2016年10月28日

(証し) 地域伝道10年! 食口の両親が祝福へ!! 神様の喜びがここにある!!!



19821014c.jpg


訪問伝道を通して、
食口のご両親を祝福に導いた証しです。


伝道任地で歩み続けて10年、食口の両親を祝福に導く

私は自宅の近所を伝道任地として決めて歩んでから10年位になります。
伝道は主にハガキ配布、自叙伝、書写などを通じて行い、
合間を見て1〜2時間歩む時もあれば、
30〜40件程まとめて訪問することもありました。

摂理に十分に応えきれていない私は、
「伝道こそが応えられる道だ」と信じ、なかなか神体験できないので
「神様に出会いたい」という動機で歩みました。

継続して何度も任地を周りましたが、
殆どが否定されるか留守という状況が続き、とても厳しいものでした。
「任地を他に変えようか」という思いも沸きましたが、
「神様だったら救うまで歩み続けるはずだ。
私がこの地を愛し続けて行こう」と決意し直し、
勝利するまで歩みました。


時には、外的な歩みになってしまうこともありましたが、
3年程前から教会で書写の取り組みが始まって以降、
「書写を通して幸せにしたい」と歩み続けるなかで、
ある“お母さん”に出会う事ができました。

その日、私がお母さんの家を訪問して書写を勧めると、
快く書写をして下さいました。
私が家庭連合について明かしたところ、
驚くことに「娘と同じだ」と言われました。
韓国にお嫁に行ったある姉妹の母親だったのです。
ご主人が癌を患っていることもわかりました。

お母さんは、健康祈願を念じながら書写されました。
お試し書写をお渡し、その日は帰りました。
私は「韓国にいる娘さんも中々帰国する事も出来ないだろうし、
何か役に立てる事があれば」という思いでした。


1週間後に再度訪問したところ、お母さんは
「申し訳ないけど返します」と書写を返却してこられました。
「どうしたんですか?」と尋ねると、
お母さんは「すみません」と言いいつつも警戒した様子で、
お父さんに気遣う様子も伺えました。

私は残念に思いましたが「また寄らせて下さい」と言うと、
「はい」と答えてくださいました。


それから数ヶ月間、忙しさ故にお母さん宅に訪問することが出来ませんでした。
9月に開催する祝福式に向け、地区長の願いを受け既成祝福を強く意識するなか、
基台で祝福対象者の打ち合せをしていた時、
書写で出会ったお母さんを思い出しました。

ちょうど娘さんと同い年で面識のある方がいることがわかり、
すぐに2人でお母さん宅を訪問。
お母さん宅で家庭書写会を開く事ができました。


ご主人は癌が進み5カ所に転移しており、
「今年もつかどうか…」(お母さん)という厳しい状況でした。

私達はすぐに韓国の娘さんに連絡を取りました。
娘さんは「お父さんは教会に反対してみ言は分からないけれど、
お母さんは以前、トレーニングの手前くらいまでは、み言を学んでいました。
今はお父さんの身体が心配なので、できたら祝福をしていただきたいです」
との願いを託してこられました。

私達が改めて祝福式参加を訴えると、ご夫婦での参加が決まりました。
そして急いで教会長に相談し、
2日後に祝福式が執り行われることが決まりました!


祝福式当日、お父さんは、
教会に反対しているとは思えないほど穏やかに私達を迎えて下さいました。

「娘にお願いされたことは断れない」と、
喜んで聖酒を飲んで祝祷を受けられ、
蕩減棒の儀式では「お母さん、ごめんなさい」と謝っておられました。

式の全てが終わると「これでお母さんと天国に行けるのか〜。
俺一人だけ地獄に行くと思ってたや〜」とお父さんから本音も聞けて、
とても温かい祝福式となりました。


私は「こういう事ってあるんだな」と、霊界の強烈な協助を感じましたし、
地上で基台を組むと神様は役事して下さる事を実感しました。

霊の子は出来ませんでしたが、今回の件を通して
神様の愛と導きを感じると共に、
ご両親と娘さんが喜ぶのを見聞きして純粋に嬉しく、
「この喜びが神様の喜びなんだ」と実感できました。

これからもこの任地を愛していきたいと思います。
天の父母様、天地人真の父母様の導きと皆様の精誠に感謝致します。
ありがとうございました。



『自宅の近所を伝道任地として決めて歩んでから10年位』
この決意は本当に素晴らしいと思います。

地元の人たちに家庭連合を証しする、
本当に神氏族メシヤとしての真剣な決意がないと
難しいことなのではないでしょうか。

『路傍伝道より氏族伝道』
そのように叫ばれている方もおられますが、
実家が地方の場合は、田舎に帰る時に伝道するわけで、
自分が住んでいる拠点で伝道してないという意味ですから、
本音を言えば、「どうなのかな」という疑問も残ります。

私も地元の人間なので、
そういう意味では駅前での路傍伝道は闘いがありました。
それ自体、御父母様に申し訳ないのですが。。。

しかし、継続して歩むことを通して、
近くの人にも私が演説している姿を見てもらったり、
この前は、中学時代の同級生と前線で出会い、
今度、話をすることになっています。

ですから、今回の食口のご両親を祝福に導いた方は、
地元で歩んだ精誠の土台で、
出会ったに違いないと確信いたします。
私たちも相続しないといけないですね。。。


にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)