2017年05月22日

こうして原理講論は執筆された! 1 《史吉子先生》



19670612ikko1 (2).jpg


原理講論が韓国で発刊されたのが1966年5月10日
今からちょうど51年前のことです。

シリーズで原理講論ができるまでの、
史吉子先生の証しをご紹介します。


『原理講論』が執筆された経緯についてお話ししましょう。

お父様の指示のもとに、『原理講論』をまとめたのが、
私の夫である劉孝元(ユ ヒョウウォン)・元協会長です。

彼も北韓生まれで、普通の韓国人はなかなか入れない
京城帝国大学(現在のソウル大学)に入るほどの秀才でした。
彼は、そこの医学部予科を経て、
本科四年在学中に脊椎カリエスを患いました。

脊椎カリエスとは、結核菌が脊椎を侵していく病気です。
彼の場合、それが股関節にまで下りてきていたのに
発見するのが遅れ、手術を余儀なくされました。
そのときに、結核菌に侵されてしぼんだ骨を切り取ったので、
片足が曲げられなくなってしまったのです。


お父様は後に、私の夫に対して、
このように言われたことがありました。

「あなたは寅年だから、激しい性格である。
だからもし、あなたの足が悪くなかったならば、
独立運動、反日運動で殺されていたであろう。
だから、あなたはお父様に用いられるために、
この世に出ていかないように、
神様があなたの足を打って寝かせてしまったのだ」


けれども彼は、その当時は“自殺しようか”と、随分悩んだそうです。
それでも結局、それを思いとどまらせたのは、
彼のお母さんの篤い祈りでした。

お母さんは、彼の隣の部屋で、
「どうぞ神よ、私の息子を救ってください」
と、毎日、祈っていたというのです。

そんなある日、お母さんが按手で有名な
一人のおばあさんを連れてきました。

すると、そのおばあさんは、
「普通の人は天から星が一つきらめくけれども、
あなたは三つきらめいた。
あなたは将来、きっと神様のために尽くす大物になりますから、
死ぬようなことはしないで、
これからは信仰で生きてください」と言うのでした。


この言葉で彼は、キリスト教会で一生懸命に信仰をするようになり、
同時に聖書を研究するようになったのです。

ところが、聖書は例え話が多く、表現があいまいです。
彼が一番迷ったのは、「善と悪の問題」であったそうです。

また、「だれかがあなたの右の頬を打つなら、
ほかの頬をも向けてやりなさい」とか、
「下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい」
「だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、
その人と共に二マイル行きなさい」などという聖句に触れるにつけ、
「神様の願われる善に届くには、自分は死ぬしかない」と悩んだといいます。


しかし、真のお父様に出会い、原理を聞いて、
それらの疑問はすべて解けました。
原理における善と悪の定義は、簡単です。

「神の創造目的を成就する行為とか、その行為の結果を善といい、
神の創造目的に反する目的のための行為をなすこと、
または、その行為の結果を悪という」

彼が原理を聞いて、とても感動していると、
「あなたには、ろうそくをともす燭台の使命と
天使長のらっぱの使命がある」という声が、
霊界から聞こえてきたそうです。

ですから、彼が原理講師という、
いわば祭司長の立場を命ぜられたということもうなずけます。


やがて彼は、その預言どおり、
お父様から特別に原理講義の訓練を受け、
あるときから講義を始めるようになりました。

当時は、たくさんのキリスト教会が
統一教会を“異端の群れ”と決めつけて、
つぶそうと躍起になっていました。

「妻を奪われた」と言ったり、
「教会からたくさんの信者を連れていかれた」と言って、
そのような恨みのある人が講義を聞きに来るので、
彼らを説き伏せることは、とても大変でした。

ですから講義といっても、ありったけの声を張り上げて行うので、
それはまるで、けんかのような状態でした。
聞きに来る人たちも、わざとややこしい質問をしたり、
講師の話を聞かずに困らせたりするのです。

それをお父様は、そばで聞かれていて、
彼らに対して霊的な話や心情的な話をされ、
納得させていかれたのです。

このように、私の夫が講義をして、
それをお父様が助けるというように、
二人は親子のような関係にあったのです。



劉孝元協会長は、お父様に出会うべくして、出会われました。
ソウル大の医学部ということは、日本で言えば、
東大の医学部と同じ立場ですね。。。

キリスト教の疑問をすべて原理で解明された・・・
その喜びはいかばかりだったでしょうか。

また、講義は、劉協会長、質問の答えはお父様。
そのやり取りがどんなものだったのか、
とても興味が湧きますね。。。

史吉子先生の証しは、
何回か続きますので、お楽しみに。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする