2017年06月21日

興南収監、それは魔術を使ったから?! 連行、公判そして実刑! 《金元弼先生の証言》



heijo_shigai_194xs.jpg

70年前の平壌(ピョンヤン)で、
熱い信仰の集団を率いたお父様。
金元弼(ウォンピル)先生の証し、今日は
興南に送られるようになった経緯です。


(先生は「魔術をする人だ」という噂が流れ)
そのような投書が、共産党局までどんどん入るようになったのです。
約80通も入ったのです。

そのため先生は1年10ヵ月の平壌での牧会生活を終えて、
1948年2月22日、共産党に連行され、
刑務所に入るようになったのです。


先生が連行されると、担当刑事たちは、
先生が魔法を使うと思っているので、
調査をする途中にも先生がトイレに行かれれば、
魔法を使っていなくなるかと思い、
常に2人の刑事がトイレまでついて行ったのです。

また1人でおけば、いついなくなるか知れないので、
先生を7日間眠らせないで、
彼らは交替で眠りながら監視したのです。

ところが先生は目を開けて眠ることができるのですが、
彼らはそれを知らなかったのです。
彼らがどれほど偽りのうわさを信じて
先生に対したことでしょうか……。


先生は「社会の秩序を乱した」という罪名で
5年の実刑の言い渡しを受けました。

そのとき、判事が判決文を読んだのですが、
その内容の中には先生は『非常に無知な人たちに、
虚偽捏造して財産を奪った』とされていたのです。

その判事が判決文を全部読んでから、
「ここに改める言葉がないか」と先生に聞きました。

共産党統治下なので他の人たちは、
何としてでも気分を害することなく、
同情を求め刑が軽くなることを願って、
自分に過ぎた表現をしても黙っているか
「ありがとうございます」とか、「よろしくお願いします」
というのが通例ですが、先生は絶対にそのようにはされず、
「虚偽という言葉を除きなさい」と言われたのです。


彼らは先生に、電気はいかに作るのかという質問を始めました。
先生は電気発生の原理を説明されました。

彼らがその質問をしたのは、『見えない電気も人が作り出したのに、
なぜ存在しない神を存在するというのか』というやり方で、
自分たちの幹部に教育されていたからです。

先生が多くの教会指導者たちと共産党員たちが大勢傍聴する中で、
最初に公判の席に出られ大きく背伸びをし、
余裕をもって堂々と裁判を受けておられる姿に、
平壌教会で私の見ることのできなかった面を見て、
深く考えさせる所がありました。


先生が実刑の判決を受けたので刑務所に移ることになって、
法廷から出るときに先生は、片手に手錠が
はめられていましたので片手をあげて、
私たちに「私は今は行くが、再び帰って来るときまで
元気で頑張っていなさい」という希望の暗示を与え、
笑みを浮かべ頭を刈った姿で去って行かれるのを見送りました。

先生はそのような中においても、
真に希望に満ちておられたのです。

後で先生が話してくださったのですが、
刑務所に入られる前に「刑務所で待っている青年がいる」
という啓示を受けたというのです。


先生は5年の刑の言い渡しを受け、
既決囚たちの待合室で待っていたのですが、
そこで先生に判決を下した判事に会いました。

その人が知らん顔をして通り過ぎようとすると先生は、
「私を知らないのですか」と声をかけると、
「ああそうだったんですね」と言ったそうです。

彼が言うには、「過去のことに対しては人間的に皆許してください。
上の指令によって、そうするしかなかったので理解してください」
ということでした。

そして彼は食べ物を差し入れて立って行ったそうです。
そういうことを見ても先生は、
罪無き罪人となったことを知ることができます。



心ない噂から
無実の罪で、実刑の判決を受け
ひどい扱いを受けられたお父様。

証しを読みながら、改めて、
お父様が興南に入られたのは、
条件がなかったからだと感じます。

人間の責任分担を果たせなかったのに、
全てを受け止めて甘受していかれた真のお父様。。

本郷苑で眠っているお父様は、
そのような思いをもって、私達を見つめておられます。
少しでも責任を果たす者になっていきたいです。

続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)