2017年05月27日

原理をそのまま語りなさいと、お父様が言われる理由(ワケ)?! 《史吉子先生》



19660501.jpg
☆原理講論が初めて出版された日
1966.5.1☆


史吉子先生の証し。
続編です。


このように、お父様が「本を読みながら講義しなさい」と言われることには、
もう一つの大きな理由があります。

お父様は昨年、有名な講師たちによる原理講義のビデオを
アラスカでごらんになって、とても心配されました。

そしてお父様は、
「分派、教派分裂したら統一教会は滅びる」と言われたのです。
それは恐ろしいことです。


説教する人は、あくまでも『原理講論』やみ言集を手放してはいけません。
講師の中には、説教をするときに、聖書を形式的にみ言を
ちょっと引用してから自分の話をする人がいますが、それがいけないのです。

私がなぜ、これほどまでに縛りつけるのかというと、
今まで人間がやったことは、その動機が自己中心的なものでした。
ですから、これを神様のみ言で焼き尽くさないといけないのです。

ですから今からは、原理講義は、
『原理講論』のとおりに講義することが望ましいのです。
そのようにして、分派を防ぐのです。

そして説教では、『原理講論』やみ言集を読んで解釈しながら、
「自分はこのようにみ言を実践した」という証しを入れていくのです。
そのように、あくまでも本を基にするのです。

お父様が、四十年間以上かけて語られたみ言がたくさんあるではないですか。
いくら語っても語り尽くせないほどの内容が、有り余っているのです。
それにもかかわらず、なぜ、そこに自分の考えを入れて、薄めてしまうのでしょうか。


その点、女性たちは素直にやるのではないかと思います。
男性の講師たちは皆、物知り屋で、話し始めたら、
いつの間にかお父様の話からそれていってしまいます。
いくらしかっても、その癖を直せない講師が多いのです。

聖書に、「新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである」
とありますが、
それが今、女性時代において、
お母様とともに成すべきことであるといえます。


責任者たちがお母様に、
「何か一言おっしゃってください」とお願いすると、
お父様は、
「お母様は、お父様の書いた原稿以外は話さないよ」
と言われます。

そうなのです。
お母様は、お父様の反射体であられます。
月は、太陽の光を受けて光るのです。


ですから原理講義は、女性が今まで以上に行うべきです。
女性は、言われたこと以外はやりません。
そのことだけを一心不乱に行うのです。
最後の短期決戦を女性が担うということには、このような理由があるのです。

それでお父様は私に、
「男性は天使長だから女性についてくる。
だから妻を連れてきて教育すれば、夫はついてくる。
だから女性を教育しなさい」
と言われているのです。



お父様がおられるときは、
お母様は絶対服従の道を行かれました。

今は、お父様が霊界におられるので、
お父様と一つになって歩まれるお母様です。

しかし、原理原則の道を貫いておられる
真のお母様であることを知らないといけません。

原理講論、キリスト論を見れば、
真の父母様の価値が一目瞭然なんですが。。。

続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする