2016年08月19日

今日、聖和4周年!! 「オンマ、ありがとう!よろしく頼む!」  《聖和前のご様子とみ言》 


14034931_10205004976122527_7525714349154129795_n.jpg




今日は真のお父様聖和4周年です。
以前も投稿したことがありますが(⤴)、
真のお父様聖和に関して、
その直前のご心境、状況を紹介します。

(可知講師がまとめてくださっているものを
編集しています)


真の御父様が南北統一をなしてから墓参りをして、
聖和したいという夢を捨ててまでも基元節の前に
聖和しなければならなかった理由とは何であったのでしょうか。


「神様が保護する事のできる理想の国で
死ぬべきではないのか?

私がそのように生きていく事ができなければ、
私の生涯は悲惨な生涯ではないだろうか?

だから死ぬ前にその国を取り戻して、
一日でもいいからそこで暮らしてから逝かなければならない」

というのが私の一生の願いです

(2003.2.5)


しかし、「基元節」までに勝利の結果をもたらすことを神様との間に約束しながら、
祝福中心家庭が子女の使命を果たすことができず、
真の父母様の苦脳の日々が続きました。


2011年11月28日に真の御父様は済州島を一周されて、
その夜に寝ることができず、29日の午前3時ごろ、
済州島の責任者たちを呼ばれて、結果が出ていないことに対し叱られました。

訓読会では泣かれながら、話すこともできない状態となり、
食堂に向かうときには号泣しておられました。

そして巨文島に向かうヘリ機の中で
「統一教会をもう一度やり直したい」と言われ、泣き続けられたのです。


2012年に入り、真の御父様は、訓読会で泣かれることが多くなりました。

劉正玉先生が次のように語られています。

「その場に行ってみたら、ご自身に従ってきた者の中で
資格を持った者が誰もいなかった。

父母様は一生を血を流してサタンからの攻撃を防いできたのに、
連れて行くことができる人がいないので、
どれほど胸がつまることでしょうか。

ですから最近の御父様を見てください。
今まで個人的に涙を流すのを見たことがありません。

祈祷するときには、本当にあふるる涙を流すことはありました。
御言を語りながら涙を流すことはほとんどありませんでした。

しかし最近は御言を語りながら、喉がつまって御言を語れない時が多く、
その姿を見せまいとしている姿、そうやって生きておられる父母様です。」

(「原理本体論30日特別教育」2012.7.27)


弟子たちがいかに愚かなものたちだからと言って、
統一教会を滅ぼして、もう一度初めからやり直す事はできません。

そこで弟子たちに心底から自覚させ、決意させ、勝利させるために、
親にとって最後に残された選択の道は一つしかありませんでした。


“親の心、子知らず”という言葉があります。
また「親を養わんと欲すれば、親いまさず」
(親に尽くし得なかったことを、今してあげたいと思っても、
親はもうこの世にいない)(『小学』外篇)という言葉があります。


御言にも重要なみ言があります。


自分たちを育てておいて霊界に行った父母を考えるとき、
一生の間信じることができずに親不孝した、
その親不孝に対する悔い改めの心を
忘れることができないのです。

(2006.1.1)

親が子のために生きてあらゆることを教えても子が悟らなければ、
親が自らを祭物にし、その死によって悔い改めさせ、
子に悟らせて勝利させるしかない、と。


真の御父様は2012年4月27日の天正宮の訓読会で、
以下のように指示されました。

このままでは誰一人、『基元節』に
天の前へ連れて入ることのできる人がいない。

全員が40日断食をしてでも、これまでの歩みを反省し、
悔い改めて、30日原理本体論特別教育に参加し、
氏族的メシヤを勝利して『基元節』を迎えなければならない。

過去のすべての事は問わない。



その後、自らの肉身を祭物とするかのように、
真の御父様は、御自身を極限に追いやるような日々を続けていかれました。

訓読会が延々と続き、食事もとらず、
時には9時間、13時間半と続きました。


真のお母様も、後日、次のように語っておられます。


お父様は元来とても健康なお体でお生まれになられたため、
管理だけでもしっかりされれば
もっと長く生きることが出来たのですが、
最近数年間は一日を千年の如く感じられると語られながら
大変お忙しく動かれました。

…ある時は私の身体の調子が悪くて、
ついて行くことが出来ませんとお伝えしたこともあります。
そうしたらご自身お一人で行かれると言われました。

…そのように無理をする生活を継続して来られました。 

(2012.9.23)


真の御父様は風邪をこじらせて肺炎となり、
かなり咳きこんでおられたため、真のお母様の説得によって、
2012年8月3日に江南のカトリック大学聖母病院に入院されました。

しかし真の御父様は、「何も出来ないここは牢獄だ!」と言われるので、
静かに静養して動かない事を条件に、12日ごろ、
真のお母様が真の御父様を天正宮に戻されました。
しかしその車の中で「今から巨文島に行かなければならない」
「飛行機はどこだ!」等、叫んでおられました。


お母様のみ言です。


8月13日は太陽の日差しが非常に強かったのです。

にも拘らずその痛いほどの日差しを受けられながらも、
一抱えではきかないほどの大きな酸素ボンベを持って
回らなければならない立場であることを御存知でありながら、
しきりに見て回るとおっしゃったのです。

・・そして私の手を掴み
「オンマ、ありがとう!オンマ、よろしく頼む!」
とも語られました。

このようにされたのは何を意味するのでしょうか?

時々御言の中で
「私は行く時になった。私が行く時を知っている」など、
このようなみ言を数多く語られたのですが、
最後にそのような準備をされた期間であったことは
間違いありませんでした。

…少し休んで下さいとお勧めすると
「オンマの膝で横になりたい」と言われながら、
うたた寝をされたりもしました。
健康であられた時は一度もされなかったそのような行動を、
近頃はたくさんされました。

一生涯を通じて誰よりも強く生きてこられたお父様でしたが、
お体が大変になられてからは
供がお母さんを必要として頼ってくるように、
いつも私の側に近くにいたいと言われました



天正宮に戻られても、真の御父様は無理をされ、
再び悪化したため清心病院を経て聖母病院に再び移られました。
病院では治療に苦痛が伴うため、睡眠治療を続けておられましたが、
進展が見られず、環境が整っている清心病院に移動されました。

そして、9月3日、お母様、子女様たちに看取られながら
静かに聖和されていかれました。



もうすぐ、インターネット中継が始まります。
式典が行われる清心平和ワールドセンターに
ともにいるような思いをもって、参加したいと思います。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

うちの子が、お孫様の相対に選ばれるカモ?! 3代目以降は世界の2世圏から!  《父母のための2世祝福講座》5


20140722_0626 2.jpg


二世祝福父母講座。
今回は、『真の家庭の相対圏』です。



真の家庭の相対圏
〜世界の二世が聖婚候補に〜

以前、韓国の二世祝福担当者の携帯電話に、
お孫様の祝福の件で、子女様から直接、
連絡がかかってきたことがありました。

「準備された二世はいますか」という質問に、
彼は、またどこか一般家庭の母親が、
「いい人を紹介してください」といった旨の連絡をしてきたと思ったようで、
「お母さん、そうしたご相談をする前に、
まずお子さんを修練会に送ってください!」と答えたといいます。

その直後、事実を聞かされた彼が、
「顔から火が出る思い」を経験したことは言うまでもありません。


しかし、そんなエピソードも、今後は韓国だけの話ではなくなるのでしょう。
かつて子女様の時代においては、
相対者は必ず韓国の二世の中から立てられてきました。

それは何よりも、韓国の伝統と文化に根ざした
「真の家庭の伝統」を確立するためだったと言えます。

しかし、一方で、「三代目のお孫様からは世界の二世圏が対象になる」
とも言われてきました。


これが現実となったのが、2006年8月に行われた
「真の家庭聖婚祝福」です。

信淑様の約婚を皮切りに、
信一様、信福様、信元様の約婚が矢継ぎ早に決まり、
計4組の聖婚祝福式が行われましたが、
この4組のうち3組のお孫様の聖婚候補に、
「日本の祝福家庭の子女」が選ばれたのです。


そもそも子女様の祝福がなされる度に、
その基台として行われてきたものが二世の祝福でした。

すなわち、二世祝福とは「二世のための祝福」である以前に、
「真の子女様の祝福の基台」であったと言えます。

また、「天一国祝福」として、真の父母様が
純潔な二世たちを集められたのも、振り返ってみれば、
ひとえに、お孫様の相対圏を探し立てるための基台だったのです。


こうしてみる時、私たちは二世祝福や二世教育というものを、
より「公的な観点」で見つめ直さなければならないでしょう。

二世たちを「真の家庭の相対圏」として育み、備えさせていくこと……、
それが子女教育の核心であり、二世祝福教育の中心に据えるべき課題なのです! 

現在、お孫様の数は40人を超えています。
その相対圏が、他ならぬ、私たち
「祝福家庭」の中から育まれてこなければならないのです。


ご長男を聖婚祝福に送りながら、
父親の大塚克己先生はこう語られました。

「天から授かった子女として育ててきたが、
こんな日が来ると分かっていたなら、もっと手をかけ、
思いをかけてやれたに違いない。足りないことも多かった……」


もう一度、子女たちを「天から授かった子女」として、
また、「いつか天に捧げる子女」として見つめ直しましょう。

「二世祝福に備える」とは、すなわち、
「真の家庭の相対圏を備える」ということなのです。



20140722_5.jpg



『真のご家庭の相対圏を備える』・・・
子供たちをそのような目で見ているかな、
まだまだ足りないと思わざるを得ません。

『私の子供』ではなく、
『公的な子女を育てさせていただいている』
そのような思いを持つことが重要だと思います。

私自身も課題ではありますが。。。
そのためにも『私』を公的に見つめつつ、
子女を公的に見つめることが必要なのかな、と感じます。

不定期に続きます。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



2016年08月17日

(証し) サラリーマン46年、その後の享楽生活を救ってくれた神様?!


14064239_1168702826524197_5081761406837885701_n.jpg


今日は他教会ですが、
伝道の証しを紹介します。


私が家庭連合にお世話になってから1年8か月余りになります。

家庭連合がどんなところかよく分からないまま半年余りが過ぎましたが、
継続して学ぶなかで神様や真の父母様のことを少しずつ理解していきました。

かつての私は、目に見えないものを信じることなど全くできず、
宗教についても深く考えたこともありませんでした。
しかし、伝道所で3名の先生による講義を聞くうちに、
だんだんと目に見えないものを信じることの大切さに気付いていきました。

人間は、困ったときになると神様にお願いします。
しかし、助かると神様を忘れてしまいます。

サラリーマン生活を46年やってきた私も、
そのような勝手な人間でしたが、ここで学び、
神様の世界に大変驚いたのです。


私もかつて神様にお願いしたことがあります。
会社を定年退職後、4年余り働いていましたが、
忘れもしない4月の第1金曜日、
私にとっては悪夢の始まりでした。

昼食中に、テーブルが左右に揺れたのです。
私が驚いた様子でいると同僚から「どうしたの?」と聞かれました。
「地震かと思った」と言うと、
「揺れなど何もなかった」と言うのです。
私はビックリしました。

そのときは1分余りの出来事でした。
しかしその日の18時頃になると、強いめまいがして、
近くの病院に同僚が連れて行ってくれました。

ところが金曜日のため一部の先生しかおらず、
とりあえず入院することになりました。
月曜日に先生が来られ、検査入院となりました。
2、3 日経ち、脳のレントゲンを検査したところ、
脳に影があるのがわかり、脳梗塞と診断。
手術が必要だと告げられました。


私は目の前が真っ暗になりました。
そして検査入院から2 か月余り経った手術の前日、
先生から痛恨の一言が告げられたのです。

「手術に成功しても、後遺症が残る可能性がある」
私は涙が止まりませんでした。

その日の夜、5階の個人病室で窓を開けると、星がとても綺麗でした。
私は星空に向かって思わず「神様助けて下さい!」
と叫んだことを昨日のことのように覚えています。

5ヶ月余り入院した8月、幸い後遺症も残らず、
無事に退院することができました。


しかし会社に出勤の話をしたところ、
私の座る席はもうありませんでした。
退職させられていたのです。

それから私の人生の歯車が狂いはじめました。

私の身体を神様に助けてもらったことも忘れ、
毎日毎日ギャンブルと酒に狂い、今思えばその時、
教会の隣の道を通りながらギャンブル場に毎日通っていました。
勝っては祝い酒、負けてはやけ酒と
5~6年はそんな享楽生活に耽っていました。


ある日は同窓会もあり、二次会でカラオケに行くと、
歌の楽しさにその店の常連となりました。

そんなある日、6月の暑い日でした。
いつものようにカラオケに行き、
歌の合間に店の外で煙草を吸っていたところ、
店の向かい側でお花に水をあげている霊の親と出会いました。

思えば、これは神様が結んでくださった縁だと思います。
私は、彼女の勧めで心の書写を始めるようになり、
毎朝、書写と運動をするようになりました。

今までは、朝は9時や10時に起きるなど、
気の向くままの目標も何もない生活でしたが、
書写を始めてからは、朝の食事がとてもおいしく感じられ、
毎日が楽しくて楽しくて、書写の楽しさに
月日の経つのをとても早く感じるようになりました。

そして、私の嗜好であるギャンブルとお酒は1年前にやめ、
煙草も今では1/3 にまで減らすことができました。

継続は力なり。
私の人生を救ってくれた神様、ありがとうございました。



この方の人生を救ってくださったのは、神様ですが、
そのきっかけになったのは、霊の親です。
絶望の中で、出会ったというのは、
おそらく、霊の親の方に、大きな精誠条件が
とてもあったのだと思います。

いよいよ、あさっては、
真のお父様の聖和4周年になります。

聖酒式の恩恵など、受けるばかりで
本当に申し訳ないばかりですが、
「継続は力なり」
日々の精誠を捧げていきたいと思います。。。



応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)