2017年06月22日

一人のために涙を流したことがありますか?! 私たちの勝利のポイント!! 《総会長》



20170514_photoline_30.jpg


私たちが本当に
父母の心情を持つようになれば、
「一人でも多く」という言葉が
「最後の一人まで」
という言葉に変わります。



先日「二世圏祝福推進のための会議」で
総会長が全国責任者に語られたみ言です。

父母の心情で、“孝情の涙”を流しましょう
と語られる言葉に胸が熱くなります。


真の父母様は勝利の秘訣を私たちにすでに教えて下さいました。

それがまさに

「父母の心情・僕の体で、汗は地のために、
涙は人類のために、そして血は
天の為に流さなければならない」

というみ言です。

私たちが本当に父母の心情を持つようになれば、
「一人でも多く」という言葉が「最後の一人まで」
という言葉に変わります。

最後の一人まで探し出して復帰しようという心情を持つようになります。

私たちが権威意識を捨て、僕の体で
食口たちと真の疎通と共有を実践する文化、
集団知性を発揮する文化をつくるならば、
私たちが抱えている全ての問題を解決することができるでしょう。


真のお母様は、日本の二世圏のパフォーマンスをご覧になりながら、
感動して涙を流されました。
青年たちの未来を見つめ、
希望にあふれる彼らの姿に涙を流されたのです。

私たちが流す涙が、真に日本の二世・青年圏の
マッチングと祝福のための涙として、
日本の食口たちが未だに絶対信仰できていない食口たちに向けて、
そして教会から距離を置いている
食口たちに対して真の涙を流すならば、
その涙はまさに真の父母様が流された涙であり、
その涙こそが孝情の涙です。
その涙の意味を私たちは悟るようになるでしょう。

したがって、(天宙聖和5周年までの)120日路程の主題は
『孝情の涙で天宙聖和5周年を迎えましょう!』です。

これ以上、真の父母様が涙を流されることのないように、
私たちが父母様に代わって涙を流そう、
真の父母様が人類の為に流された“孝情の涙”を私たちが流しながら、
天宙聖和5周年を迎えようということです。


真のお母様は今回日本を訪問され、

「私と一つになれば
驚くべき実績と結果を収めるでしょう」

というみ言を下さいました。

また、お母様が日本に到着されたとき、

「今、真のお父様は私と共に日本に来られました」

というみ言も語られました。

いつも真のお父様と共にある真のお母様であられます。


私たちがお母様と一つになる道こそ、父母の心情・僕の体で、
汗は地のために、涙は人類のために、
そして血は天のために流して下さった
真の父母様と一つになる道です。

この道はまさに120日路程を勝利する一番の近道なのです。

「二世圏祝福推進のための全国責任者インターネット会議」
2017年6月17日




神様は人類の親ですから、
万民を愛しておられます。
そして、愛する心情は平等です。
極端に言えば、神様を知っていても
あるいは、神様を知らなくても、不信していても、
わが子として愛しておられるのが神様です。

最近、自分の子供たちを見つめながら思います。
子供たちはみんな等しく可愛いのですが、
親の言うことを聞いてくれたり、
兄弟たちの面倒をみてくれるととても心が安らぎます。
そして、ありがたいな、と思うのです。
また、何度言っても、言うことを聞かない子供もいます。
それでも、可愛いことには変わりありません。

また、親に言われて、仕方なく、
「わかったよ、やるよ」
そう言って手伝ってもらっても、
親としては、ありがたい気持ちもありますが、
自らが、親が困っていることを察して、
手助けしてくれることは、本当に感謝なのです。

そんなことを思いながら、
やはり、神様・真の父母様の願いに応えること、
孝情の心情を持って歩むこと、
少しでも重荷を軽くして差し上げられるように、
そんな思いをもって、歩んでいきたいと思います。
それが「孝情の涙で天宙聖和5周年を迎えましょう」
ということなのだと思うのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





posted by ten1ko2 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする