2017年03月20日

私たちは世界のために! お父様の語る祝福の価値  《金元弼先生の信仰サプリ》



2003.2.6 b.jpg


金元弼先生のみ言
『先生に倣う生活』の最終回です。


文先生が与えてくださる祝福(結婚)について
お話ししてみたいと思います。

祝福には四つのポイントがあります。

まず神の愛を中心として心と体が一つになった
真の男性、真の女性になることです。
心と体は愛を中心としてこそ一つになることができるのです。

第二番目は真の夫婦になることです。
真の夫婦というのは、相手のために生まれ死んでいく夫婦です。

第三番目は、真の親になることです。
親は子供のためにあり、子供は親のためにあるという関係をつくることです。

次は、真の家庭をつくることです。
真の家庭は氏族のために、国家のためにある家庭です。


先生は神の愛を実践するに当たり、
ご自分の子女よりも弟子たちを愛してくださいました。
先生は一番心情の近い家族を犠牲にして自分の周りの人を愛されたのです。

そして、私たちにも常に、どこの国に行っても
その国の人を自分の子供たちよりも愛しなさいと教えられるのです。
それはなぜでしょうか。

自分の子供よりもそういう人を愛したならどうなるでしょうか。
その愛を受けた人は、授受作用の原理によって受けたごとくに、
自分の子女を犠牲にして愛を返してくれるからです。

結果的には多くの人に尽くすならば、
多くの人から愛を受けるということです。



世界のためにある統一教会

神が理想の出発を「ためにある」ということに
置かれた理由がそこにあるのです。

神が「自分のためにある」ことに幸せの原点を置いたならば、
人間が神のために尽くせば幸せでしょうが、人間には喜びがないでしょう。

人間を中心に考えれば、神は人間のために存在するのですから
人間には良いでしょうが、神には喜びがないでしょう。

では神も喜び、人間も喜ぶためにはどうしたらよいでしょうか。
他のために在る以外にはないのです。
そうなれば神は人間のために在り、
人間は神のために在るので、両方に喜びがあります。

ですから神が理想の出発点を自分のためではなく、
他のために生きるところに置かれた理由が分かります。


夫婦の関係も、もしお互いに自己中心的ならば、
自分を喜ばせるために相手が存在するとして要求し合い、
一体化することはできず、幸せにはなれません。

しかし、夫は妻のために、妻は夫のために生きれば、
お互いに満足することができるのです。


先生は、統一教会は統一教会のためにあるのではなく、
統一教会を犠牲にしても世界を救うためにあると語られます。
そうすれば世界が統一教会を守ってくれると言われるのです。

例えば、このヨーロッパの統一を歴史の中で
考えた人たちは多くいました。
しかし、なぜそれができなかったのでしょうか。
それらの人々は、自分の民族や国を中心として
やろうとしたのでできなかったのです。

もしその民族や国が自ら犠牲になって
ヨーロッパの統一のためにやったならば、
それが不可能であったでしょうか。


民主主義と共産主義の一体化も、
神の愛を中心として「ために生きる」時に
初めて統一された愛の世界が実現されるのです。

先生がこのたびモスクワに行って、ゴルバチョフ大統領に会って
話されたことが正にそのことなのです。

今若い学生たちはどの方向に行くべきか分からず、さまよっています。
こういう若者の行く道を文先生に任せておくだけではいけません。
私たちの協力を先生は必要としておられますから、
今から心を一つにしてヨーロッパを、世界を救うようにしましょう。

文先生ご夫妻に代わりまして、神の愛が皆様に、皆様の家庭に、
国にありますようにお祈りしながら、これで私の話を終わります。


何度かにわたって紹介したみ言ですが、以下のように紹介されています。
※5月4日から8日まで、プラハにて第4回ISUM
(Introductory Seminary on the Unification Movement
:統一運動紹介セミナー)が開かれ、
チェコから13名、東ドイツから3名、ハンガリーから5名、
ポーランドから12名、ルーマニアから11名、ブルガリアから11名、
ソビエトから7名、ユーゴスラビアから10名、
合計72名の代表が東欧圏から参加しました。

4名の講師が統一原理の概観を紹介し、
フレデリック・ソンターク教授が今日の東欧におけるメシヤ観、
ユダヤ教とキリスト教のメシヤ観の比較、
真の父母としてのメシヤ観を紹介しました。

そして、最終日に金元弼先生がこの証を話されました。



真のお父様の『ために生きる』精神、
その心情を金元弼先生がわかりやすく解説してくださいました。

真の御父母様に倣う生活を
私たちの家庭、そして教会がなしていくならば、
間違いなく発展していきます。

御父母様の心情を受け継ぎ、
そのごとく実践していくことなのです。
誰が何と言おうとも・・・





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする