2017年08月21日

嫌な人との和睦、大切な人との和睦… なぜできないか?! 《李ヨハネ先生》和睦2



10255006_395845277232543_8155872130023783964_n.jpg


李ヨハネ先生の講話「苦痛と和睦」の2回目。
先回は、まず「神様との和睦」が大切というお話でした。
さて、今日は・・・



人との和睦


私たちの教会においても、発展を妨げる大きな要因の一つになっているのが、
人との和の問題だと思います。
言い換えれば、「和睦の問題」なのです。

この和睦の問題は、大きく二つに分けられます。
第一に、教会の食口同士の関係および、
教会食口と教会の責任者との関係で生じる和睦の問題です。

すなわち、カイン的立場にいる人とアベル的立場にいる人との和睦の問題であり、
第二には、教会の責任者たる人の夫婦の間での和睦の問題です。


カインとアベルの不和ゆえに、歴史が今まで延長されてきたことを
私たちはよく知っています。

歴史的に問題となったことが、今日、私たちにも問題視されています。
また家庭を中心とした摂理は、私たちの時代になって初めて始まりましたが、
そこにおいても問題となりました。


しかし、ともかくカインとアベルの和睦であれ、
教会の責任者たる人の夫婦間の和睦であれ、その原理は同じなのです。
和睦は神の真の子女の立場でのみ可能なのです。

なぜなら、心情が成長し、神の事情を
たくさん感じることができてこそ、和睦できる人になるからです。

神の事情を感じられず、自分の事情ばかりを中心にしては和睦できません。
自分の事情を中心としては和睦できないというのは、
和睦において最も基本であり、重大な原則だといえましょう。


また、和睦しようとするなら、憎い人があってはなりません。
憎い人も包容し、抱えることができなければならないというのです。
好き嫌いがあってはなりません。

人を哀れむことのできる人、「私の誓い」にもあるように
「平和と幸福と自由と理想をもたらす」ことのできる人は、
いかにレベルの高い人でしょうか。

こういう人になってこそ、人と和睦できるのです。


今の時代は、蕩減復帰がすっかり終わり、和睦した私たちの姿を、
実際に世の中に見せる時だといえるでしょう。

私たちが生きている時代は、それ以前の時代とは違って、
摂理の結実期だからです。

この時代に問題になるのは、私たちの信仰が
どういう感情を備えた信仰なのか、周囲にいる人をして、
信じたいという思いを生じさせる信仰なのかどうかです。

教会の責任者ならば、今や口で語る時代は終わり、
周辺にどういう影響を与えているのか、
これが問題となる時代になったということを知らなければなりません。

「信仰の実体」、「愛の実体」になって、周辺に影響を与え、
周辺の人々をして信仰せざるをえないようにできる、
真なる生命の繁殖力をもっていなければならない時代なのです。


文先生はこのような影響力をもっておられる方です。
外見は私たちと同じ人間ですが、先生は口先で語るだけの方ではなく、
「み言の実体」であるということが、私たちと違います。

心の世界を動かすことのできる原動力を、ご自身の内的世界にもった方です。
この原動力は、先生が神を絶対視し、神も先生を絶対視する
土台の上で始まるものだと、私たちは理解しています。

では、先生はどのようにしてそういう位置まで行かれたのでしょうか。
苦痛を克服し、勝利されたからだと、一言でいうことができます。
先生は生きて十字架の苦痛を勝利された方です。


私たちの心を動かすことができる愛と
和睦の原動力を所有された方が先生なのですが、
今日、私たちはなぜ和睦できないのでしょうか。

自分に損になるからできない、苦しいからできない、
自分に害になるからできない、その人と授受しても
自分に益がないからできない……。

こういうことが、家庭や教会で和睦できない理由なのです。
これは正に、苦痛の十字架を負えないということです。

ですから、苦痛の十字架をどう扱うのかというのが、私たちの問題になります。



以前も書いたと思いましたが、
私だけの信仰なら、何の問題もなく、
神様と真の父母様を慕っていけるでしょう。

しかし、問題なのは、アベル・カインの関係があり、
ともに歩む兄弟姉妹がいる、それが「人との和睦」なのだと思います。

組織を外から見て批判する人がいます。
もちろんその人が指摘するように、
足りない部分はたくさんあるかもしれません。

しかし、その中で信仰をしっかり持つためにも、
苦痛の十字架を負っていくことなのだと思います。

具体的なことは続きます。。。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 10:31 | Comment(3) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

21日間で210教会を巡回、日本に愛の旋風!! 8人の特使を慰労《真のお母様のみ言》



20170814_01.jpg


記憶に新しい8名の先生方の日本巡回。
各地で感動の集会が持たれたことでしょう。

週刊ブリーフィングよると
8名の天一国世界特別巡回師たちは、
21日間に渡り、210の教会で特別集会を導き、
3時間から6時間に渡る集会を一日3つの教会で行うなど、
年齢と体力を超越する強行軍の中で、
全2万1千名以上の食口たちに
真の父母様の愛と心情を伝えてくださったということです。

お母様の名代として使命を果たし帰国された
8名の先生たちに語られた
お母様のみ言を紹介します。


ご苦労でした。
聖和節まで、あと20日ほどですか?

神様の夢は何でしょうか?

失った人類を探し求める、困難で、
痛切な言葉では言い表せない裏切りに遭いながらも、
それでもご自身が原則を立てておかれたので、
その原則を成就するために
今まで蕩減復帰摂理歴史、救援摂理を
してこられたのではないですか?

その父母様の夢を
なして差し上げる時になったのです。

ですから、今、地上にいる間に、
私は天の父母様の夢、人類の願い!地上天国が
いかなるものであるかを
見せてあげなければなりません。

天苑団地を通して、私は今、
「天の父母様に侍りながら暮らす世界はこうである!」
ということを見せてあげようと思います。

神様の夢をなして差し上げるためです。
これから、私が地上にいる間に
なされなければなりません。

私がタイででも、アメリカででも
講演のときに話す言葉があります。

皆さんは、「みな平和を願い、
自由であることを願っている」と言います。
「自由・平等・平和・統一!
実現されます。実現されます」と話します。

(それは)遠くにあるのではありません。
実践しており、
父母様が一緒にいらっしゃるために可能なのです。


真の父母様招請天一国世界特別巡回師午餐会
天一国5年天暦6月23日(陽8.14)天正宮博物館


20170814_07-2.jpg



真の父母様が地上におられる、今この時が
どれほど重要であるのか、
何度も心に刻まないといけないと思います。

いつまでも真のお母様が
最前線で歩める期間がずっと続くわけではありません。
振り返って、後悔しないように、
お母様が神様の夢を果たすために歩んでおられるように、
お母様の前に孝情の心情で歩んでいきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

お母様のみ言を集約すると?! ──「感謝します」「愛しています」! 《善進様のみ言》2



20140923Global Youth Festival 2014 (千葉・幕張イベントホール).jpg
Global Youth Festival 2014
(2014.9.23 千葉・幕張イベントホール)

善進様のみ言、続編です。


もう一つお話をさせてください。
それは秋夕直後に起きたことです。

姸進と情進夫婦、姸娥姉さん、恩進姉さんと私たち夫婦で、元殿に行きました。
そこで、私たちの先祖、そして聖和した兄弟姉妹・甥姪、
ですから孝進オッパ、興進オッパ、惠進オンニ、榮進
そしてすべての家族のもとにお参りに行きました。

お墓を一つずつ回りながら、祈り、私たちが体験したことは、
一言で言えば家族の愛でした。
涙が頬から流れ落ちながら、みなが胸にいだいた願いは唯一つでした。

先に去っていったみなが平安であること、
そして今、この地球にいる全ての人が平和と和合にあること。
遠い将来ではなく、私たちが生きているうちにそれが実現すること。
それが私たちの願いでした。


真のお母様は、真のお父様のみ言をもとに、よくお話しになります。
「一人では、天国にいけない。
家族全体が一つにならないと天国にはいけない」と。
これは本当に真理です。

自分たちだけがいて、愛する人が共にいない天国なんて
想像ができますか?

真のお母様は、私たちが一つの家族にならないといけないとおっしゃるとき、
それは全ての14人の真の子女を始め、全ての祝福家庭、
そして全ての万物までも含め、一つになることを意味しているのです。

私たちは、一つの幹から伸びている数々の枝なのです。
皆さんは、その幹から伸びているのです。

そしてその幹は、祝福の地に、真の父母様により、
しっかりと根を張っているのです。
お父様とお母様の完全なる統一とその種によらなければ、
何一つ生じることはなかったのです。


尊敬する先輩家庭の皆さん。
皆さんに心の底からお伝えしたいのです。

「カムサハムニダ」
「サランハムニダ」

皆様は、真の父母様とともに十字架を担ってくださいました。
全てを犠牲にし、真の父母様を愛し、み旨を担ってくださいました。

真のお母様よりプレゼントをこの場に持っていくように言われました。
このプレゼントは、真のお母様の感謝と愛のしるしです。


これからも神様のみ旨のために精誠を捧げ続けてください。
そして、先輩として、私をはじめ、若い世代を導き、育ててください。
皆さんが真の父母様から相続した心情と伝統を受け継げるようにしてください。

ともに前進していきましょう。
真のお父様、そして真のお母様に最後まで侍り、
ともに父母様の夢を成就してまいりましょう。



お母様が聖進様に託された日本へのみ言は、
「カムサハムニダ」「サランハムニダ」
この二つの言葉に、すべてが集約されるということです。

私なりの解釈ではありますが、
「カムサハムニダ」(感謝します)
これは、どんなことも神様に感謝するという縦的信仰、
すなわち信仰基台にあたる言葉であり、
「サランハムニダ」(愛しています)
これは、怨讐をも愛するという横的信仰、
すなわち実体基台にあたる言葉だと思います。

お母様の捉え方は、一般の人が使う、単純な言葉ではなく、
究極的な感謝と愛を土台として語られているのだと思います。

真の子女様の問題、分派の問題・・・
様々な問題があってもすべて感謝して受け止め、
また、神様の願いに応える歩みを展開しているのです。

お母様のことで、いろいろと取り沙汰されていますが、
真のお父様のために、そして、子女様が一つになり、
真の家庭として天国にともに入りたい。。。
その一心でみ旨の先頭に立っている
真のお母様であることを知らなければなりません。

一般的には、すでに古希を過ぎた立場で、
それでも最前線で歩む人はあまりいないのではないでしょうか。。。
2020年まではすべての責任を負う決意をしている、
そのようなお母様に改めて感謝いたします。

どんなご心情で歩まれているか、
そのことを知ることができるのは、
お母様御自身しかいません。

お母様の元で歩まれている善進世界会長は、
お母様のご心情を的確に表現してくださいました。
心から感謝したいと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする