2017年05月07日

お母様のなした奇跡! イエス様がローマ国会で語るべきだったみ言?! 《真のお母様のみ言》



20170430_20.jpg


去る4月30日、韓国で行われた大会における、
真の父母様のみ言です。


尊敬する内外貴賓、平和大使、
愛する祝福家庭の食口の皆さん!

きょう、私たちは地球上で起きている
暗たんとしたすべての問題を、
どのようにすれば解決することができるか
ということについて考えてみようと思います。


イエス様は十字架に架かられながら、
「私はまた来る」、
また来て「小羊の婚宴」をなさるという、
そのみ言を奉ることのできる準備を
しなければならないのがキリスト教の使命です。

その責任を、韓国のキリスト教を代表する群れが
果たさなければなりません。
しかし彼らは悟ることができないのです。

今やこの地に天がそれほどに待ち望み、
人類が願う独り子・独り娘、
真の父母が誕生されたのです。
皆さん!
人類の未来の希望が見えますか?
真の父母と一つになって進む時に、
人類の未来があるのです。
分かりますか!


2016年に発議をした(世界平和国会)議員連合!
10ヶ月ぶりに6大州を経て、
米国上院議員コーカスルームには
300余人が集まり、その場に現役の国会議員も来ました。
米国の国会議員は80余人が集まったのです。

その場で、平和へ続くことができる道は、
今や私、独り娘、真の父母と
一つになって行かなければならないと発表しました。
驚くべき革命的な話でしょう。

過去2000年前にイエス様がローマの議会で
語らなければならなかったみ言です。
このように外的な環境圏を整えました。

この国が貧しく、また世界が混沌の中にあるのに、
700余名の世界中の現役の国会議員たちが
この国、韓国へ来ました。

私は彼らに、皆さんが各々の国へ帰って行き、
氏族メシヤの責任を果たしてほしいと言って頼みました。
氏族のメシヤになりなさいと話したのです。


今でも議員連合は継続して
120ヶ国で創立されていっています。

数日前には13億の人口を持っているインドで
創立大会が行なわれました。

インドはキリスト教や仏教が
国会の席を取ることはできない国です。
しかしそこで現役の議員たち120人が集まって、
創立大会を成功裏に行ったのです。


このような現象は真の主人!
真の父母を称賛する人たちが
どれだけ多いかということが分かるようになります。

そうです。
堕落した人類の願いは、真の父母によって
生まれかわる過程を経て、創造主、神様、天の父母様の
子女になることが願いなのです。

しかしその皆さんの願いは、政治の力や宗教の力、
どんな思想の力を持ってしてもだめです。
真の父母だけが、解決することができる道です。



私たちは神様の祖国になることができる祝福を受けました。
それでは皆さん、皆さんは責任を果たさなければなりません。
実践しなければなりません。
行動で見せてくださらなければなりません。

そしてこの民族が、この国が、ただ神様だけが
留まることができる、真の父母だけが留まることが
できる国として、世界に堂々と立たなければなりません。



新しい時代に太平洋文明圏時代を開き、
世界へ広げて行かなければなりません。

過去2000年の歴史に起きた大西洋文明圏時代は
収穫して奪う時代だったとすれば、
太平洋文明圏時代は真の父母を中心として
「ために生きる」真の愛を実践することで、
人類が願い、天の父母様が願う、神様を中心とする
人類一家族の世界を成すことができるのです。


皆さん、そのように決断して実践しますか!
(はい) 

そのように天の父母様の前に、孝情の心情で
喜びと頌栄を捧げるその日に向けて、
前進また前進しましょう!


真の父母様と最前線で歩めることが
どれだけ感謝であり、光栄なことでしょうか。。。

2020年に向けて、お母様が
命を削る思いで日々歩んでいるこの時、
私たちは孝情の心情で歩んでいきたいと思うのです。



20170430_08.jpg

世界平和統一家庭連合主催
「希望の大韓民国!大国民和合統一前進大会」
天一国5年天暦4月5日(陽4.30)一山キンテックス







にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする