2017年05月30日

原理講論をお父様が執筆しなかったワケ?! そして、イエス様出生の秘義が! 《史吉子先生》



19520510.jpg


史吉子先生の「こうして原理講論は執筆された」
第5弾です。


すでに述べたように、『原理講論』は一言一句にわたって
お父様の監督と指示のもとに書かれたものです。

ですから、もし私が、「『原理講論』は私の夫が書いた」
と言えば、お父様は怒られます。
「おまえの夫が書いたのではない。先生が書いた」と。
そのとおりです。


それでは、お父様がどうして直接、書かれなかったのでしょうか。

統一原理とは「創造」、「堕落」、「復帰」
という三つの部分から成っています。
堕落した罪深い人間は、この原理によって罪を清算し、
罪から解放されて神様に帰ることができるのです。

ですから原理とは、堕落した人間の中から代表を一人選んで、
“罪を告白させる”という形で書かせなければならないというのです。

真のお父様は、堕落とは関係がない、完成したおかたですから、
ご自身が原理を執筆することはできなかったのです。


けれども、神学博士とか神学者、またはクリスチャンが
無条件にお父様を認めて従ってくるときには、
お父様ご自身が「原理原本」を書くと言われました。

「原理原本」においては、イエス様の母である
マリヤの問題が一番深刻です。
それで私はいつも、その時を今か今かと待っていたのです。

ところが近年、お母様が講演された
「救援摂理史の原理観」というみ言には、
イエス様の血統が明らかにされています。

お父様は、原稿をほとんどご自身で書かれますから
“ああ、お父様はお母様を通して『原理原本』の一部を
少しずつ出しておられるのだ”と悟った瞬間がありました。


また、お母様の「真の家庭と私」の講演にも、
私は大変感動しました。

その内容は、心と体の問題、良心の問題、人生の目的等々、
人間だれもが考えることが語られています。

そこでお父様に、「これこそ本当に、だれもが一度は考えるものです。
その人間の心の悩みがお母様によって語られ、
導かれて、本当にうれしかったです」と申し上げると、
「それは先生が、四十年間み旨の道を歩きながら、
ずっと経験してきたものだ」と言われたのです。


「救援摂理史の原理観」と「宇宙の根本を探して」
という重要なみ言に加えて、
今回の講演では、「真の愛を中心とした真なる家庭と真なる宇宙」
という題目で語られました。

お父様は、「真の家庭と私」を基礎としたこの三つの講演文を合わせて、
「成約聖書の本をつくるように」と言われました。

ここにおいて結論は皆、出ました。
お父様の「原理原本」は、このように
お母様を通して、今地上に現れてきたのです。

ですから私は、このように考えるのです。
『原理講論』の中に入っている原理は、
家に例えれば骨組みであり、そこにきれいに壁を作り、
屋根をつけて、肉づけしていくのがお父様のみ言なのだと。



イエス様出生の秘義は、
公式的には、真のお母様が
初めて明らかにされた・・・
これはとても重要なことではないでしょうか。。

最近、お母様が語られるみ言では、
マリヤが使命を果たさなかったこと、
そして、その使命を果たされたのが、
大母様であることを堂々と語られています。
そして、『私がひとり娘である』と。。。

お父様ご自身がお母様を立てられて、
重要なみ言を語らせているのです。
そのことを私たちは知らなければならないと思います。

史吉子先生のみ言、
次回が最後になります。
お楽しみに。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする