2017年03月03日

「いつも神様」のNEW清平案内! 思わぬ出会いがありました!! 快適、恩恵の修練会



CIMG (21).jpg
 
※この写真も清平で出会った知り合いに送っていただいたものです


清平わず!☆


今回、清平に行かせていただいたわけですが、
その証しを書こうと思います。

昨年は一度も行くことができませんでしたので、
清平は約1年半ぶりでした。

どんどんと変化している清平です。
修練苑の入り口に『ヘブンGバーガーショップ』があり、
また、清心病院の奥には、『親和館B館』がありました。
そして、親和教育館には、エレベーターも建設中でした。
ご高齢の方、足の悪い方には朗報だと思います。
今後も、ホテルや『水上カフェ』も作られるそうで、
無限に発展していくと感じます。

受付も日本からのインターネット登録をしている人は、
受付に設置している機械に、申込用紙についているバーコードをかざすだけで、
受付が済んでしまいます。
以前は、何時間も待たなければならなかった受付が
あっという間に終わってしまいます。


受付を済ませて、愛の樹に行くと、
ある方が真剣に祈祷していました。
お顔を拝見すると、あの有名な浅川先生でした。

うちは小さな教会なので、先生をお呼びすることはできず、
DVDを通してお世話になっているのですが、
「浅川先生!」と挨拶すると、
深々と会釈してくださいました。

浅川先生は、役事の時も最前列、
そして、懇切に役事され、
祈りを捧げておられました。

毎日毎日、全国を駆け巡りながら、
せっかくの休日に清平に行かれる浅川先生を通して、
精誠というのは、こういうものだ、と感じさせていただきました。


また、清平というところは、昔、縁を持った方に出会う場所でもあります。
今日の写真もそんな知人が撮ったものを使わせて頂きました。

それから、青年支部でともに歩み、
今は、清平のスタッフをしている兄弟3人に会いました。

一人は、売店で仕事をしている兄弟。

もう一人は、施設の整備をしている兄弟。
祝福の樹までの道のりは、とても整備され、
山も登りやすくなりましたが、
これもその兄弟の精誠のおかげです。

また、もう一人は、寝袋の洗濯をしている兄弟。
夫婦で、すべての寝袋を洗濯、乾燥しているそうです。

トップガン修練会に1200名来ることになり、
直前まで、寝袋が足らなくなるかもしれないと
他のスタッフは焦っていたようですが、
彼は信仰的に受け止め、最善を尽くして、
ぎりぎり間に合ったそうです。

親和館B館は、寝袋ではなく、ベッドなので、
シーツを使っているのですが、
一枚一枚、アイロンがけをしているそうで、
「お母様にゆっくり休んでいただきたい・・・」
そんな心情で仕事をしていると聞きました。

清平が発展している背景には、
このような縁の下の力持ちとして、
精誠を尽くしている方たちがおられるからだ。。。
浅川先生の姿とともに、
精誠の重要性を感じるひとときでした。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)






posted by ten1ko2 at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする