2017年05月15日

さまよう人類! 世界の真の主人、羅針盤は、真の父母です!! 《昨日の東京大会より》



20170514ariake.jpg


昨日、真のお母様をお迎えして
東京大会が行われました。

お母様のみ言を書き留めましたので、
一部省略、編集して紹介します。


神様は堕落した人類を救うために、
復帰歴史を歩まれました。

アダムからイエス様に至るまでの
4000年間は、どれほど難しかったでしょうか。

そして、独り子イエスが誕生しましたが、
マリヤは、責任を果たすことができませんでした。
そのことで、イエス様は、十字架につく運命でした。

イエス様は、「再び来る」と言われました。
それが、子羊の婚宴です。

イエス様は、真の父母になるため来られたのでした。
2000年のキリスト教歴史は、
独り子・独り娘を迎えるためにあったのです。


キリスト教は世界中に版図を広げましたが、
その本質がわかりませんでした。
奪う文明となってしまいました。

天は、独り娘の基盤を準備しました。
それが、韓国です。

キリスト教の基盤は、再臨主を迎える
環境圏を整える使命がありました。
ところが残念なことに、神様を知らず、
イエスの本質を知らなかったのです。


神様の夢は、人類の真の先祖、真の父母を送ることでした。
そうなれば、個人救援でなく、
家庭救援をすることができたはずです。

真の父母を通して、新しく救われる、
真の子女になる道でした。

そう考えた時、2000年前は、
マリヤが責任を果たすべきでした。
しかし、マリヤはイエスが何者か、
その使命をわかりませんでした。


今日、イエス様が出会うべきだった独り娘が誕生しました。
その責任を果たしたのが、大母様です!

そして、日本は母の国として選ばれました。
日本は清平を愛し、
大母様の勝利圏を相続してほしいと思います。

今日は若者が4000名参加したと聞いています。
トップガン修練を受けた若者、延べ1万名 
世界に出ていくでしょう。
皆さんも、参加してくださいますね!


真の父母を知らなければなりません。
世界・日本の難問題を解決するためには、
父母を迎え 侍らなければなりません。
神様に侍る運動が、家庭連合の運動なのです。

世界万民が神のもと人類一家族となるために、
日本母の国、皆様は、世界の前に、母の立場で、
全人類をひとつの兄弟姉妹として、
全力を傾けてほしいのです。

母の心で世界を抱いて欲しいと思います。
皆さんが先頭に立ち、
偉大な歴史的主役となることを願います。
そうしてくれますか?

日本のすべての人たちが、
真の愛を実践していけるように、 
世界を抱く母の国になることを宿願いたします。

(文責:ten1ko2)



昨日は、ちょうど母の日でした。
この日に、会場がちょうど空いていた、
ということ自体が奇跡的なことであり、
真のお母様を日本にお迎えする、
最高の日であり、
天の祝福であると感じました。

最初のエンターテイメントも
母の日、そしてこの日の題目が
「孝情フェスティバル」とあるように、
親孝行を思わせるような内容がたくさんありました。

徳野会長も言われていましたが、
世界の真の主人、羅針盤は、真の父母様です。
お母様は、何度となく、
「真の父母を証さなければならない」
そのように語られます。

こうして何度も語られるということは、
まだ、私たちがそのように証ししきれていない、
そのような立場なのではないか、と思わされます。

「何度も聞いているみ言だ・・・」
そのように思っていても、
本当に実践している私たちなのか、
そう思うとまだまだ足りないのではないでしょうか。

真の父母様を証せるのは私たちしかいないのです。
足りないながらも、120日の精誠期間を
前を向いていくしかない、と思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする