2016年04月20日

目撃した父の祈り! まさに告天文!! 《お父様と海と自然3》



big_114820.jpg
摩尼山から見る西海の島々☆


尹世元(ユンセウォン)元鮮文大学校総長による証し。

お父様は、ある島の霊山の頂きで、
海と山並みの素晴らしいパノラマを眺められながら
語られ、また深い祈りを捧げられたといいます。


1983年10月、文先生を迎えて江華島(カンファド)、摩尼(マニ)山に登ったことがあります。
頂上には檀君(ダンクン)が祭壇を築き、天神に祭礼をささげたという遺跡がある所です。

摩尼山から東西南北に見える景色は、本当に美しいです。
山と海、野原と空が、本当に見事な調和を成した所です。

文先生は、「本当に我が国の一連の山は、
世界のどこにも見られない独特な美しさがある」
とおっしゃりながら、西海(黄海)を指さして絶賛されるのでした。


「あの西海の穏やかな様を見なさい。
世界のどの海がこれよりもっと穏やかで、
これより平和的であろうか?

人類歴史を見れば、海を中心として無数の争いが起こり、
興亡盛衰を繰り返したが、この西海で、一度たりとも、
争いらしい争いがあっただろうか?」



また、文先生は北の空を見上げられて祈祷をささげられるのです。


「唯物論的共産主義の輩によって呻吟する
北の地と、善良なわが同胞を解放させて、
この地に
天のお父様の創造理想である
地上天国を必ず実現する責任を果たします」


文先生の表情は深刻で、謹厳であり、声は沈んだようでありながら
細く高い声を出し、額には汗の滴が流れるのでした。

文先生は、「天のお父様に親孝行をすることのできない子供たちを正しく導いて、
天のお父様に喜びをささげられるようにします」
という固い決意を神様に告げるのでした。

いわば、告天文とでも言うべき、決意文のような
内容と形式で神様に祈祷をささげられるのでした。

私は、足ががくがく震えるのを感じました。
共に立って祈祷をささげる弟子の中には、嗚咽して泣く人もいました。

文先生は祈祷をささげられるとき、理性で語られません。
ひたすら情で訴えられ、意志で決意を表明なされ、誓われるのみです。



尹先生を通して、
お父様の切実で深刻なご心情が伝わってきます。

そのお父様の切なる思いに、
神様が働かれ、イエス様が現れました。

少年時代、猫頭山で祈っているお父様に対して、
当時、近所の子供たちは、
『龍明お兄ちゃんは、山と相撲と取っているよ』
そのように表現しました。

私たちも足りないながら、2020年に向け、
お父様の切なる祈りを少しでも相続しつつ、
霊界のお父様、地上のお母様に
喜びをお返しする歩みをしていきたいと思わされます。

不定期に続きます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)