2017年06月13日

11年前の今日は?! ★ブログ8年目! これからも、「いつも私のとなりに神様」を!!



2006_06_13_.jpg


今から11年前の今日、2006年6月13日は
歴史的な日でした。
天正宮の入宮式がなされ、また真の父母様が平和の王として
戴冠式が行われました。

その後、天正宮においては、
前の大きな広場において数々の行事がありましたが、
その出発がこの日でした。
不思議なことに、いつの時にも晴天に恵まれている
印象がありますね。


2006.0613.jpg


さて、今日は我が家においても
子女の一人が誕生日を迎えます。
歴史的な記念日を家族の大切な日として祝えるのは
とても光栄で嬉しいことです。

また、この6月という月を考えると、
私個人的に、節目の月なのです。

献身したのが、1989年6月でした。
それからすぐに1回目の拉致監禁をされました。
もう28年も前のことになるんですね。。。

家庭修も6月。
二度の拉致監禁を経ながらも、
こうして家庭を持っているということは、
奇跡中の奇跡だと思うのです。
心から感謝しています。

そして、もう一つ、このブログを書き始めたのも、
10日以上前になりますが、
今から7年前の6月2日のことでした。

恥ずかしながら、こんな記事でした。。。
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/151811066.html

折しも、基元節まで1000日という節目の日に
このブログは、出発したのでした。
(実際には天歴で行われたため、少しずれましたが。)


ブログを書くようになったきっかけは、
私が拉致監禁の体験をしたからです。

13年5か月の間、多くの試練を通過して、
見事に教会に戻ってくることができた後藤徹さん。
実は彼とは学生部で歩んだ仲間でした。

彼が、駅頭で声高らかに叫んでいる姿を通し、
「本当にえらいな」という思いと、
「自分は何をしているんだろう・・・」
という申し訳なさがあり、
援護射撃ではないですが、
ブログを通して、拉致監禁の不当性を訴えよう、
そんな気持ちで出発したのでした。

ですから、ほとんど今は書いていませんが、
最初のころは、拉致監禁に関する話題が多かったのです。

今のように、み言や教会に関して、
さらには、伝道の証しなどを記事に載せるようになったのは、
特に3年半前に、今の教会長をお迎えし、
路傍伝道をするようになったことが、
一つの転機だったように思います。


そして、忘れてはならないのが、
「いつも私のとなり」にいる、神様。
そして、もう一人の大切な存在です。

7年間、書き続けることができたのは、
夫婦二人三脚のおかげです。
家内にも心から感謝しています。

家内はタイトルをつけるのが上手です。
また、写真を載せたり、記事の校正・レイアウトも家内の仕事です。

そして、このブログは、皆様のために書いているのですが、
実際には、私たち夫婦が一番恩恵を受けているように思います。

いつまで書き続けることができるか、
神のみぞ知る、と言った感じではありますが、
これからも許される限り、よい内容を発信したいと思っています。

みなさま、これまで、どうもありがとうございました。
これからも、皆様のとなりに神様、
そして、このブログがいつもありますように。


2006.0613 (2).jpg





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする