2017年05月13日

1秒圏時代! 折れない矢になるために?! 聖和5周年に向かう心構え2 《総会長のみ言》



18199532_1429659633761847_5552534374752234792_n.jpg


総会長のみ言。
私たちが今持つべき心構えの
二番目から四番目を紹介します。


二番目には、人類に対する神様と真の父母様の復帰の心情を相続し、
『一人でも多く』ではなく、『最後の一人まで』
という意識をもって歩んでいく私たちとなりましょう。


三番目には、疎通と共有の文化を定着させ、
集団知性の力で教会・家庭の問題を克服するのです。

一人の力でなく、全体が一つになって、
一つの矢は折れますが、固く縛った矢の束は折れません。
疎通と共有で難しい問題を克服していきましょう。

真のお母様は今年の1月3日に、

「今は1秒圏時代に来ています」

そのようなみ言をくださいました。

これは、位置、職責に関係なく、
同じ情報を共有し、疎通していこうという意味なのです。


四番目には、絶対精誠を捧げて、絶対勝利を成し遂げる
そのような私たちになりましょう、ということです。

真のお母様は5/14(日)東京で1万2000名の大会をされます。
お母様は昨年、各都道府県で1万名の基盤が出来れば、
その地に来る、と約束されました。

母の国の救国救世基盤の造成がなされ、
祝福の器を広げていくために、
精誠の束を広げていきながら、
天が下さる運勢を相続しないといけないのです。

食口の皆さん。
真のお母様を正しくお迎えするために、
私たちは絶対精誠を投入しなければなりません。

今回、天が与えてくださった120日の精誠路程、
この期間、私たちは絶対失敗してはいけません。


私がニュージーランドの宣教師の時に、
真のお父様が語られたみ言があります。

「絶対精誠、投入すれば、絶対勝利できる」

と。
このみ言を日本の全祝福家庭は、絶対的に確信しながら、
勝利的に歩まないといけません。

水が100度になって沸騰するように、
絶対精誠を捧げて、
私達家庭の目標、教会の目標、
教区、地区、日本全体の目標を
勝利する私たちにならないといけないのではないでしょうか!
(文責:ten1ko2)



120日といえば、40日が3回ですね。
40日のサタン分立数を3段階で越えていくために
総会長のこのみ言は、本当によい指針になると思います。

宋龍天総会長は、10数年間、真のお父様をお迎えできなかったヨーロッパに
シェンゲン条約を取り払うことを通して、
お父様を奇跡的にお迎えできるように導いた功労者です。

その時の証しにも、ニュージーランドの時のことを語られています。


真のお父様をヨーロッパにお迎えできた、
そのきっかけはただ一つであります。

昔、ニュージーランドで責任者集会に参加したときのことです。
その時、お父様は11時間訓読会をされました。
夜8時から水一滴飲まずに座ったまま訓読をされたのです。

訓読会を終えて、お父様が帰ろうとされたとき、
私に対して、このようなみ言をくださいました。

『私のようにやれば、不可能はないんだ』

これが全てです。
不可能はないと言われたお父様のみ言を信じて、
お父様をお迎えしたいという一念を持って歩んだら、
本当にお父様をお迎えすることが出来ました。





今回の120日路程も、
私たちが『絶対精誠』を捧げることで、
奇蹟的な勝利をおさめることができるのです。

そのための出発が明日、真のお母様をお迎えしての
東京大会であると思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする