2017年04月27日

信仰生活のマンネリ化から脱却するには?! 《李ヨハネ先生のベスト・アンサー》



19720426b.jpg


「李ヨハネ先生のみ言が良かった」
と、反響がよかったので
早速ですが、第2弾を紹介したいと思います。
今回は、
『信仰生活のマンネリ化から脱却するには』
という質問に対する回答です。


私たちは、自分というものを失っています。
神と自分との関係を体験できないから、結局自分を失うのです。
神と自分との関係を体験できない人は、
それを知ってはいるものの、自己を放置してしまうのです。

主管圏にいながらも、自分というものがはっきりしないために、
どういう立場でだれに所有されて、
だれの願いに存在しているかがはっきりしない。

そして、生活そのものの中で自分の価値を得られないのです。
刺激がないのです。
信仰者でも、そういう人は多いのです。


特に職場にいる人において、失敗しやすいのがそれです。
毎日同じ雰囲気の中で仕事をやらされて、
その量が多過ぎる時は、必ず仕事に支配されてしまうのです。

仕事に支配されると、自分のほうは、ほったらかしになり、重荷になる。
それで肉的に支配され、信仰に失敗する。
動機はあっても、過程で失敗することが多いのです。


だから、同じ場所と思ってはいけないのです。
いつもその場を聖別しながら、人物ならば、
きのうのあの人と思ってはいけないのです。

きのうの私だけれど、きょうの私は
だれを新しく知るべきかと、そう決意するのです。

今はこういう時だと、お父様は私たちに教えてくださいます。
この「時」を私たちは、忘れてはいけないのです。
時を教えるわけは、「あなたたちはこういう時の存在だ」
ということを教えるためなのです。

「世界」と言われたならば、
今、世界的な使命に応じているのだと思わなければならない。
しかし、その価値を発見できず、
時と自分が違うようになると、力が抜け始めるのです。


私たちは、毎日同じ食口だ、同じ場所だ、
これが習慣的になってしまっている。
そこが危ないのです。

健康な人は、毎日御飯の味が違います。
同じく、情のある人は、毎日が違うのです。
情が、喜びの世界が毎日新しく開けるのです。
喜びあふれる人は、いつ会っても新しい感じがするのです。

新鮮さ、刺激があるか。
同じ場所でも希望にあふれている人にとっては、
同じ場所ではないのです。


皆さんが最初に教会に来た時、
きのう来た教会と思ったことがありますか。
いつも初めてのような気がしたでしょう。

恋しい人と会った時に、何遍も会った人と思ったことがありますか。
いつも初めて会ったような刺激を覚えます。
それは間違いないでしょう。


情の世界は成長するから、数学的に、
打算的に考えるのではありません。
情でもって乗り越えないと、
量で来る仕事はやりきれなくなります。

だから、「信仰者は、どんな場面に遭遇しても、喜び、感謝せよ」
と言われるのです。
「そうすれば、勝利する。心配が先に出てくると、
これは情的立場ではないのだから、いつも祈れ」と言われるのです。



確かに、人と出会うことも、
新鮮でないといけないですね。
当たり前のように出会う人たち、
しかし、どれだけ貴重な一人一人かしれません。。。

今日は少し違った意識をもって、
生活していきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2017年04月26日

(証し) 霊界からの三つのメッセージ! 真の父母様、ご先祖様に感謝します!! 



201704_02.jpg



今日は、霊的な証しを紹介します。
「清平・霊肉約婚式に参加し、霊界の母からアドバイス」です。


3月10日~12日に韓国・清平で行われた霊肉約婚式に、
卒寿を迎えた父の代理として、妹と私で参加させていただき、
不思議な体験をした証しをします。


1つ目は、式前日の役事での出来事です。

私は妹の前に座り、ふと後ろを振り返ると、
霊的な妹が何故か涙ぐんでいました。

私は心配して「どうしたの?」と尋ねると、
妹は「お母さんが来てるよ」と言うのです。
私は驚いて「えっ?でも約婚式は明日だよ」と言うと、
妹は「うん。お母さん、下見に来たって。
『明日ここでやるんだね?立派な所だね』と言ってたよ」と答えました。

渡韓前、
「お母さん、わかるかな?
ちゃんとお父さんの写真を見つけてくれるかな?」と心配し、
絶対善霊となった6家系のご先祖様にも
「一緒に清平に付いて来て下さいね」と
重ねてお願いしていたからか、
母はその翌日に霊界から清平に来ていたのです。

母が来たのがわかり、安堵するのも束の間、
母は「〇子、あまりご主人さんをいじめちゃダメだよ」と私を叱り、
「〇〇ちゃん(妹)、夫婦仲よくしてね」と言ってきました。

妹を通じて聞く言葉遣いから、私は「やっぱり母だ」と確信し、
とても懐かしく思うと共に、
「何でお母さんは私たちのことを知ってるの?見てるの?」
と思いました。

その翌日、約婚式にはご先祖様も同席しておられたのでしょうか、
私も妹も同時に顔を合わせて
「この匂いは樟脳?おばあちゃんが来てるね。和服で来てる?」
と言い合いました。

霊的に疎い私も、先祖を自分の五感で感じることができ、
「こういう形で先祖を感じるのだぁ〜」
と感動もひとしおでした。


そして2つ目は、天正宮博物館を見学したときの出来事です。

「天正宮」の看板が掛かる門の所で、スタッフの説明を受ける間、
私の心が何故か不安定になり、妙に不安な思いが沸いてイライラしました。
遂には「私はこの門をくぐっていいのかなぁ〜?」と思うまでになり、
沈んだ気持ちで、重い足を引きずるようにして見学をしましたが、
こんな事は初めてでした。

見学の最後に祈祷室で祈祷を終え、真の父母様のみ言入りのカードを
無心で抜こうしましたが、カードがぎっしりで抜けないのです。
あまりにも抜けず後ろの人が手助けしてくれたほどでした。

何故かわかりませんが、その時は
他の抜き易いカードに変えようという気持ちになりませんでした。
苦労してカードを抜き取ると、

「信仰生活をしながら、
自分の思いを主張するところがあるとすれば、
その場所は天国ではありません」


と書かれていました。

そのみ言を見て、私は「何?なんでこのカード?」と驚き、
門をくぐるときに不快になった理由がわかりました。

堕落性にまみれていた私でも、
門をくぐらせていただいていたのです。
「自分の主張を無くしなさい」と私を諭される、
真の父母様の役事だと気付かされました。


そして3つ目は帰国日の不思議な体験です。

帰りの便を待つ仁川空港で、
真の父母様のみ言入りのカードの内容が話題になりました。
私は、嫁いでから受けた仕打ちや夫の悪口まで、
「ここだけの話だから許してもらおう」という気持ちで
妹に話してしまいました。

ご先祖様はそれを聞いていたのです。
飛行機に搭乗してから、何故か異様に化粧の白粉の匂いが鼻に纏わりつき、
気になって仕方がありませんでした。
20、30分してもその匂いが消えないのです。

そこで私は、夫の母であることに気付いたのです。
「お義母さん?この匂いはやっぱりお義母さんですね。
さっきは旦那さんの悪口を言ってごめんなさい、許してください」
と謝罪しました。

するとその途端、あれだけ鼻に纏わりついていた白粉の匂いが
一瞬にして消えたのです。
やはりお義母さんだったのだと確信しました。


今回、霊界の母と地上の父の約婚式に姉妹で代理で参加させて頂くなかで、
思いもよらぬ私の堕落性を霊界の2人の母から指摘されました。
これから神氏族メシヤ活動を展開するには、この堕落性が邪魔であり、
夫婦の一体化なくして成せないということを両方の母親から教えてもらいました。

正に霊肉合同作戦と言うべきでしょうか。
不思議な世界を味わい、またすごい恩恵を頂いた3日間でした。
真の父母様、ご先祖様、本当にありがとうございました。



もともと霊的に敏感な方なのかも知れませんが、
亡くなったお母さん、そしてご主人のお母さんを
清平で実感されたという生々しい証しです。

先日、久しぶりに清平に行き、
先祖解怨式に参加する中で、
先祖の方たちが、心から感謝している・・・
そのことを祈りながら感じましたけれど、
本当にともにその場にいるのだということを
改めて感じさせていただきました。

今は、地上界と霊界、
霊肉合同作戦の時を迎えています。

何よりも地上のお母様といつも共におられるのが、
霊界におられる真のお父様です。

もっともっと霊界に意識を強く持ちながら、
神氏族メシヤ勝利に向かっていきたいと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

どうして力が抜けるのか?!  ──信仰が長くなった人に 《李ヨハネ先生のベスト・アンサー》3



64moon_web_2284_s878x613.jpg


李ヨハネ先生のみ言
最終回です。


私たちが最初に伝道に行った時、
法科四年生、卒業クラスの人ですが、
その人が原理を聞いて学校をやめ、
聖書も讃美歌も知らないで、開拓に行ったのです。

江原道の春川という所で、学生たちを指導したところ、
既成教会の高校生たちが集まってきたので、原理講義をしたのです。
ある日、牧師が統一教会の伝道師は素晴らしい
といううわさを聞き、会いに来たのです。

彼は、マタイ福音書が新約にあるかどうかも知らないのです。
そこへ質問されたので、「文先生が巡回に来る時に来なさい」と言ったのです。

自分が知らないということは、絶対に言わない。
自分は文先生から派遣されていて、
文先生が全部知っているのですから、
文先生が巡回に来た時に来なさいというのです。
こう勇気を出して語り、牧師たちを帰したのです。


あなたはどうですか。
困ったな、聖書も知らないしと、力が抜ける人がいるかもしれない。

そういう時に、この人は文先生を中心として答えて勇気を得た人です。
全然知らないのですが、知らないという立場に立たなかったのです。

そうすると牧師たちも、その人が何も知らないことを知らずに、帰ったのです。
統一教会式とはこんなものかなといって。
最初開拓に行った人はみな、そうです。


おばあさんたちも伝道して、大学生たちを連れてきたのです。

「原理」をただ耳で聞いただけで出掛けていった。
印刷したものも何もない時です。
その時の伝道が最も力強かったのです。


皆さんは、信仰者として、
自分一人だけで存在しているのではないのです。
自分の位置を守れというのです。

それを知らずに、自分を勝手に取り扱うと、
力が抜けてしまうのです。


信仰者は、結婚したのと同じです。
結婚すると主体者の位置によって、その人の位置も決まるのです。

例えば、大統領の奥さんなら、その身分になる。
私たちもそうです。

世界の中で、何ものとも比べられないお父様の命令で、
お父様と共に摂理の参加者として現れたという心でないと、
勇気が出ないというのは当然なのです。

その位置から離れると、力が抜けます。


だからお父様は、「日に三遍誇れ」と言われます。

日に三回御飯を食べておきながら、日に三回神の前に誇らないで、
君たちの魂は生きていかれると思うのか。

兄弟同士でも、勝利を誇れ。
私たちの位置を誇れ。
私たちの方向や使命を誇れ。

ところが希望がないから、誇るものがないのです。



皆様もそうかも知れませんが、
何か、李ヨハネ先生のみ言を読むだけで、
力が湧いてきますね。

うまい表現ではないのですが、
『私って凄いんだな!』
そんな思いです。

真のお父様と結婚したんだ。
だからもっとお父様を誇ろう!
もっと頑張らないといけないな。
そう思わされました。

私たちは『何も知らない』のではなく、
真の父母様の息子・娘だから、
『すべてを知っている』んですね。。。

李ヨハネ先生のみ言は、
これからも不定期で送りたいと思います。
ご期待ください!




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)