2017年06月12日

泣く教会、再び! そして迫害の始まり…! 《キリスト教牧師からの華麗な転身⁈ 李ヨハネ先生》4



10985544_428960850587652_3357348608371342483_n.jpg


李ヨハネ先生の証し、続編です。


釜山(プサン)の凡一洞(ポミルドン)の土の家から始まったみ旨の伝道により、
日ごとに人々が多く集まるようになり、
毎日我々を中心として新しい様相が展開されました。

まずみ言により復活変化して行ったことは人の心であり、
次に周囲から私たちを見る目でした。

私たち食口が数名しかいないときは、
周囲の関心は別にありませんでしたが、
だんだん食口が増えると高麗派(の教会)から
「凡一洞に変な集団がいるので注意しろ」という広告が出され始めました。

特に食□たちの往来が激しくなり、先生は長い時間み言を語られました。
その上にまた金元弼氏が稼いだもので、その日その日を暮らしていたので、
経済的にとても難しく、また先生は金ができると
みんな貧しく不幸な人に上げてしまわれました。

そうして人々が集まるにつれて、社会の冷たい目も集まって来ました。
そうでなくても先生は北から来られた立場なので、
警察や憲兵隊の疑いを受けやすく、
一体どんな理想を持って人があのように出入りし、
社会的な肩書もなく教会の看板もなく、
(既成キリスト)教界から認定もされないのに、信仰の熱気が高いのか、
すべての人たちが疑いの心を捨てることができませんでした。


たまたま姜賢實(カン ヒョンシル)さんが入教した後、
光福洞(カンプクドン)の高麗派(の教会)から
権士や執事が入って来て、私と因縁のあった教人が
よく教会に来たりするようになりました。

ソウルから避難して来た人が多い所でした。
教界から我々に反対の矢を向けるようになった原因は、
玉世賢(オク セヒョン)さんの夫である長老の影響も大きかったのです。

その人は玉さんのおばあさんが平壌(ピョンヤン)でも先生に従い、
釜山に来てからも従うので不満に思って、多くの迫害をなし、
教界に密告し再臨主として従っていると、いろいろ陥れようとしました。

玉さんのおばあさんの夫である禹(ウ)長老はその後、
高麗派神学校に入って牧師になり、
婦人と離婚した後再婚してしまいました。

この人は平壌でも大きな教会の長老で、
神学の勉強をしたので先生を正しく理解できず、
愚かしく見ていたのでした。


私の知る朴ユンソン牧師みたいな人も
(私もその弟子の一人でしたが)
呆れたように見てまじめに対話しようとしませんでした。

私はみ言を聞いてしばらくの間は、
「先生が誰か」という疑問を持ちませんでした。
原理を聞いて聖書的に根本問題を解決して秘密が明らかにされ、
無条件に先生に従い尊敬するようになりました。


そして人によって信じる角度と深度が違っていました。

ある心霊的な人は「訪ねて行って拝しなさい」
という啓示を受けて礼をなし、
たとえ青年で作業服を着ていたとしても、
その方の前に出ると痛哭をしたり、
主のように侍らねばという程霊界の指示があり、
先生を中心としてすばらしい雰囲気が高まりました。

先生がどんな方かに対して霊界から物々しく教えてくれるので、
皆とても対し方に苦慮し、礼拝のときに心霊役事をする人を
一言でやめさせるのを見て、恐ろしい方であると皆考えました。

霊的に自己を主管できず、無我の境地で役事をする人も、
先生の一言で正気に戻りました。

玉世賢さんのような人は、平壌にて啓示を受けて来たために
先生のことをよく知っていましたが、
ある人は、牧師よりすばらしい人だ、
誰よりもすばらしい人だという程度の理解で先生に従っていました。

またある人は熱心にみ言を聞いて感銘を受け、
先生がこれからしなければならないことに対して話された後、
服を作ってあげ、よく接待してあげたにもかかわらず、
ノアの方舟のカラスのように出て、再び帰って来ない人もいました。


その当時は大部分の人が心霊的役事をしました。
役事の特徴は悲しみに胸が一杯になって泣くことでした。

避難生活で苦しめられる何もない環境の中で、
霊界から指示されたように先生を奉り侍ることもできず、
位置はあまりにも貴重ですごいのに、
そこへ座っている私はあまりに不足しており、
神の前に面目がなく、心が苦しくて泣く役事でした。



北韓でも、『泣く教会』と言われていましたが、
南で出発したときにも、『泣く教会』だったのですね。。。

そのような霊的役事の土台で出発した
家庭連合(旧:統一教会)です。

私達は、霊的にあまりにも鈍いのですが、
霊界においては、多くのクリスチャンたちが、
真の父母様に侍っていることを
どれだけうらやましく思っているか知れません。

地上のお母様に孝情の心情をもって歩むことを
改めて決意させられるのです。。。

続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)