2017年03月31日

本性(ほんせい)を引き出す会話を、夫婦間で?!  ≪夫婦愛を育む幸福の基本原則≫2



1743665_602062989880243_1099057191_n.jpg



〈こころ〉はだれにも見えない
けれど
〈こころづかい〉は見えるのだ
〈思い〉は見えない
けれど
〈思いやり〉はだれにでも見える



橘先生の『幸福の原則』
第2回目です。


精神医学者のフロイトがこんな風に言っています。
『人間は本能が壊れている』
本能、すなわち人間には本性(ほんせい)があるんです。

善い心と善い心で授受作用すれば、
みんな幸せになれるとわかっていても、
どうしても否定的な感情が出てきて、
人間関係を悪くしてしまう、
望まない不和を引き起こしてしまうんです。


(4年前)2013年サッカー日本代表が
ワールドカップの出場権を獲得したとき、
日本中が盛り上がりました。

特に渋谷駅前は、サポータたちが繰り出して
大騒ぎをしたんですね。

その時、警官がたくさん動員されました。
『DJポリス』と呼ばれた警官が、
その場を収拾したんです。
流行語大賞にもなりました。

その『DJポリス』がどんなスピーチをしたかというと、

「お巡りさんもワールドカップ出場を喜んでいます。
皆さんが憎くてこうしているのではありません。
皆さんは12番目の選手です。
こんなにいい日におまわりさんも怒りたくありません」

と言って、彼らの善い思いに働きかけるスピーチをしたんですね。
そうしたら、サポータも嬉しくなって、秩序を守ったんです。

もし、「ほらそこ、黙れ!乱れるな!!」
そんな風にスピーチしたらどうなったでしょうか。

乱れること、暴れることを前提として注意をすると、
相手の負の心に行ってしまうので、
暴徒化したかも知れません。
しかし、善い思いに訴えていったので、
暴徒化しなかったんです。

そういうコミュニケーションを
私たちの人間関係、夫婦関係の中でも
行うことができればいいな、と思うんです。


こういう話をすると「よくわかります」と納得するんですけれど、
「でもうちの夫は」という風になるんです。

私は、良かれと思って、夫のためにと思って言ったのに、
夫は不機嫌になってしまった、キレてしまった、
怒って外に出て行ってしまった。

何で、あなたのために言ったのに・・・・
ということで、私の善い心が、夫の善い心に届かない、
そういうことがあります。


ここでもう一つ紹介したい内容があります。
「こだまでしょうか」を紹介しましたが、
同じ時期に政府広報で、こういう言葉がありました。

思いは見えないけれど、
思いやりは見える


私の目に見えない思いを、
相手にどうやって伝えるか、
すなわち、私の善い思いを
夫にどうやって伝えるか、
これがポイントになってくるんです。



相手の善い心に響かせるように話をする・・・
努力しないといけないですね。。。

私は、『DJポリス』の話を聞いて、
やはり、この内容は女性だけのために語っているとはいえ、
男性も心がけないといけないな、と思わされたので、
この記事をあげることにしたのです。

でも、男性と女性というのは、本当に違うんですね。
具体的な証しは、明日以降に・・・



        「行為の意味」

    
── あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか
確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから
同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから
あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
── それは 人が人として生きることだ 


宮澤章二





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする