2016年06月15日

罪ない神の独り子が、45度以上顔をあげられない生活をしたのは、なぜか?!


1476046_261581413992264_1917158837_n.jpg



日曜日の可知講師の講義で印象に残ったところが
いくつかありました。

そのうちの一つを紹介します。


お父様のみ言です。


「先生も35歳までは僕の僕たることに徹して、
自分の服を買ったこともないし、
整髪料等を付けたこともほとんどないくらいです。
その上いつも45度以上は顔を上げずに下を向いて歩いていたほど、
罪人の立場に自らを置いていました。
一人の罪人になりきっていたのです」
(1977.5.1)


「また、自然が罪なき真の人間によって
見られたいと願っている事を知りながらも、
自らの摂理的使命を成し遂げるまでは、
清き自然を見る資格も権利もない事を感じては、
大自然の前から身を隠したくなるのでした。
罪人となって歩む自分自身が、
真に罪深き者として感じられるほど、
そうなりきっていたからです」
(1977.5.1)


お父様は神の子、メシヤとしてこの地に誕生されました。
しかし、真に罪深き者として感じられるほど、
罪人になりきっておられました。
なぜでしょうか。

お父様は「神の子」ではありますが、
一人の人間です。

ですから、今まで人類が犯してきた罪、
そのことに対して、人類の代表として、
神様に申し訳ない・・・
そのような思いを持って、生活された
真のお父様であったのです。


1888711_374099329407138_7448610416216549252_n.jpg



お父様は私たちを本当に愛しておられる、
そして、神様に赦しを乞いて、
神様にお返しすることを何よりも願っておられる
そのことを感じました。
そのための基元節でありました。

そして、まったく同じ心情を
真のお母様もお持ちであり、
そのために今回、四大聖物を下賜してくださったのです。

「私たちは、過去を悔いて反省し、
自分は足りない、申し訳ないと思うのでなく、
(もちろんそういう心情も大切だけれど)
それ以上に、如何に改めていくのか、
これからどう決意して、歩んでいくのか、
そのことが重要である」
そのように教会長は語られていました。

しっかりと前を向いていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

3000名の牧師たちが、統一原理を聴いた?! 噂の原理公聴会!! 《金元弼先生》


19990614_02.jpg
1999.6.14
☆真の父母様天宙勝利祝賀宣布の日☆


金元弼(ウォンピル)先生の伝統の源流。
今回は、「実る原理公聴会」です。
(1968年から10年間の話です。)


有名な牧師の一人が、クリスチャン・アカデミーハウスというのをもっていました。
これは言論の広場、対話の広場でした。
反対する二人に対話をさせて、統一をもたらせるという
役割を使命としている人でした。

その彼が統一教会の教えを聞きました。
韓国でも非常に重要なキリスト教の指導者の一人です。
彼は統一教会に非常に興味をもちました。
それで、彼は統一教会の牧師を招待して話させたのです。
(「新興宗教研究の集い」一九六八年)


その時は、神学者、各教派の牧師たち、心霊復興師、心理学者、
社会学者、哲学者という著名な人たちを四、五十名ほど集めました。
私たちからは十名が参加しました。

最初は先生のお祈りから始まりました。
それから、亡くなった劉孝元協会長が原理講義をしました。
その後、それに対する批判が始まりました。

一回目は、それを全部聞くことにして、その次、二日目の集会には、
各章について研究委員会を設けて、
それに対する批判をするようになったのです。


ところが、一日目の原理講義で相当感動していました。
それで二回目を行ったら大変なことになると思ったのです。

いろいろな教派がありますから、お互いに教理が違うわけです。
三位一体論にしても、キリスト論にしても、
復活論、予定論でも全部違った教義があるわけです。

統一原理は、カルビン派の方から見れば、この部分が自分たちと合うといい、
メソジスト派では、予定論が私たちと同じであるというように、
色々の部分がそうなっているのです。

ですから二回目はできませんでした。
そして私たちは、「教会の門を開けています。
いつでも来て、聞いてください」と言いました。
一方彼らは、私たちに戸を開けないと言ったのです。

私たちは提議しました。
「あなたたちが私たちの教会へ来て説教してください。
そして私たちは、あなた方の教会へ行って説教しましょう。
また、私たちの教会の人を全員、
あなたの教会へ連れて行って聞かせましょう。
そしてあなた方のメンバーを全員、
私たちの教会に連れて来て聞かせましょう」と伝えました。

しかし、彼らはそれをしませんでした。


それで私たちは、全国に広がっているキリスト教会の信徒や牧師を選んで、
徐々に招待して原理公聴会を始めたのです。

最初のうちは、牧師たちがこっそり来ました。
そして、聞いてみたら素晴らしいのです。

公聴会の後には、その人たちが全員、所感文を書くのです。
それを見ると、聞いていたうわさと違いますとか、
こういう面に感動しましたとか、ここは私の考えとちょっと違いますとか、
そういうことが書いてありました。

十年の間に、約三〇〇〇名の牧師たちが原理公聴会につながっています。


ところが、ある人たちは、統一教会に来たことが知られてしまいました。
そして長老会なら長老会の総会で、統一教会へ行ったから除名するというふうに、
最初のうちは除名された人もいました。

しかし、どんどんどんどんと数が増えて、一人だったら切っていたのですが、
十名、二十名になると切るわけにはいかなくなりました。

さらに今度は、総会の幹部の人たちが来始めました。
幹部が五名だったらそのうち三名が私たちに賛同しているのですから、
総会にその人たちのことを提議しようとしても、
多数決では三人が拒んでしまいますから成立しないのです。

次に来た人たちは、年は取っているけれども、一番の責任者たちでした。
ですから、もう統一教会へ行ったからといって、
牧師が追い出されるようなことはないのです。
そのメンバーの中には、神父やカソリックの聖書学教授も入っているのです。

今までは、私たちの原理講師が牧師に全部講義したのですけれども、
今は牧師たちを中心とする原理研究会をつくりました。
その人たちが牧師を伝道して原理講義をします。

そして今は牧師グループ、長老グループ、女性伝道師グループ、
キリスト教の青年部グループ、この四つのグループがあります。



原理公聴会に3000人がつながった。。。
主の路程で、その部分を話すことがあっても、
具体的な状況は分からなかったのですが、
しかし今回、ハッキリと知ることができました。

このとき、さらに深く、原理を理解し、
統一教会(現:家庭連合)と関係を持つ、牧師たちが増えれば
今以上の基盤ができていたでしょうに、
実際には難しかったのだろうと思います。
また、受け入れる側の問題もあったのかも知れません。

今はすでにその時の3000名も年を重ねられ、
霊界に行かれた方々もおられることでしょう。
宗教統一も地上だけでなく、霊界でも成される時となりました。

10年で3000名が原理を聞いた、その頃以上に
短い期間でもっと大きなペンテコステが起きるときでしょう。
今のこの時も、多くの人や大きな人を受け入れる私たちの側の問題は
大きいと思います。

今、霊界においては、お父様を中心に
全面的協助体制の中にあることでしょう。
あとは地上の私たちが過去以上の決意を持って
実践すれば、実りを迎えていくに違いないと思うのです。




応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

2016年06月13日

涙ながらの真のお母様の祈祷!! 《天一国原聖物伝授式 真の父母様祝祷》



図1.png


昨日は、日曜日でしたが、
「天一国4大聖物伝授及び聖酒式」のための一日特別教育
を行いました。
全国的にも多くの教会で行われたことと思います。

最初に徳野会長のみ言がありましたが、
その中で、お母様の祝祷が流れました。
お母様の涙ながらの祈りに対し、
多くの方が涙ぐんでいました。

その祈祷を紹介します。



天一国原聖物伝授式 真の父母様祝祷

天暦4年3月15日 (16.04.21)

敬愛してやまない天の父母様!

あなた様は御自身の夢を実現するために
天地万物を創造され、
人間先祖となることができるアダムとエバを創造されました。

あなた様の創造の原則が人間とひとつになっていたので、
アダムとエバが責任を果たし天の父母様に侍る立場で
人類の始祖になっていれば、
今日のこのような現象は起きなかったはずでした。

しかしながらアダムとエバの堕落により、
天は6千年という悠久なる歳月である
恨と悲しみの歴史路程の中で、
それでも本来創造された理想がございましたので、
人間先祖が出てきて
あなた様を解放して差し上げることの出来る
その一日を待ちこがれながら、忍耐して来られました。

6千年を経た1960年にあなた様が探し立てられた
独り子・独り娘により
真の父母様の名前が地上に誕生しました。

しかし2000年の間準備して来られたキリスト教の基盤が、
その環境と垣根になってくれることが出来なかった
現実に対して、最低の立場から踏み上がって来た
8段階路程を通じて、
真の父母様の切なくて事情の多い日々がありましたけれども、
それでも真の父母様は
祝福子女たちをたくさん輩出いたしました。

しかしサタンの勢力圏内にいるこの祝福子女たちの信仰が、
父母様を中心として絶対信仰、絶対愛、絶対服従で、
父母様と一つになった立場で繁殖して
行かなければならない責任があったにもかかわらず、
その責任を果たすことよりも、まず先に自分自身のことを考え、
環境に揺れる信仰生活をしている子女を見る
真の父母様の心は、あまりにも切ないものでした。

天の父母様、もう一度矜恤(きょうじゅつ 哀れみ恵む)の恩賜を、
真の父母様の望みを奉じる祝福子女たちとなることができる
祖国圏を立てて、
真の家庭としての影のない正午定着となった信仰基準から、
新たに立てて下さった天一国の真の民として、
その使命と責任を果たす祝福子女たちとなり、
天の父母様が願われ、
真の父母様が73億人類を抱こうとするその事情の前に、
責任を完遂することができる統一の子女として
生まれかわることのできるその立場を祝福するために、
もう一度真の父母様の名前で、
天の父母様に矜恤のこの聖物を通じて
新しく誕生し永遠なる本郷苑に行くことができる、
影のない、サタン圏内のわずかな痕跡もない、
そのような姿で本郷の地へ行くことができる、
最後の真の子女の姿になることができる、
祝福の恩賜を下さるこの聖物であることは、
全世界統一家の子女たちは
天の父母様に喜びながら感謝を捧げ、
最後の最善を尽くすことができ、
誇らしい歴史に残ることのできるあなた様の子女を、
73億人類を、
真の父母様の懐に抱かれるようにして上げることのできる
責任を果たす子女たちになることができるように、
もう一度矜恤の救いを施して下さることを、
真の父母様の名前で祝願申し上げます。

アーヂュ。





この『矜恤』という言葉、
普段聞きなれない、あまり使わない言葉ですね。

ブログ『先祖と霊界』の
文鮮明先生は人類の真の父母さんが、以下のように書かれていました。


矜恤(きょうじゅつ)の意味は、「あわれみめぐむこと」と記載されている。
真のお母様は、全祝福家庭にもう一度、矜恤の恩賜を差し伸べることを祈願され、
真の家庭として影のない正午定着した天一国の民の姿になることを願われている。

祈祷文の中に、3回「矜恤」という言葉が出てくる。

内村鑑三は、「聖書の読み方」の中で「矜恤」を数度使っている。
矜恤ある者は福なり、
・・・・神・イエスキリストは、矜恤の方である。
我々もそのようになれば、福が来るという意味なのであろうか?



神様に、私たちの足りなさに許しを請いながら、
再び、私たちを天に連結させてくださろうとする真の父母様。。。
その恩に感謝し、報いる歩みをしていかないといけない、
そのことをただただ思わされるのです。



応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする