2017年02月09日

(証し) 御聖誕記念、路傍伝道で、食口大復興! 中高生、青年も、神様と共に!!



20170202_0106_01.jpg


天一国基元節4周年おめでとうございます。

今日は、先日の真の父母様御聖誕日にまつわる
伝道の証しです。


御聖恩感謝申し上げます。

2月5日、千葉家庭教会では
「真の父母様御聖誕日記念礼拝」を行いました。
記念礼拝後、有志の食口24名が、
千葉駅東口で路傍伝道活動を行いました。

参加者は大人(幼児含め)15名、青年4名、中高生5名。
この度、中高生も初めて路傍伝道に参加し、
正に家庭連合の老若男女すべてが前線を歩みました。

路傍伝道では、真の父母様ののぼりを立て、
真の父母様の御聖誕日記念式の
チラシ入りポケットティッシュ、紅白の風船を準備。

食口たちが道行く人々に配ると共に、
代表者が家庭連合の理念等を熱く演説しました。

わずか40分ほどの路傍伝道でしたが、大人のみならず、
中高生や青年が一生懸命に声をかけていく姿に、
道行く人達は関心を示していました。

結果として、予め準備しておいたポケットティッシュ1000個と
風船40個をすべて配布。
CIG復興団で毎日前線を歩む婦人が男性1名を即動し、
一緒に記念式をお祝いすることができました。

路傍伝道終了後、参加者一同が教会に帰ってくると、
議員の方々がおられ、挨拶されました。

その中のお一人は、高校生や青年の反応を見て、
「これまで若い方の前でお話をしても、
ここまで良い反応を示す若者はいませんでした。
家庭連合の若い人達は、流石にレベルが違いますね」と
家庭連合の青年達に深い関心を寄せていました。

その後は、皆で昼食を囲みながら
路傍伝道の感想など歓談のひとときを持ちました。
そこでは「毎月一緒にやりたいね」と大人や中高生も
喜びながら語り合っているのが とても印象的でした。

真の父母様の大きな愛と天運を感じた1日でした。
ありがとうございました。



老若男女、まさしく家庭連合時代の伝道ですね。
短い時間であったとしても、
みんなが一つとなって、
喜んで御父母様を証す姿に
神様も喜ばれたことでしょう。

伝道をすると、復興するんですね。
神がともにいるので、嬉しいのかと思います。
きっと、もっとやっていたい、
またやりたい、という思いになったことでしょう。

真の御父母様ののぼりを立て、
天の父母様と真の父母様を堂々と証す、
その旗を見て、み言を聞いて、
心ある人や、準備された人、
そしてかつてみ言に触れた人が
呼び集められてくるのです。

呼ばわりなさい、証しなさいと、お母様も言われます。
新氏族メシヤ活動をいよいよ進めていくためにも
鶏が時を知らせるように、救国救世の真の家庭運動と真の父母様を
大声で知らせることも必要ではないかと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする