2017年06月27日

2人の私?! 自分の矛盾性につまづいていませんか?! 3つの転換2  《web説教》



19274854_1481789821882161_7388091880676894118_n.jpg


無意識のうちに、神様とサタンの両者に仕える
矛盾した信仰生活を送る私たち。
阿部先生のweb説教
「神様のみに仕える人生」の2回目です。


(自分の「心の動機」を見抜く)そのためには、自分の中に
「二人の自分がいる」という自覚が必要です。
それは「神様の子女」という自分と「サタンの子女」という自分です。

当然、神様の子女という自分が「本然の自分」であり、
サタンの子女という自分は「偽りの自分」です。

そのことを明確に理解して分別していかなければ、
人生すべてが矛盾したものになってしまいます。


サタンは巧妙に私たちの心に進入して悪なる方向に引きずり込もうとしています。

偽りの自分に振り回されている人は、自分の矛盾性につまずき、
自分に対して不安と不信など否定的な心を持ちやすくなります。
当然、人間関係も壊れます。

一方、本然の自分に対する意識が強い人は、
自信と信念に満ちた肯定的な心を持つようになり、
人間関係も肯定的な調和と一体化へと発展していきます。


具体的に見るならば、意識転換とは、
「物事の捉え方の転換」です。

邪心を動機として物事を捉えるとは、
「自己中心で見つめる・自己中心で捉える」ということです。

それは、「自分の都合で物事を見つめる」
「自分の基準で物事を見つめる」
「自分の立場で物事を見つめる」ということです。

一見、合理的な判断や分析のようですが、
実は一方的な偏った判断になりやすいものです。

その判断は、「自分は正しいが相手が間違っている」
「自分が正しいが環境が良くない」と捉えます。
そのように捉えると、相手や環境に対して
「要求と裁きと不満の心」になりやすいものです。


私たちは過去の経験や習慣の影響で、様々な「思い込み」、
「固定観念」を持って物事を見つめてしまいやすいものです。

「人はこうあるべきだ」「人はこうすべきだ」
「これをやらない人はダメな人」「このようになることが当然」
など、多くの固定観念を持っています。

しかし、本当にその捉え方が正しいのでしょうか? 
人によってはそのように思えないこともあります。
正しいと分かっていても、事情があってできなかったりします。

その固定観念を相手に当てはめると、
そのようになっていなければ、裁きの思い、許せない思いになります。
その固定観念を自分に向けたら、自分自身を裁いてしまい、
自尊感情が乏しくなり、不安と不信の心になりやすいものです。

自分の心に思い込んでいる固定観念がないか、
今一度、考えてみましょう。

この固定観念を手放していくことの必要性に対して、
気づくことが幸せな人生への第一歩です。




確かに過去の経験や習慣を通して、
固定観念というものが知らないうちにできています。
固定観念を手放して、解放されたいですね。

意識転換とは、「物事の捉え方の転換」です。
そのための具体的な方法については、
次回紹介します。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)