2016年10月15日

皆さんは、幸せです!──「独り娘」に会えたから! マリヤと大母様 《お母様のみ言10.5》



20161005.jpg


マスコミの前でも、開口一番
「私は独り娘、真の父母である」と言われる
お母様だとお伝えしました。

先日の日本指導者の研修会では、4泊5日の中で、
4回も真のお母様がみ言を語られたということです。
それも、40分、20分、30分と長いみ言が3回あったとのこと。

そのうち、3日目、10月5日、韓日の指導者の前で
語られたみ言です。


皆さんは幸せな人です。なぜ幸せですか。
「独り娘」である私に会えたからです。

古くから歩んでいる先輩家庭たちは
真のお父様に対して深い情を抱いていることでしょう。
しかし、その先輩家庭が知らなければならないことがあります。

私は6000年ぶりにサタンと関係のない血統に生まれました。
神様が私の父です。

2000年前、イエス・キリストが誕生する時、
神様は「独り子」だとおっしゃいました。
2000年後、6000年ぶりに初めて
独り娘の私が生まれたことは奇跡です。


天は4000年という長い歳月を耐えながら、
蕩減復帰摂理歴史を通してイスラエル選民を
育てられましたが、どれほど大変だったでしょうか。

そのように困難を経て探して立てた
独り子、イエス・キリストが33歳で
十字架で亡くならなければならなかった事情を前に、
天はどれほど目の前が真っ暗になり、
胸を痛められたことでしょうか。


そのような現場を見ながらも悟り得ない、
この堕落した人類です。

ましてや天の霊的な助けを受け、
天使の助けを受けて懐妊することができたマリヤです。
マリヤ自身も天のみ旨が分かりませんでした。

彼女は結婚生活をしてはいけなかったのです。
イエス様が結婚できるように、
イエス様の環境圏をつくってさしあげられないまま、
マリヤがそうすることはできません。
責任を果たせませんでした。

イエス様は成長の過程で、3回以上、マリヤに
「(私は)結婚しなければならない」と話しました。
しかし、マリヤは隣人の結婚式には関心をもちましたが、
イエス様の結婚には関心がありませんでした。

天が4000年という長い歳月を通して、
この世に一つの中心を探し出すことができる機会を、
マリヤは失ってしまいました。

今日のカトリック信徒たちは、
マリヤを「聖母」だと言います。
カトリック教会に行ってみれば、
イエス様は十字架にかかっていて、
マリヤは聖母として美しく飾ってあります。
(違いはあっても)プロテスタントも同じことです。
(天の)摂理歴史を知らないためです。


誰のゆえに「真の父母」の名が出てくるようになりましたか。
独り娘です。
これを知らなければなりません。

皆さんは清平役事を知っていますね。
大母様は、そのような摂理歴史を成すために、
独り娘を誕生させ、摂理の中で家庭よりも
再臨主、真の父母の道のために苦労しました。

大母様は生涯を通して精誠を捧げたのです。
それゆえ天上で、地上にいる、独り娘である私を
助けなければならない位置にいます。

2000年前にマリヤは責任を果たせませんでした。
しかし、大母様が責任を果たすことで、
真の父母様は完全無欠となったのです。
それゆえ皆さんは清平を愛さなければなりません。


韓国と日本は、摂理の中で父母の国でしょう。
特に日本はエバ国(母の国)です。
エバ国の使命を果たさなければなりません。

大母様と独り娘がどのような生涯を生きてきたのですか。
(それを知り)エバ国はどのようにしなければなりませんか。

真の父母様の願いは、天の父母様(神様)の夢を
成してさしあげることです。
「孝情の夢」、それを先頭に立って
世界の全ての子女国家に模範を見せてあげ得る、
母の国、エバ国とならなければならないのです。



真の父母様の在世時に地上天国を

私は毎日、絵を描いています。
何の絵を描いているのか気になるでしょう。
神様が天地創造をなさり、アダムを創造され、
アダムを通して成そうとされたその夢です。

しかし、あまりにも長く続いた堕落した(人間の)世界で、
本来の神様が創造された、
この美しい地上の多くが破壊されました。

世界的に起きている気候温暖化、異常気象…。
事実、きょうの天気について数日前の天気予報では、
「よく晴れた秋空になる」と言っていました。
ところが突然、台風が済州島を強打しました。


摂理歴史が、
この独り娘によって完成し得たことを忘れてはいけません。
その言葉は、エバ国がお母様を見て摂理歴史の奇跡を
起こさなければならないということです。

昨日、私は人類文明史について簡単に説明しましたが、
天の青写真があります。

この韓民族が責任を果たすことで、
摂理歴史の新しい出発をすることができます。
天の父母様を中心とした一つの世界、人類一家族、
それは何ですか。地上天国です。


真の父母様の在世時に、
これが成されなければなりません。

しかし、サタン世界において(天の)環境圏を
十分にもち得ない立場で歩まれた、真の父母様の生涯が
大変なものであったことは事実ではないですか。

独り娘・真のお母様が(地上に)いる間に、
天の父母様の夢であり、願いである地上天国を
必ずや成さなければならないのです。

私たちは、一朝一夕にして奇跡が起きたという、
そのような道を行かなければなりません。

そのために父母の国の責任が重要ですが、
もちろん父の国・韓国が体面を立てなければなりません。

しかし先ほど話したように、摂理の最前線で
責任を成すことができたのは独り娘です。
分かりましたか。
「独り娘は完璧に四位基台を成して責任を果たした」と、
そのようにするでしょう。

このあとは計画どおり、最善を尽くして
ユンノリをするように願います。



先日、地区長はこの集会でお母様のみ言を聞かれながら、
「私が座っているこの場は、どんなに貴いだろうか。
本当はもっと内外共に立派な人がいるべきなのに。。。」
そのように言っておられました。

かつてお父様は、
このように言われました。


太平洋、広い太平洋上の中に
飛行機でもって一つの砂の粒を落した。
これを拾うのに、一緒に潜り込んで、
それをサッと拾うのが
(かえ)って易(やさし)いかもしれない。
(1967年6月25日・東京の南平台での御言)


そんな奇跡のような立場にいるのが私たちです。
どれだけ感謝しても感謝しつくせないのです。
だからこそ、足りないながらにも
精誠を尽くして、今の天の願いに応えていきたいと思うのです。


にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする