2017年04月13日

めぐる、めぐる季節の中で、回る、回るよ、夫婦は回る?! ──愛が永遠であるために?!



302810_475538855830858_1035962837_n.jpg


太田先生の夫婦講座シリーズ。
今回は、「夫婦の愛の関係は回る」です。


四大心情圏においては皆様ご存知のように、
父母の心情・夫婦の心情、
兄弟姉妹の心情・子女の心情、
このように四つの心情圏です。

いつどこで、この心情が完成するのか、
お父様は、アダムとエバが堕落しなかったなら、
夫婦が一つになった時、
すなわち、初夜の時に完成する、と言われていますね。

以前もお伝えしましたように、
父母の愛は広いけれども、
夫婦の愛のほうが深いというわけなんですね。

この四つの心情関係を
どのようにして応用していくか、
このことを考えてみたいと思います。


永遠性というのは、回転運動になりますね。
直線運動は永遠性がないんです。
回転運動、立体的なら球形運動です。

ですから、夫婦の関係もそうです。
直線的な関係なら横的であり、一面的です。
永遠性がないんです。
ですから、どこかで破局が生じます。


たとえば、ある女性に次のように質問するとします。

「あなたは、お子さんが何人いますか?」
その人は、
「うちには、3人の息子がいます」と。
そうすると、
「あれ、お宅のお子さん、二人じゃなかったっけ?」
その質問にこう返事が返ってきます。
「いや、実は、一番大きい息子がいて、
その息子に一番手が焼けるんですよ。。」

皆さん、おわかりのように、
一番大きい息子というのは、夫のことなんです。

でも、この女性がいうように、
妻から見て、夫がいつも子供の関係だったら、
一面的であり、直線的なわけです。
ですから、永遠性は出てこないです。


さきほどお話ししましたように、
四大心情圏を観点とすると
妻というのは、時には、お母さんであり、お姉さんであり、
また、妹にもなるし、娘にもなるわけです。

逆に、男性から見ると、夫というのは、
息子であり、弟であり、
お兄さんにもなるし、お父さんにもなる。。。
このように、回ると永遠性が出てきます。

季節には、四季があるように、
夫と妻の関係においても、変化がある、
その関係を楽しんでいくわけです。

本来は、自然とこのような関係をお互い築くのですが、
私たちは、まだ直接主管圏に入った立場ではありません。
でも、お互いが、この四大心情圏の関係を
意図的な努力することが必要なのではないかと思います。



真のお父様も、お母様と四大心情圏の関係を築くために
努力されたことを講義で聞いたことがあります。

一番難しかったのが、
息子と母の関係だったとか。
真の御子女様がお母様を慕う姿を真似しながら、
お父様も甘えていかれたと聞きました。

相手がどんな立場なのかを見極めると
相対することも出来ますよね。
まぁ、うまくいく時とそうでない時もありますが。。。

四大心情圏を解明してくださった
お父様に感謝したいと思います。

後日に続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする