2016年08月31日

「愛の減少感」を軽く越える、その方法とは?!  《小室先生の信仰の話》


19670701shiroyama.jpg


誰かとつい比べてしまい、
落ち込んだり、イラついたり、
恨みや妬みに発展したり、
認められたい、愛されたい、
ほしい、ほしい、足りない、足りない…

大きな試練ともなり、
つまづきの元ともなるそれは、
「愛の減少感」という
最初は些細だけど、
ちょっと厄介なもの──


「愛の減少感」は、天使長ルーシェルが
神様から離れるようになってしまった出発、動機となり、
この課題は、サタンの血統を相続した
全人類の共通の課題です。

以前、証しで紹介した小室先生が
この課題を克服するために
真剣に取り組んでこられました。

それが、「毎日の『感謝祈祷』の実践」だそうです。
紹介します。


信仰生活の中で、私は愛の減少感を感じることが多くありました。
信仰問題で悩んでも、だれにも相談することができませんでした。

そのような中で、真のお父様はどのようにして
天使長ルーシェルを屈伏させたのかを考えました。


天使長ルーシェルが失敗したのは、愛の減少感です。

ですから天使長ルーシェルと同じ程度の愛の減少感を感じたとき、
その愛の減少感を乗り越えることができれば、
天使長ルーシェルを屈伏させることができるのではないかと思ったのです。

そしてどのようにすれば、愛の減少感を
乗り越えることができるのかということを考えた結論が
「感謝祈祷」でした。


一日が終わる前に、どんな小さなことでも四十、
感謝すべきことを挙げて、感謝の祈りをささげるようにしたのです。

十ほど感謝することを挙げるのであれば、それほど難しくないのですが、
四十、挙げることは、簡単ではありません。

でも、毎日、四十の感謝の祈りをささげることを通して、
愛の減少感を乗り越えることができるようになったのです。

この感謝祈祷は、愛の減少感を克服するだけではなく、
霊界に行くための準備としても大切なことであると思って
今も毎日、実践しています。




『四十の感謝の祈り』
本当に簡単ではないですね。。。
通常でも40個を探すのも大変だと思いますが、
何か、感謝できないことがある時には、
全てが感謝できなくなってしまいます。
しかし、それでも感謝の祈りを捧げたら、
感謝できないことが小さなことのように
思えるのだと思います。

お母様が「2つの偉大なみ言葉」を残されています。
それが
「愛しています」
「感謝します」
この二つです。
「これが分かれば、原理の全体が分かる」
そのようにも語られるのです。

真のお母様は、ご聖婚当時、
また、それ以降も多くの試練にあってこられました。
しかし、それを克服してこられました。
お母様の根本には、
どんな状況にあっても、
「感謝します」
この精神があるのだと思います。

お母様の次元に到達するのは、
とても大変なことだと思いますが、
それでも小室先生のように、
感謝祈祷の実践をして、
愛の減少感の克服をしていきたいと思います。


にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭のマークもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

私たちにかかっている! 一人が百人の役割を!! 《真のお母様のみ言 8.20》


20160820_02_01.jpg


世の中が
混沌とすればするほど、
本心は全なる方向に動く



8月20日(天暦7.18)、天正宮博物館において
鮮鶴歴史編纂院奉献式に続いて
「聖和祝祭祝勝会および鮮鶴歴史編纂院奉献記念午餐会」が、
世界の指導者約400人が参加する中で、行われたということです。

世界の摂理現場で40年以上苦労してきた宣教師への表彰の後、
真のお母様が語られたみ言(一部)を紹介します。


きょう、私が鮮鶴歴史編纂院を、その建物を
天の前に奉献しながら、
私たちが一つとならなければならないと言いました。

全ての機関、どんな企業であれ、
一つの目的に向かって進んで行かなければなりません。
その目的の中心には、真の父母様がいらっしゃいます。

驚くべきことに、世の中が混沌とすればするほど、
本心は善なる方向に、
心が行く方に動くようになっています。

そのため、私たちが行う運動に、
世界の民が同参しているのです。

私たち祝福家庭は、真の父母様を誇り、
世の中に知らせなければなりません。

皆さん一人が、百名以上の役割をするようになる時、
国家復帰、世界復帰は、遠くはありません。

言い換えれば、皆さんの行いにかかっています。
決死的な覚悟で努力しなければなりません。



20160820_02_08.jpg




一つになるということ、
そこに勝利の鍵があると思います。

聖和4周年以降、
さらに私たちにスポットライトが当てられているといいます。
教会長はそれを肌身で実感する、と言っておられました。
だからこそ、私たちは、正午定着の姿、
本心に負債のない、影のない、私にならないといけないと感じます。
お母様が私たちにそのことを訴えかけておられるのです。

応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)












posted by ten1ko2 at 08:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

お父様に贈る最高の愛は、お母様への愛!! 《聖和4周年 文善進世界会長のみ言》 後編


14022265_1171154406279039_7515407474011119830_n.jpg


一つの世界家族として
すべての所に
神様の愛の光と
電流が流れるようにしましょう



聖和4周年 文善進世界会長のみ言。
昨日の続きになります。


真のお父様聖和以後、今までの4年間、
真のお母様は真のお父様の夢を成就して差し上げるために、
休みなく活動して来られました。

今まで真のお母様は、
神様の下 人類一家族、天一国の実現に向かって、
一人きりで私たち統一家を導いて来られたのです。

それはこれ以上ただの夢ではありません。
栄光の現実として現われています。

私たちは毎日、全世界から伝わって来る
勝利の消息を確認しています!
去る数十年間撒いて来た種子が、
これから結実を結んで来ているのです。



ここ清平で真のお母様は、
真のお父様の真の愛と恩賜と平和の驚くべき遺産を
保存され、永遠性を付与しておられます。

そしてこの地に天の父母様の真の園を作られ、
神聖な地上楽園を造成していらっしゃいます。

この園の中心に天地鮮鶴苑とHJ修錬苑が
作られるようになるでしょうし、ここで
全世界の人々が天の父母様の復帰された子女として、
生まれ変わって祝福を受け、
真実のオリーブの木に接ぎ木をされるようになるでしょう。



1960年のご聖婚当時、真のお父様と真のお母様は
永遠なパートナー関係を結びました。
夫婦としてともに過ごした52年の歳月により、
全人類が祝福を受けることができる道を
開いて下さいました。

絶対的に一つになって勝利された夫婦として、
お二人は永遠な真の父母の任務を果たされ、
全世界に祝福と、み言、そして
私達が歩むべき真の道を(与えて)くださることで、
真の家庭を成すことができるようにされました。



今日私たちが真のお父様に捧げることができる
最高の賛辞は、真のお父様の基盤の上に
まっすぐに立てるために絶対献身して、
真のお母様を中心としてお互いに団結し、
訓読会を通じて毎日精誠を捧げる生活をされた
お父様を模範として、絶対的な孝子の心情で
この世を天の天一国圏に復帰するために
毎日努力することです。

そのように出来ますか?
はい!ありがとうございます!



今からは短い真のお父様の訓読のみ言をもって、
今日の私の記念の辞を終えたいと思います。

天聖経12編3章4節、「心情と心情文化世界」に出ている、
このみ言によく耳を傾けて下さい。



心情は心の情を言います。
心の情のある所はどこでも心情圏に属するというのです。

神様が人間を作られたので、神様の心情の流れが
すでにそこへ内的に繋がっています。

神様の愛の電気が通じる心情圏です。
心情圏に対する体術は、その電気を
「アイゴー!」と言って感じるのです。
心情体術はどれだけ強いのかを感じるのです。
良いかどうかを感じるのです。

心情圏というのは、
すべてのものが通じることができる内容を持っています。
この心情圏に属しないものがないという話は、どこでも
心情的電気が通じることが出来るということなのです。

(112-013、1981.03.15)


真の父母様が私たちに教えて下さったすべての内容が、
全人類と万物に対する
このような真の愛と心情文化を示しています。
それが天の父母様の本質であり、すべての生命のための
平和、統一、調和として行く唯一の道なのです。

私たちが毎瞬間をこのような真なる心情で生きて行けば、
すべてのものが復帰されて、
神様に返して差し上げることができます。
この永遠な心情の関係を通じてのみ、
神様の下人類一家族を実現することができ、
この世の中に完全な平和と自由を成すことが出来るのです。



私の一番深い願いは、私たち皆が一つになって、
今日そして毎日、一つの世界家族として
「すべての所に神様の愛の光と電流が流れるようにしよう」
と言うことです。

私たちの心の中に真の愛を抱いて生きて行けば、
天の父母様と真の父母様が
私たちの中にいらっしゃることができます。

真のお父様のみ言を、もう一節訓読いたします。



天一国経典天聖経 8編 2章 2節 17

心の力の源泉は愛です。

だから心が授け受けして生ずる爆発的な力を、
神様に連結さえさせれば、
それは何倍、何百倍、何千倍も統一することができ、
世界万民が待ちこがれた願いを成就することができ、
永遠にともに生きることができると同時に、
天国も私のものに作ることができます。

その秘訣がまさに愛です。
愛は統一に向けて上がるエレベーターであり、
統一を成すことができる絶対的な秘訣なのです。



アヂュ!?

皆さんも、いつも愛を選択することを願います!



14068625_1171154219612391_2890666034440223130_o.jpg


一部日本語として分かりやすいように
編集しています。
文責:te1ko2


善進様のみ言を訓読しながら、
真のお父様を近く感じ、
慕わしい心情になりました。

それは、善進様が真のお父様を
心から慕っているからだと思います。

そして、真のお母様が
どれほど、お父様を恋しく思い、
お父様の願いに応えたいと
どれだけ切実に、深刻に思っているでしょうか。。。

ですから、私たちは
真のお母様と一つになることを通して、
お父様に侍り、お父様を証することができると思うのです。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする