2017年03月24日

夫婦が一つになると、神様の完成?!人類の統一?!  《太田先生》9



15873475_1304197612974717_5534944792846680479_n.jpg


太田先生の≪真の夫婦の愛を求めて≫シリーズ、
『神様はどこにいらっしゃるのか』の続きです。

神様は、夫・妻を100%愛する時、
その相対(相手:夫・妻)の背後にいるという
お父様のみ言でした。


そのお父様のみ言を聞いた時、
「ああ、夫婦生活のことを言っているんだ・・・」
そう思いました。

皆様、ご存知のように、
神様は二性性相の中和的主体です。
すなわち本陽性と本陰性の中和的主体ですね。

ですから、男性は陽性の代表であり、
また、女性は陰性の代表なわけです。

男性も女性も神様の半分、
男性と女性が一つになることは、
神様の統一と完成を意味します。

さらには、人類の統一を意味するし、
天宙の統一、家庭の統一になるわけです。


1988年2月のことです。
この時、統一思想のシンポジウムを日本で行いました。
実は、中国の学者が50名も来たんですね。
当時、有名な方も来られていて、
メディアが取材にも来るくらい盛り上がっていました。

そして、李相軒(イ サンホン)先生が講演をされました。
3日目だったと思います。

李相軒先生は、はっきりした方です。
中国の有名な学者たちの前で、
「共産主義は間違っている!」
そのように言いました。

そのあと、何が起こったと思いますか?
なんと、参加していた人たち、全員が、
その会場から出て行ってしまったんです。

私もスタッフとして、その場にいましたから、
本当にショックでした。
「このまま終わってしまう。。。」
そう思いました。

ところが次のセッションにみんな来たんです。
おそらく、その場にスパイがいて、
監視されていたんだろうと思います。
だから、「共産主義が間違っている」
そう言われた時、その場にいれなかったんだろうと思います。


全てのセッションが終わり、
参加した方たちに感想を聞きました。
その時、一人の学者がこのように言いました。 

「私は、文先生の言葉、
『夫婦の統一と完成は神様の統一と完成』
この言葉にとても、感銘を受けました。
もし、今日ここに参加していなかったら、
私は、離婚していたと思います」




お父様のみ言が、
中国の学者夫婦を一つにさせたなんて、
なんかとても面白いですね。。。

そして、夫婦が一つになるということが、
どれほど重要であるか・・・
頭ではわかっていても、実践することは、
簡単ではないですね。。。

「私たち、一組の夫婦が・・・
大それたことだ。。。」
そんな風に思うのではなく、
「私たちが一つになることが
神様の完成、人類の統一につながるのだ・・・」
大きな思いをもって、
相対を見つめていかないといけないのだと思います。

まだまだ続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする