大学生遊説隊UNITEの紹介をしました。

松戸は、人口48万人です。
比較的大きい都市ではありますが、
教会の規模は大きくはないので、
「来ないだろうな・・・」
そう思っていたのですが、
何と、やって来てくれました!!


勝共連合遊説隊が松戸に来るときには、
街宣車を使って西口でやるのだろうと思っていたのですが、
隊長さんが私たちの路傍伝道をご存知で、
「今日は松戸教会でいつも使っている東口のデッキで
街宣車を使わずにやろうと思います!」

東口デッキは、私たちの路傍伝道における聖地です。
その言葉に思わず、顔がほころんでしまいました(笑)

大学生4名は、みんな東大生!
スタッフを含めて、6名が演説をしました。
そして、紅一点(女子大生)が1名!

原稿なしで、一人10分くらいの演説でした。
みんな本当に上手です。

中国共産党、覇権主義の脅威、
若者たちに政治に関心を持って欲しいこと、
パートナーシップ条例の恐ろしさなど・・・
あっという間の一時間でした。

私たちはもちろん、一般の方たちも
聞き入っている人がいました。
「そうだ、そうだ」とか
「頑張れよ!」とか言っていましたね。。。
私たちの路傍演説では、出ない言葉です(笑)

しかし、中には、ちょっかいを出す人もいました。
それでも、みんなしっかりと対応していました。


遊説隊のツイッターです。
 https://twitter.com/ifvoc_unite

少しいくつかピックアップしたいと思います。


逆にウォッチャーの端くれとしては
「国際勝共連合は本当にあったんだ!」と軽く興奮している
 

Facebookで見つけて興味をもちました。
……同性婚や安保条約に対するデモなど、
なにか違和感を感じていながらも、
……もやもやするこの頃でしたが、
やはり真剣に今と向き合って、
行動していかなければとみなさんの活動をみて気づけました。


まともな若者が声をあげてくれてホッとしました。
是非精力的に活動してほしい。 
→【SEALDsにライバル登場】国際勝共連合 大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)


池袋駅前では、3人組の高校生が演説を聞いてくれ、
最後に「カッコよかった」などの感想を口々に述べてくれたのが嬉しかったな。


きよう午後巣鴨駅前で、ネクタイ、スーツ姿の若い学生の演説、
国際勝共連合の共産主義は間違っている、このままでは沖縄が危ない、
今まさに、日本のために行動するときであるをきいた、
若い垢抜けした、精々しい、若者の姿に好感をえた、



みんな一般の人の声です。
写真を見ても、多くの人の関心を集めています。

今日は、東京(八王子・立川など)
そして、明日は、神奈川(横浜・川崎など)
で演説をして、いったん終えるそうです。

九州や関西の知り合い食口からは、
「こっちにも来て欲しい」
という声がありました。

個人的には、各地にいる学生たちが
このような活動をそれぞれの地域で行い、
全国展開していけばいいのでは。。。
そのように思います。

まさに、私たちが2年前から始めた路傍伝道が
少しずつ火が点いて、まさに全国展開されている
それと同じような状況になっていくことを願うものです。

そして、大学生最大の政治組織になったら、
物凄い影響力になるのではないでしょうか。

今年の参議院選挙から投票権が
18歳以上に変更されます。
そういう意味でも
時代の最先端は、若者・学生です!


今回、他教会の伝道部長さんご夫婦が
息子さんの演説を見に来られていましたが、
こんなにも立派に成長したと感じているだろうし、
嬉しいだろうな・・・そんな風に思いました。

私も親目線で見させていただきましたが、
彼ら若き学生たちがこのように躍動する姿は
神様・御父母様にとってみれば、
私たち以上にどれほどの喜びでしょうか。。。

これからの彼らの今後の活躍を期待するとともに
私たちも変わらずに叫んでいきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする