2017年05月28日

父母が覚えた精誠!! 新プサン教会誕生、その背後の物語?! 《献堂式のみ言 5.21》 



20170521_25.jpg


釜山教区新聖殿献堂式の内容が
週刊ブリーフィングに掲載されています。
お母様の祝祷とみ言(部分)を紹介します。



真の父母様の祝祷

愛する天の父母様!

今日この場を準備されたあなたの愛に感謝を捧げ、
この国が最も困難な時に避難民として、
この釜山でこれからの摂理のために、
大きな夢を描かれ、原理原本を作成され、
未来の世界が統一することができるようにと、
世界基督教統一神霊協会を創立する
準備をされた場所がこの場です。

切に願わくば、60余年前に描かれた
真の父母様の夢を実現する
この場となることができるよう役事してください。




真の父母様のみ言

6000年ぶりに天が誕生させた独り娘、
その独り娘を待つ独り子、
真の父母の立場に出て行く前に、
再び人間によって失敗する訳にはいきません。

この釜山で、未来に対する設計をされながら、
原理原本を作成され、
これから世界を抱かれるべき、
特にキリスト教を中心としてみ旨を
広げて行かれなければならなかったため、
世界基督教統一神霊協会!
神霊と真理、み言で新たに人類を救援される
真の父母の立場に出て行かれる準備をしたのが、
ここ釜山です。

60年前、お父様は海を眺められながら、
み旨がなされるその日、世界万民が船に乗り列を成し、
飛行機に乗って列を成して、限りなく、限りなく、
本郷の地、本聖殿がある場所へと押し寄せてくる、
そのような夢を見られました。

それを私が実現させます!



20170521_13.jpg




釜山はお父様が原理原本を執筆されたところです。
お母様は祝祷においても、み言においても、
そのことを語られていました。

ちょうど、劉孝元先生の原理講論執筆に関して、
ブログに上げているのもタイムリーだと思わされます。

そして、実は、この奉献式の翌日、
北千葉のメンバーたちが教区長を中心に
釜山教区に訪れているのです。

教会長も参加されていたので、
献堂に関しての証しを聞くことができました。


釜山教区では、1984年、お父様がダンベリーに入られた時、
食口が精誠を立てて、1億ウォンをお父様に捧げられました。

お父様は本当に感動し、ダンベリーから出てこられたあと、
『これを種にして、教会の献堂をするように』
ということで、同じ額のお金をくださったそうです。

それで、3年前から、食口たちがさらに精誠を捧げ、
教区本部の周りの土地も購入し、
そして、大きな教会を建てました。

教会が完成したのは、1月だったのですが、
精誠条件3年間の終了するのが5月20日でした。

お母様がそのことを知って、
『私が奉献式に行くよ』
ということで、5月20日の献堂式になり、
もともと予定されていた北千葉教区ツアーの
前日にお母様がこられたのでした。



映像でもわかりますが、
釜山教区本部はとても立派な建物ですね。

また、その背後に精誠条件があることも
とても重要だと思います。

精誠の柱は神様さえも恐れると聞いたことがあります。
神様の夢である天一国実現のためにも
精誠を立てて歩むことが重要だと思います。

釜山教区の食口の精誠を相続して、
歩んでいく決意を持たせていただきました。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする