2017年04月06日

≪奇跡のエピソード≫ ずっとお父様と一緒! 金元弼先生の最期!! 



2010.2.17kimwonpil.jpg


幸せは みんなが和動して
一つになることです

金元弼先生 最後の言葉
2010.4.7



先日、金元弼先生の最期にまつわる証しを聞きました。

最後の最後まで、真の父母様の第一弟子、孝子として
侍っていかれた金元弼先生。
貫かれたその姿勢は、最期の時まで
このような奇跡を起こしました。


病床におられて
いよいよ地上での人生が
あと僅かとなった時のこと。

現代医学では、
余命があと何日、何時間、
そのようにわかるといいます。

ですから、元弼先生においても、
もうその時間がわかっていたそうです。

それなのに、まだ
計器が動き続けています。
その状態が継続していました。

その時、真のお父様から
電話があったそうです。

「元弼、心配しないでいいから。
先に霊界に行って
私の行く道を準備しておきなさい」

その声を聞いて、すぐに
計器がストップしたのでした。。。


元弼先生は、草創期、そもそも統一教会ができる以前から、
長い期間、真のご父母様に侍ってこられました。

体が衰えてからも、
「私はお父様の願っていた
北韓解放を果たすまで、
地上の人生を終えることはできない、
お父様より先に霊界に
行くことはできないんだ」
そのように語られたと聞きました。

いまでは、霊界において、
真のお父様の元で
活躍されているに違いありません。

そして、元弼先生の姿を通して、
私たちも最期の最期まで、
真の御父母様に侍らないといけないと思わされます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする