2017年05月25日

講義を聞いて「いいお話でした」で終わるワケ?! こうして原理講論は執筆された3 《史吉子先生》



genrikoron.jpg


お父様の原理講義、
説教は
“涙”です。



史吉子先生の証し、続編です。


こうして「原理原本」を基に
『原理講論』が執筆されていったわけですが、
当時においては、いろいろな問題も生じてきました。

例えば、「洗礼ヨハネが責任を果たせなかった」という内容は、
大変な反対を引き起こしました。
クリスチャンにとって、洗礼ヨハネという人は、
とても尊い聖者ですから、それも当然です。

また、イエス様の母親のマリヤのことも「原理原本」には、
すでにはっきりと書かれていました。
しかし、それらの内容は、当時はそのまま出すことができないので、
「これくらいだけ発表しなさい」ということで、選んで書かれたようです。


また当時は、「皆さん聞いてください。
六千年の神様の秘密が文鮮明先生によって解き明かされました」
という調子で、既成教会を意識して書かれたので、
そこには聖句がたくさん引用されていました。

こうして、まず第一段階としてまとめられたのが、『原理解説』です。
『原理解説』は、原理の一部を説明するものにすぎません。
そして当時は、原理講義と言わず、「原理宣布」と言っていました。

その10年後の1967年に、
「今度は、講師が読みながら講義することができるように、
もっと論理的に書くように」と言われて、何年間かを費やして、
今の『原理講論』がつくられました。
これは、“読みながら論ずる”ということです。


特に、お母様が来られて以降は、平和の時代となり、
愛と教育で世界を迎える時代になりました。

ですから、今さら暗記をする必要はないので、
お父様は、「原理の本を読みながら講義しなさい」
と強調されるようになったのです。


けれども、それまで劉協会長から伝統を受け継いだ
講師や牧会者たちには、一つの癖があるのです。
それは、相手を説き伏せるための“けんかのような講義”です。

当時は、今のように「静かに本を読みながら聞いてください」と言っても、
だれも聞いてくれないような時代です。

そのような中での原理講義は、例えていえば、
正規軍ではないゲリラ部隊のようなもので、
激しい戦いの中で口で言えるだけバババッと言って、講義していたのです。

その癖が、いまだに抜けない講師たちは、口さえ開けば、
あとは自分なりに講義ができるので、
今さら本を見ながらするのはめんどくさいらしく、
なかなかお父様の言われるとおりにやらないのです。

何回も何回もお父様からしかられながらも、
それでもやっぱりやらないのです。


原理講義において、『原理講論』をほったらかして、
自分の言いたいことを言い、たくさんの例え話や本で
読んだ知識を語るとどうなるでしょうか。
お父様の原理は薄められて、原理の味がしなくなってしまいます。


お父様の原理講義、お父様の説教は“涙”です。
金恵子さんのお母さんであり、平壌から侍ってこられた
金仁珠さんの証しを伺ってみると、そのことがよく分かります。

金仁珠さんが平壌で、お父様に初めてお会いしたとき、
お父様はまだ二十七歳(数え年)でいらっしゃいました。

お父様の歌われる讃美歌はとても静かでしたが、
やがてお父様の額からは汗がにじみ出て、しばらくすると、
涙が滝のように流れ、鼻水も垂れて、後で見てみると、
コップの水を半分くらいこぼしたように、床に水がたまっていたそうです。

それを見た金仁珠さんは、原理を聞く前に、
“ああ、このように必死になって讃美歌を歌われ、神様の心情、
イエス様の心情をこれほどまでに真剣に伝えてくれるこの方から、
私はもう離れることができない”と決心したというのです。


要するに、原理講義というものは、
その講師がどのような心情で行うのかによって、
聞く人の決心が決まるのです。

そのことを理解できないので、適当に例え話をしながら、
物知り屋みたいに、あれやこれやと本で読んだものを語っても、
聞く人は絶対に心霊的に復活しないのです。

「いいお話でした。面白かったですよ」とは言うけれども、
“この道をついていこう”という決心は、なかなかできないというのです。
ですからそのような講師は、
霊的生命に最後まで責任を持つことができないのです。



お父様は、原理を訓読するように、
昔から指示されていたんですね。。。

原理のみ言をしっかり受肉していれば、
今の分派の問題もないのだろうな、と思います。

原理講論は、本当に理路整然としていますが、
背後には、深い神様とお父様の涙があることを、
噛み締めながら、受肉していきたいです。

続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

私たちが「神様の夢」となり、「世界の光」となる日!!  《真のお母様のみ言 5.9》



20170509_08.jpg


神様の夢、世界の光は、
真の父母であり、
祝福家庭です




アジアトップガン4期修了式で
青年たちに語られた真のお母様のみ言、
少し長いですが、全文を紹介します。


「一つの世界、一つの文化、人類一家族」といえば、
父母様が使われる言葉で生活することが原則です。

ですから皆さんは、
韓国語を勉強しなければなりませんか?
怠けていてもいいですか?

皆さんを見るとまだ幼い頃、「摂理の完成に責任を持つ」
と決心したその時が思い出されます。

その時は、私一人でしたが、
皆さんは兄弟がたくさんいますね?
ですから互いに助け合いながらがんばってください。


今まで皆さんが、父母様の生涯路程、
み言も、たくさん聞いて学びましたが、
天地万物を創造された神様、創造主・天の父母様には
夢がおありでした。

その夢は、人間始祖となることのできる人を通して、
神様が人類の真の父母となることでした。
それほどまでに天が待ち望んでいるその夢は、
父母です。
家庭です。

ですから今までキリスト教を信じて
地上を去った人々は天国に行けませんでした。

天国は真の家庭が入る所です。
真の父母によって祝福を受けなかった人は
考えも及ばない所です。

真の父母!
真の父母がどれだけ貴いか知っていますか?
真の父母によって新たな生命と新たな血統!
それが祝福の場に進んで行くようになるのです。
この祝福家庭が貴いのです。


私たち人間は、母親の胎中で約10ヵ月、
世の中に出てきて100歳まで生きるという
保障はなくても、地上生活が重要です。

なぜなら、天の摂理を知り、
真の父母様に会わなければならず、
真の父母様の教育を受けて
真の子女の立場に出ていかなければなりません。

そうでなければ天と関係がありません。
このような貴い贈り物を人類に下さった方が
真の父母です!

この真の父母を皆さんだけが知っていてはいけません。
全世界人類が皆知らなければなりません。
彼らに機会を与えるべきでしょう。


ところで、さかのぼって、キリスト教文化圏も、
キリスト教として出発していくまで
300余年がかかりました。

ローマから公認され、イタリア半島を中心として
ヨーロッパ大陸を経て、イギリスの島国まで経て、
上がっていきながら、大西洋文明圏 海洋摂理を通して、
大西洋文明圏の主役になっていたイギリスやスペインなど、
いくつかの国々は世界を征服しました。

キリスト教文化圏をもって出発しました。

しかし、イエス様の本質や神様を知らない立場から、
利己主義、個人主義によって、
当初はキリスト教を知らせ、施す立場にありましたが、
後には(他から)その文化を奪ってくる、
悪く言えば盗みを働いてきたのです。

皆さんがイギリスの大英博物館に行くようになれば、
その当時の植民地から収奪してきた文化が
その博物館にみな展示してあります。


しかし、私は太平洋文明圏時代を語っています。
今日、この時点に生きているアジアの全ての国々は、
真の父母様が誕生したこの韓国と
一つとならなければなりません。

今から100年ほど前、インドの詩聖タゴールが
このように言いました。
その時韓国は日本の植民地でした。

その時彼は韓国を眺めながら、
「コリア! その灯火が再び灯る日に、
あなたは東方の明るい光となるだろう」と。

その意味は、真の父母様によるもので、
光は真理です。
真の父母様のみ言によって
その真理が伝播されるのです。


それを受け入れる国は同時代圏で、同一です。
同一!
一つとなるのです。

しかしアジアにだけ留まることはできません。
世界に出なくてはなりません。

太平洋!
海洋を中心として世界に伝播される真の父母様の思想は、
ために生きる生活です。
施す生活です。

与え、与えて、忘れ、また与える、言うなれば、
真の父母様(の実体のお姿)を知らせることです。

真の父母様、天の父母様の願い、夢は
このようなものです。


堕落した世界に暮らしている人々も
良心作用によって善良に生きたいと思っています。
ですから、今日の4大宗教が出てきたのです。

宗教は善良に生きるように教えています。
しかし、最終的に、「どのようにしなければならないか」
その最終目的を知りません。

ただ、真の父母様を知る
家庭連合だけが分かっているのです。

それで、このみ言をもって世界に出て行くようになる時には、
世界の人々の中には、義なる人々がいます。
備えられた人々がいます。
この真理を聞くようになる時、
彼らはどれだけ感謝するでしょうか?

皆さんを通して真の父母の思想、真の父母に出会い、
真の父母に会うことが
創造主・天の父母様に会うことだと思う時、
感謝の涙を流すでしょうか?
流さないでしょうか?
感謝することでしょう。

それでまさに皆さんが(氏族の)救世主となるのです。
救世主です!


祝福家庭は氏族メシヤになりなさいと言いました。
氏族(の救い)で終わってはいけません。
世界74億人類を考えなければなりません。

年をとった人より、若者たちが
歩くのももっと早いでしょう?

皆さんの活力、皆さんの精力、
皆さんの天に対する孝情の心。
これが世界74億人類を生かす道ですが、
これが灯火でなくて何でしょうか?

皆さんによって世界人類が光を見るのです。
それは、真の父母を知るようになるということです。
これはしなければならないでしょう?

ありがとうございます。



20170509_21.jpg

2017.5.9 天正宮博物館
アジアTopGun4期修了式
(*韓日以外のアジアの青年リーダーたちの修練会)



青年たちは、希望だなと感じます。
真のお父様と直接お会いしていない青年たちも
この中には多いのではないかと思います。

今、真のお母様がこの地上におられることが
どれだけ感謝なことでしょうか。

その真の父母様を正しく証すこと、
ただ、知っているだけでなく、
その価値・貴さを伝えていかないといけないのです。

120日路程の重要な期間中に
もっともっと、意識を高めて、
孝情の心情をもって、歩んでいきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

いざ執筆、だが一筋縄ではいかなかった! こうして原理講論は執筆された2 《史吉子先生》



19520510 genrigenpon.jpg
☆原理原本☆


原理講論ができるまでの、
史吉子先生の証し。

今回はお父様と劉協会長とのやり取り、
聞きしに勝る証しです。
では、どうぞ。


1957年か8年ごろのこと、彼はお父様から、
「あなたが『原理原本』を体系化させなさい」
という指示を受けました。

その際、お父様は夫に対して、
「絶対に自分の感情とか考えを入れてはいけない。
神様とイエス様、お父様だけを考えながら書くように」
と念を押されました。


「原理原本」とは、お父様の愛(まな)弟子であられる金元弼先生が、
北韓にいた時代から、お父様の指示に従って書かれたものです。

金元弼先生は、いつお父様に「書きなさい」と言われてもいいように、
常に白い紙と鉛筆を準備していたそうです。

そして、お父様が神様と一体化された状態で話されるのを書き写し、
また、お父様ご自身が書かれることもあったそうです。


そうしてまとめられた「原理原本」を、私も読んでみました。
ところが、これがなかなか難しいのです。
霊的な内容なので、ただ読んだだけでは分からないのです。

それを劉協会長は、とても頭が鋭いので、
普通の人でも分かるように体系化したのです。

後年、お父様がアメリカで、
「よくもあのような霊的な内容を体系化したね」
と、私の前で二度もおっしゃったことでも分かるように、
「原理原本」は、非常に難解なものだったのです。


こうして大きな使命を頂いた夫は、
日ごろお父様の語られることを参考にしながら、
「原理原本」を一つ一つ解読していく作業を始めました。
お父様が、「きょうは、ここまでやりなさい」
と線を引いてくださるので、その指示に従うのです。

それは、彼にとって大変に難しいことでした。
毎日、静かな場所を探しては書き進め、
できた分をお父様の前で読み上げるのです。
その姿は、まるで学生のようでした。


お父様は単語一つ、文章、内容のすべてを注意深く聞かれました。
そして、間違っていたら、
「そうではない。このように直しなさい」などと指示を下さるのです。

時には、二人で討論になることもあったそうです。
それは例えば、“「知情意」か「情知意」か”という問題です。


劉協会長は、
「堕落した者は愛も何も知らない。
ですから、まず本当かうそかを分別しなければなりません。
ですから真理が先で、それから感じて行動するので、
『知情意』の順番が望ましいと思います」
とお父様に申し上げるのです。

するとお父様は、
「いや、そうではない。
人間がどんなに堕落して原罪を持っていたとしても、
人間はもともと、神様から来た者なので、
本心は神様にいまだにつながっている。
だから何も分別しなくても、まず感ずる世界があるのだ。
いいものか悪いものか、本心が知っている。
だから『情』が先で、それから初めて分かって行動するのだ」
と言われ、「情知意」を主張されるのです。

しかし、夫も自分の意見を曲げないのです。
そうして、「今まですべての論理が『知情意』と言ってきました。
ですから、突然にこれを変えても、
ちょっと困るのではないでしょうか」と申し上げて、
とうとうお父様が「今はそうだね」と譲って、
負けてくださったのです。

ですから、お父様は今でも時々、
「『原理講論』のある所はちょっと気に入らないし、
直す所もある」と言われるのです。


このように、夫があれやこれやとお父様と激しく討論すると、
お父様は「今は、それくらいにしておきなさい」と言われるのです。

すると夫は、「お父様、恐れ入りますけれど、
書く人が完全に理解しないで書けば、
読む人はもっと分からないので、はっきりと教えてください」
と食らいつくのです。

こうして、お父様は忙しくてやることがたくさんあられるのに、
劉協会長がくっついて離れないので、
お父様は「きょうはそれで終わりだ。これ以上聞くな!」
と怒られるのですが、夫は、それでもまだしつこく、
「お父様、きょうはこの分を書きますから、
この分だけ教えてください」と哀願するのです。

すると、それを見かねたお母様が、
「協会長、お父様とけんかしないように」と言われるのです。

すると、彼はしおしおとしおれて部屋に戻ってきて、
「お母様までも、自分をいけない者と思っているからどうしよう。
私は、決してお父様とけんかなどする気持ちはないのに。
ただただ理解したいだけなのに」と嘆くこともしばしばでした。



「知情意」というのは、
創造原理第4節に掲載されていますが、
お父様と劉協会長との激しい論争があったんですね。。。

原理講論は貴いみ言だとは思っていましたが、
一字一句に対しても、お父様に確認しながら、
文面を作成していかれたのだと知りました。
劉協会長がお父様のみ言を万民に伝えたい・・・
そのような熱烈な思いがあったのだと感じます。

原理原本を原理講論という形で、
分かりやすく私たちに与えて下さった、
真のお父様と劉協会長に改めて感謝いたします。

続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





posted by ten1ko2 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする