2017年07月12日

旅立ちの前に一家団欒のプレゼント、家族が一つになった時間! 《周藤夫人聖和式》



170711(976)bweb.jpg


敬愛してやまない周藤先生の奥様
周藤董代(すどう まさよ)さんが聖和されました。

聖和式の時の長女の周藤一子(いちこ)さんの送辞(一部抜粋)と、
周藤先生の家族代表挨拶を紹介します。


小さい頃から、私の服を手作りで作ってくれてありがとう。
日本語の読み書きを、一生懸命教えてくれてありがとう。

お母さんが作るお雑煮を食べたいです。
その味が恋しくて。

お母さんはいつも節約して、自分のためには一切お金を使いませんでした。
最後に好物を食べてもらえて本当に良かったです。

お母さんのおかげで、2か月ほど家族が一緒に過ごすことができました。
お母さん、頑張ってください。
愛しています。


娘が4歳の時(1975年)に家族は渡米しました。
私は40修や120修の講師を担当し、
欧米の修練生たちと朝から晩まで過ごす日々でした。
一方、妻は真のご家庭に侍って過ごしました。

そのような中で、我が子には親らしいことを何もしてやれなかったのです。
子供たちは、「愛されたいときに、愛してもらえなかった」
という傷ついた心を40年間抱えてきました。

妻が闘病した最後の数十日、
子供たちが米国から駆けつけてくれたことで、
親子が、心の中にあるさまざま思いを語り合うチャンスに恵まれました。
そのことが本当に感謝でした。

妻は、思っていることの3分の1も、5分の1も口に出して言えない人でした。
だから私は、「あなたが私を愛していることは知っているよ」
とはっきり言ってあげました。

性格の違いがあろうが、髪の毛の色が白くなろうが、
病気になろうが、そんなことは問題ではありません。
私にとってただ一つ貴いことは、董代(まさよ)が、
董代としていてくれるということです。

この数十日をかけて得ることができたのは、
妻への無条件の愛でした。

「あなたがあなたであるというたった一つの理由で、
私は無条件に愛します」と妻に伝えたとき、
妻は「ありがとう」と真剣に受け止めてくれました。

癌が新たに見つかり、妻が死の宣告を受ける中、
家族が一緒に立ち上がれたことを、天に感謝します。

「過去、現在、未来、永遠に夫婦の愛は消えません」
と断言したいと思います。


周藤先生は、アメリカ・日本で多くの指導をされたので、
ご存知の方も多いと思いますが、
奥様は、私自身も面識がないですし、
直接的にかかわった方もそれほど多くはないかもしれません。
今回、やはり周藤先生とそのご家庭にとって
なくてはならない素晴らしい方であったと知りました。

娘さんの送辞、周藤先生の挨拶を通して、
ご家族を犠牲にしてみ旨にまい進してこられた
周藤先生ご夫妻の姿を垣間見ました。

また、周藤先生は心から奥様を愛しておられ、
そのことを誇りに思っておられます。

私たちもいつかは霊界に旅立ちます。
また、夫が先か、妻が先か、それは神のみぞ知ることです。

周藤先生ご夫妻の姿を通して、
私たちも永遠を目指しつつ、
さらに一つになる努力をしていきたいと思わされました。

また、この聖和式で徳野会長が語られていたということですが、
生涯、み旨を歩み続けていかないといけないですね。

ご冥福を心より、お祈り申し上げます。。。



(略歴)
周藤董代(すどう・まさよ 旧姓・倉森)夫人は、
1935年10月1日に北海道で誕生。
61年9月に大阪で統一教会(家庭連合)に入教後、
名古屋、広島、京都などで開拓伝道に励みました。
69年5月1日、周藤健(けん)先生と43双の祝福を受け、
長女・一子(いちこ)さん(二世200双)と
長男・正登(まさと)さん(二世400双)を授かります。
75年に渡米し、ニューヨークを拠点に歩みながら真のご家庭に侍り、92年に帰国。
96年、「ポルトガル国家メシヤ」を拝命しました。
2016年9月、「本部特別認定家庭教会」の認定を受け、
夫婦で神氏族メシヤ活動を推進する中、
17年7月1日午前8時0分、病気のため聖和。享年81。



にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする