2017年06月16日

私たちが小メシヤとして立つとき!! 〜60代の李ヨハネ先生より 《里程標》



7006cefa39a2d2e86a65a5025bf3d297-300x300.jpg


今や100歳を越えられた李ヨハネ先生ですが
60代の頃の証しをお伝えしてきました。
今日が最終回です。


今日の多くの(既成キリスト教会の)牧会者たちも、
み言を教えるための人であって、
自分自らは受肉できていない実情です。

ロゴスの実体になってみ言が出てこなければなりませんが、
既成教会の実情はそうでないようです。
ユダヤ教団がイエスが分からないのは、
ユダヤ教団が自分自身を知らないためです。

み言だけで伝える偽善者でなく、
み言通りに暮らすユダヤ教団であったとすれば、
イエスが分からなくなるはずがありませんでした。

今日のキリスト教の現実も二千年前と一つも違っていません。


先生はみ言を伝えてくださり、
自らみ言の実体であることを見せてくださいました。

命と心情をもたれた方で、目があり耳が聞いている人は、
霊的にあるいは実体的に証拠を受け取り、
証拠を見せてくださいました。


今や我々は神様の代身者となり、
小メシヤとして立たねばなりません。
イエス様が人間を通して成し遂げようとされた
み言の実体とならねばならければなりません。

そうなれば家庭はみ言の宴の家となり、
愛の中心となるのです。

既成教会では神様の計画や内容を知らず、
聖書を文字そのまま信じているので、
儀式と形式、観念の信仰になるほかありません。
しかし統一教会は知らないで信じる信仰ではなく、
信仰は儀式や観念でなく真の情なのです。


今や「子女の時代」であることを宣布され、
代身者、小メシヤの使命を与えられました。

子女時代とは愛の自立を意味します。
先生に頼らないで、あなたを中心として
もう一つの愛の集団を作りなさいということで、
これが家庭教会運動です。

愛は一人でなるものでなく、
ブドウが枝にふさふさと垂れ下がっているように、
愛の拡散運動が必要なのです。


初期には霊的に我々をよく引き止めてくれましたが、
今はこの地に天のお父様の事情をよく知っている
息子、娘が大きくなって来ているので、
自体内において真の情と心霊が誘発され、
実を結ぶのが願われているのです。

み言を伝えて来た私自身も、どれ程
神様に適合した代身者になったか振り返ってみて、
これから不足した部分は補充して、
よりお父様の前に近い小メシヤとなることが
重要なのではないかと思いなら、これで終わります。



お父様の遺言は、
「神氏族メシヤ」になることです。

李ヨハネ先生も、「小メシヤ」
と語られていますが、本質は同じです。

与える立場、愛する立場を成すことで、
絶対にずれることはないと思います。

神氏族メシヤの道を歩むことが、
真の父母様に近づくことが出来るのです。

どんなに大先輩だったとしても、
どんなに位置がある人だとしても、
その道を歩むことが天の願いであり、
私たちの本心の叫びであると思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)