2017年03月02日

(証し) 清平に来ると思い出す、熱い視線! お父様に見送られたエピソード!



944924_1664176873821905_8168686803102116987_n.jpg


まだ、お父様が立っておられました。
「背中が熱いなぁ」
思わず、こんな言葉が出ました。



先日、清平に行かせていただきました。
修練会を終えて、早朝のバスで清平を出発する時、
櫻井設雄先生の証しを思い出しました。

生前、私たちの教会に来られて
説教をされた時の内容です。


今から30年近く前の出来事です。
真のお父様は、日本の幹部2名を
清平に呼んでくださいました。

そのうちの1人が、私でした。

ひとしきりみ言と指示を受けた後、
帰国することになりました。

その頃は修練所まで、バスが通っていなかったので、
近くの町まで、何時間も歩かなければなりませんでした。

私たちは、お父様に挨拶をしてから、
修練所を出発しました。

しばらく、お父様に見送られてから
町に向かって歩き出しました。

相当な時間歩いてから、修練所を見ると、
まだ、お父様が立っておられました。

「背中が熱いなぁ」
思わず、こんな言葉が出ました。

そして私たちが、見えなくなるまで、
ずっと見送っておられたのです。

お父様を背にしながら、歩く私たち二人の姿は、
日本の姿だと感じました。

日本を何よりも愛されるお父様。
いつも、熱く見つめてくださっておられます。
(文責:ten1ko2)



清平が出発したころ、
1970年代だと思いますが、
近くの町まで歩くのは、
とても大変だったと思います。

今までは高速道路を降りて、
1時間以上山道を走らないといけませんでしたが、
最近、新しい高速道路が出来て、
インターチェンジを降りてから、
15分程度で到着します。
帰国のバスでは、朝の4時くらいに出発し、
仁川空港に着いたのは、5時半くらいでした。

将来的には、世界中の人たちが、
たくさん清平に訪れるようになり、
今、エルサレムやメッカのように、
聖地巡礼をする人たちで溢れかえる・・・
そんな時も来るのかな、バスでそんなことを思いました。

櫻井先生の証しを思い出しつつ、
清平への行き方がどうあれ、
私達一人一人を同じまなざしで、
お父様は霊界から見つめておられる。。。
そう思わされた今回の修練会でした。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする