2017年04月04日

お母様はお父様の半分?! 史吉子先生がかなわないと感じた理由(わけ)2 



10915254_782280325191841_8241282012604348842_n.jpg


史吉子先生の
「原理に関するみ言の証」に
『お母様はお父様の偉大な傑作品』
という箇所があります。
一部、紹介します。


私は誉進様、孝進様に侍りながら、
お母様にも侍りましたが、
お母様がこれだけ霊的に明るいのか、
私が10回言っても結論が出ないのに、
お母様は一言で結論を出されます。

それで私はお母様に歯が立ちません。
そのように、お母様は優れた方です。

更に偉大なるお父様の教育を受けた
今日のお母様は、
想像も出来ない内容を
持っておられます。

それは誰のお陰なのかと言うと、
大母様のお陰です。
お母様は大母様の
信仰の基盤の上に立っておられます。


少し前に、お母様が私におっしゃいました。

「お父様が私に、
私の半分、私の半分と言われるよ。」
と言われました。

本当にそうです。
お父様がいくら完全になろうとしても、
お母様がいらっしゃらなければ
半分にしかならないでしょう?

お母様は今では、お父様と同等な位置を確保されました。
昔、お母様が聖婚なさってから、
お父様が深刻に神様の摂理に対して
教育されるのを、私は何度も見ました。


お父様は、今になって考えてみると、
お母様を教育するのが
一番大変だったとおっしゃいました。

数え切れない残酷な拷問を受けたことも、
お母様を教育させる苦痛に比べれば、
むしろ耐えるに易しかったそうです。

それ故に神様が、
「あなたがメシヤの使命を果たしなさい!」
と言われた時、メシヤ、すなわち
完成したアダムが、一人の女性を探して
完成したエバに作るのがメシヤの責任であり、
それがこんなに大変だとわかっていたら、
「私はできません。」
と断っただろうと言われました。

ところが、お父様はそれを知らないで
責任を引き受けられ、
自分を否定する訓練を
神様から徹底的に受けられました。

お父様は、
「それだけでも大変だったのに、
そこにお母様まで完成させなければならなかったので、
本当に大変だった。
それを私がどうやって
全て話すことができるだろうか。」
とおっしゃいました。


お父様は神様の傑作品であり、
お母様はお父様の傑作品です。

それでお父様が太陽なら、
お母様は月です。

私たちは太陽は眩しくて、
まともに見ることが出来ません。
しかし、月はまともに見ることができます。
月の中でも満月を見れば、
心が安らぎ嬉しいのです。

それで神様に行く道は、
必ずお母様を通してお父様に行き、
お父様を通して神様にいかなければなりません。

直接、お父様に行くことが出来ません。
それくらいお母様は、
私たちにとって貴重で近い方です。



表題にあるように、
『お母様はお父様の偉大な傑作品』です。

ということは、お母様を否定することは、
お父様を否定することになるでしょう。

真の母として見事に勝利された
真のお母様だからこそ、
お父様はすべてをお母様に託しておられ、
お母様ご自身もお父様の願いに応えたい・・・
そのような思いで歩んでおられます。

ですから、お母様の願いに応えることが、
お父様の願いに応えることであり、
神様の願いに応えることなのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)