2016年03月28日

子どもが「めんどくさい」を多発するとき?! 個性を認めて愛してほしい! 《家庭力UP↑講座》 



12794423_992415637511641_4380572209259504517_n.jpg


「個性真理体」という言葉があります。

私たち人間は、それぞれ十人十色の違いがありますが、
一人ひとりは、大切な神様から与えられた存在です。

子どもも、同じ兄弟でも、
みんな違って、みんないい、という
個性を持っています。


昨年、地区の二世部長さんが
ご自身のお子さんの証しをしていました。

家族で、学校の運動会の話題になりました。
二人の娘さんは足がとても速く、
徒競走ではいつも一番。

そして、お兄ちゃんはとても足が遅いのです。
お兄ちゃんに徒競走の順位のことを振られると
一瞬気まずい雰囲気になりました。

その時、彼は一言
「それを言っちゃあ、お終いよ」
それで、場の雰囲気が盛り上がったそうです。

二世部長さんは、「彼は凄い!」
そう思ったと言います。


保護者面談でも
先生に言われたことがありました。

「学校で男の子と女の子の間で、
とてももめたことがあり、このままだと
大変な状況になるな。。。
そんなときがありました。
その時に、〇〇君の一言で
みんな爆笑して、別の話題に代わったことがありました。
なんというか、天才的ですね」

やはり、一人一人に
個性真理体というものがあるのだと
改めて実感したそうです。


「個性真理体」について、
以前紹介した内容ですが
多田講師の家庭力アップ講座からどうぞ。


今回は、愛が子供に届く三段階について紹介します。

その第一は、愛することで「個性真理体」を確立する。
このことについて学んでみましょう。


「個性真理体」は、自分の存在を肯定する感覚を育てます。
子供の心が、安定して、何事にも前向きになるのです。

皆さんは、「個性真理体」という言葉をご存知ですね。
これは二つの言葉から構成されています。
「個性」と「真理体」です。

まず「個性」というのは、神様と私たちは、親子ですから、
親なる神様は子供に、世界にたった一つの特別な個性を与えてくださり、
その個性を愛してくださっているわけです。

ですから、「個性」というのは、私たちの
他のどこにもない「独特性」のことです。

また、「真理体」というのは、神様が私たちに与えてくださった、
誰でもが持つ、普遍的に共通するものです。


人間には、目があり、口があり、鼻が、
誰にでも同じように顔についています。
すなわち、「真理体」というわけです。

目や口や鼻の大きさや形や太さなど、同じ人はいません。
これが「個性」ということになります。

私たちは、一人ひとりが、「個性真理体」として神様が愛で育み、
認めていただいている尊い大切な神様の子女です。


また、神様は家族というものも同じように
愛と真理で育んでくださっているわけです。

子供が、「個性真理体」として認められるためには、家庭の中で、

第一に、自分はここにいるべき存在だ。と感じることが大切です。
第二に、周りの家族は、自分の存在を喜んでいてくれる、と感じることです。
第三に、自分の存在が家族に幸福をもたらしている。
第四に、私は自分が好きだという感覚を持つ。
第五に、自分を愛してくれる人がいる。という実感が大切になります。

子供がこのような内容を実感してこそ、
「個性真理体」として家庭の中に存在できるようになるのです。


しかし、現実は様々な環境の中で、
また最も大切な親子の絆が薄くなることによって、
多くに子女たちは、心が正常に、つまり素直に働かなくなってしまい、
素直さが乏しくなっているのです。

それによって、子供の口から、「めんどくさい」とか、
「疲れる」とか、「自分が好きになれない」とか、
「忘れた」とか、「苦労したくない」という言葉が
多く出てくることが見受けられます。

これは、愛の減少感を感じている結果としての表現なのです。
つまり、「個性真理体」として認められていないのです。
このような言葉を発することで子供としての
メッセージを親たちに送っているのです。


ひとつの例題を紹介します。

26歳の独身の女性に一体一で4日間、原理講義をしたことがあります。
講義をしながらいろいろと話をしましたが、
その女性の話が「めんどくさい」とか
「忘れた」とか「疲れる」との話が多いのです。
なかなか気持ちが前向きにならないのです。

3日目は、山にでも登ったらいいのではと提案してみましたが、
「疲れるから」とか、「めんどくさい」と言って受け付けてくれませんでした。

しかし本人は、仕事では、残業しても気にならないとのことでした。
どうしてなのかを聞いてみましたら、お金になるからとのことでした。
価値観が、心を中心にしたものから、
お金を中心にした考え方に変化しているのではないかと心配になりました。

それで、4日目にもう少し家庭のことを聞いてみると、
最初は、「忘れた」と言っていましたが、粘り強く聞いていくと、
実は母親がいつも妹と比較して、
「どうしてそんなに暗いのか」とか「することが遅い」
と本人に言っていたというのです。

少女の時代に、「個性真理体」として受け止めてくれる環境がなかったのです。
そして愛の減少感に敗北してしまっていたのです。

それゆえに、「めんどくさい」とか「疲れた」とか
「忘れた」ということを言っていたのです。


子供の心はとても繊細なのです。

親は、子供が「個性真理体」としての自覚ができるように、
環境を整えてあげましょう。



「個性真理体」
本当に素晴らしい言葉です。

私たちも外的な価値観
人間的な価値観で子供を見つめることなく、
神様が与えてくださった一人一人の個性を見つめ、
引き出してあげないといけないと感じます。

明日に続きます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)